アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】トリスタンとイゾルデ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』
B+
(演技3/演出3/脚本4/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ4/合計34)

『評論』
中世の騎士ものだったり、現代のラブコメものって好きなジャンルなのですが、本作のように中世の恋愛ものってあまり得意じゃないんですよ。なんていうか、儚い恋の物語が多いというか、現代と違って恋そのものの重さが違うというか・・・
そういう訳で、あまり本作を鑑賞する事については乗り気ではありませんでした。
ただ、うちのカミさんが、この手の作品が大好物でして、渋々鑑賞する事に・・・
本作の予告などでも「ロミオとジュリエット」のモデルとか原点みたいな事を聞いていたので、かなりドロドロした愛憎劇を想像していたのですが、実際に鑑賞してみると、そんなにドロドロもしておらず意外に見やすい作品でした。
正直、ルーファス・シーウェル演じるマーク王と、ジェームズ・フランコ演じるトリスタンが、ソフィア・マイルズ演じるイゾルデをめぐって、ドロドロと取り合うようなことを想像していたんですよね。
そして、命を助けてもらった恩義からトリスタンが身を引いてマーク王のものになるものの、密通がばれ、処刑されるぐらいの展開を予想していました。
ところが、蓋をあけてみると、マーク王は終始人格者でしたし、トリスタンはマーク王を慕っていた訳で、ドロドロした愛憎劇を期待している人には物足りないかもしれませんが、重すぎる中世の恋愛映画が苦手な私にとっては非常に観易い作品だったと思います。
全体的なテンポも良かったと思います、展開も無駄がなく納得できるものでした。
また、ラストについても模範的というか、一番妥当な結末だった点も評価できるのではないでしょうか?
配役については、主人公であるトリスタンを演じたのは、「スパイダーマン」シリーズでもお馴染みのジェームズ・フランコが演じていました。
イケメン好きのカミさんにとっては、申し分ない主人公だったようですw
演技自体もトリスタンという役によくマッチしていたような気がしました。
マーク王を演じたのは、「ロック・ユー!」や「レジェンド・オブ・ゾロ」のルーファス・シーウェル。
その風貌から、どうしても悪役をイメージしてしまうのですが、本作におけるマーク王のような人格者の役も違和感なくこなせていたと思います。
ちなみに、個人的に本作のルーファス・シーウェルが、ケミストリーの堂珍に観えたのは私だけでしょうか?w
ていうか、似てないですか?(^^;)
あと、イゾルデを演じたのは「アンダーワールド」シリーズのソフィア・マイルズ。
正直、本役に対してはマッチしていなかったような木がします。何というか物足りないというか華がないというか・・・
もう少し存在感のある個性的な女優を起用した方が、もっと出来が良くなったのではないでしょうかね?

『内容』
暗黒時代のイギリスは、小国に分裂しておりアイルランドから支配されていた。
コーンウォールの領主であるマーク(ルーファス・シーウェル)を育ての父にもつトリスタン(ジェームズ・フランコ)は、現状を打破すべくマーク王にイギリスを統一させることを夢見るのだが、ある戦いで瀕死の重傷を負い、アイルランドの姫であるイゾルデ(ソフィア・マイルズ)に助けられた。やがて二人は恋に落ちるのだが・・・

『配役』
トリスタン/ジェームズ・フランコ
イゾルデ/ソフィア・マイルズ
マーク/ルーファス・シーウェル
ルーシー・ラッセル

『監督』  ケビン・レイノルズ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2007.07.26 | 洋画 | COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
06 | 2017.07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。