アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ケン・パーク
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B-
 (演技2/演出2/脚本1/撮影2/音響2/音楽2/配役2/魅力2/テンポ2/合計17)

『評論』
公開禁止、公開延期の衝撃作という謳い文句に惹かれて鑑賞しました。
冒頭、タイトルにもある「ケン・パーク」という少年が自らの頭を打ち抜くシーンから始まります。
その後、恋人のお母さんと関係をもつ少年、干渉し甘やかしすぎる祖父母に育てられた少年、筋肉馬鹿でアルコール依存症の父親をもつ少年、宗教狂いの父親をもつ少女などのショートストーリが展開されていき、最後に、「ケン・パーク」の話でストーリを終えるといった感じになっています。
この作品は、過激ですが、非日常ではなく、米国、はたまた日本でも存在する日常を描いていて、現代社会の種々の問題にメスをいれようとしている作品ではないでしょうか?
そういったメッセージ性は伝わっては来るのですが、イマイチ、好きにはなれず・・・
この手の映画って観終わった後に、気分がどんよりしてしまうのが、嫌なんですよね・・・じゃあ観るなという話なのですが(^^;)
ちなみに、登場する少年少女達が最終的に性にはしっているのは、どういう意図があるのでしょうか?
乱れた性について肯定しているのか?問題視しているのか?はたまた、純粋な少年少女達が落ちたことを意味しているのか?
ただ、最後の性描写については、卑猥な感じで描かれているのではなく、一種のコミュニケーションとして描かれていたような気がしました。
うーん、意味が解らないです(^^;)

『内容』
様々な問題を抱える少年少女のショートストーリ。

『配役』
クロードの母/アマンダ・プラマー

『監督』 ラリー・クラーク

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


     
スポンサーサイト

2006.05.12 | 洋画 | COMMENT(2)
あ~・・僕もこれ観ました。確かに、見終わった後の気分はどんよりですね・・・。
【05.16】 URL // ウチムラ #- [編集] []
ウチムラさん、どうもです。
この映画、なんだか・・・(;^_^A アセアセ・・・
気分がどんよりする映画ってなんか、複雑ですよね(^^;)
【05.17】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
01 | 2017.03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。