アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】チャーリーとチョコレート工場
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+
 (演技3/演出4/脚本1/撮影4/音響4/音楽4/配役4/魅力3/テンポ3/合計30)

『評論』
charlie_imgジョニー・デップ主演&ティム・バートン監督ということで話題になった一本だけに、かなり期待して観ました。
それが悪かったのか、もともとこの映画とはあわなかったのか・・・基本的に、あまり面白く感じませんでした。
確かに、映像や音楽、ウンパ・ルンパのキャラや歌、ダンスは魅力的だと思いますし、その配点のお陰で、評価も自分の感じたものよりもかなり高めになってはいるのですが・・・
どうも、内容が幼稚というか、陳腐というか・・・
この映画の中で、きちんと躾けられていない悪い子供、親は、それ相応の罰を受けるのですが、純粋で良い子として描かれている主人公であるチャーリー少年も結局、拾ったお金でチョコレートを買い招待券をゲットしているんですよね・・・
しかも、それを一切咎める事も、怒る事もしない両親、祖父母・・・これでいいんでしょうか?
どうも、それがアメリカという国家を象徴しているようで、気分が良いものではありませんでした。
個人的には、映像、音楽、ウンパ・ルンパ、歌、ダンス以外には、お勧めできない一本です。

『内容』
天才チョコレート職人ウィリー・ウォンカ。彼の秘密のチョコレート工場に世界中から5人の子供が招待されることになった。
チョコレート工場への招待券は、ウォンカ製のチョコレートの中に隠されており、その招待券をめぐる争奪戦が世界中で繰り広げられる。そして、その招待券を手にした5人の子供の内、一番貧乏な少年チャーリーは・・・

『配役』
ウィリー・ウォンカ/ジョニー・デップ
チャーリー・バケット/フレディ・ハイモア
ウンパ・ルンパ/ディープ・ロイ
ジョーおじいちゃん/デビッド・ケリー
お母さん/ヘレナ・ボナム=カーター
お父さん/ノア・テイラー
ボーレカード夫人/ミッシー・パイル
ソルト氏/ジェームズ・フォックス
ドクター・ウォンカ/クリストファー・リー
ティービー氏/アダム・ゴドレー
ヴァイオレット・ボーレカード/アンナソフィア・ロブ
ベルーカ・ソルト/ジュリア・ウィンター
マイク・ティービー/ジョーダン・フライ
ジョゼフィーンおばあちゃん/アイリーン・エッセル

『監督』 ティム・バートン

人気blogランキング (現在の順位は?)

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。

スポンサーサイト

2006.04.04 | 洋画 | COMMENT(8)
 TBありがとうございますm(_ _)m

 そーなんですよね!やはり「拾った金」とゆーのは、
マイナス要素でり、それでは他の欲深い子供たちとな
んら変わりないと。

 工場内のファンタジーよりもそこ以外の描写に注目
していました。良い作品だけにもう1歩、何かが欲しか
ったです。
【04.04】 URL // たましょく #H84T0CS. [編集] []
たましょくさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございます。
拾ったお金に対してラッキーとしか考えないこの映画、それを良しとするアメリカ社会・・・なんだか恐ろしさを感じました(ーー;)
しかも、この映画はそういう子供達、親達への教訓や戒めを説いている訳ですし・・・矛盾だらけですよね。
まさに、アメリカってかんじでしょうか?(^^;)
【04.04】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
このコンビ好きなんで期待してるんですけど、
どんな気分の時に観ればいいのかイマイチ
分からなくてまだ観てないんですよね~
早く観たいです!
【04.05】 URL // KING MONKEY #- [編集] []
わしは原作を読んでから観に行ったんやけど、かなり原作に忠実に作られてました。
ところどころティム・バートンらしい遊びもあったし、本では味わえないウンパ・ルンパ(荒井注に似てる(^^;)の歌やダンスも楽しめたんで、わし的には「A-」ってとこやね。
【04.06】 URL // nagomi #oslzmmPo [編集] []
KING MONKEYさん、毎度です。
ティム・バートンに関しては、私の中で当たりかはずれしかないんですよ(^^;)
今回は、外れだったような・・・
個人的には、次回に期待しています。

ちなみに、この映画、どんな気分のときに観ればよいのでしょうか?
難しいですw
歌いたい、踊りたい時かなぁ??(;^_^A アセアセ・・・
【04.06】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
nagomiさん、どもども。
原作よんで、評価が「A-」なら、原作から考えた時の出来は秀逸だったんでしょうね。
ただ、個人的には、どうも違和感が・・・
ウンパ・ルンパ・・・荒井注に似ているって言っている人多いですよねw
確かにww
【04.06】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
はじめまして、haswayさん。
私は「チャーリーとチョコレート工場」は面白いと思いましたよ。
ちなみにチャーリーが拾ったお金のエピソードは原作にもちゃんとあります。ただ、バートン版の映画ではそのシーンの描写が「単なるネコババ」にしか見えなかったのがマズかったと思います。
むしろ問題なのは本作のヴァイオレット(アンアソフィア・ロブ)が原作とは正反対の「スポーツの得意な傲慢美少女」になってた事です。出来ればヴァイオレットは黒人の子役を抜擢するべきでした。
【11.12】 URL // ヒロタン #- [編集] []
ヒロタンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

原作を読んでいないので、なんとも言えないのですが、あまり面白く感じませんでした。
確かに、映像や音楽、ウンパ・ルンパのキャラや歌、ダンスは面白いとは思うのですが、それを除いたら、後に何も残らないような・・・
教訓というのも弱かったですし・・・
演出云々の前に、もう少しメッセージ性をもたせても良かったのではないかと(^^;)
【11.13】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
07 | 2017.08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。