アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】理想の恋人.com
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』
B-
(演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響2/音楽2/美術2/衣装2/配役2/魅力2/テンポ2/合計23)

『評論』
ネットの普及により、メールやチャット、出会い系サイトから発展する恋愛という分野が誕生し、もはや確立されている訳ですが、それに伴い、一時期、ネットからはじまる恋愛ドラマや映画が多く作られましたよね。
例えば、「ユーガット・メール」や「ハル」など・・・
本作も、それらの作品と同様にネットを通して知り合い恋愛に発展する様子を描いた作品です。
ただ、ちょっと風変わりなのが、主人公達がバツイチ中年同士という事です。
失敗することで、相手を選ぶ眼力がつくといいますか、見る目は確かになるのですが、逆に年をとることにより出会いのチャンスは経る訳で、その厳しい条件の中で主人公であるダイアン・レイン演じるサラが、果たして理想の相手を見つけることが出来るかというのが本作の最大の見所な訳です。
本作の冒頭、中年の出会いについてのインタビューがあるのですが、その中で挙げられているのは、スーパーだったりDIY用品店。それに対して、本作は出会い系サイトからの出会いをテーマにして話を進行させていきます。
ただ主演の二人が出会い系に登録してガツガツ恋人探しをするのでは、観ている方は引いてしまうわけで、そこはありがちですが、家族や友達がこっそり登録してくれていますw
ダイアン・レイン演じるサラは、幾度となくネットで出会った男性とデートをする訳ですが、いつもやってくるのは、年下好みのロリ男やすぐに泣く男等、奇人変人ばかり。こういう映画やドラマって決まってまずに奇人変人が出てくるのですが、出会い系の方々はこういう人が多いのでしょうか?(^^;)
で、なんだかんだあって、ようやく二人は出会うのですが、主人公であるダイアン・レイン演じるサラとジョン・キューザック演じるジェイクは、双方が、それぞれの相手に裏切られ捨てられ傷ついている訳で、恋に臆病かつ慎重になっている状態です。
尻込みするサラに対して、この人だと直感したジェイクは、緊張しながらも情熱的にアプローチします。
そんなジェイクに惹かれつつも逆に不安になるサラ。ここに園児の父であるダーモット・マロニー演じるボビーが加わってどうなっていくのか・・・という感じのストーリーです。
内容はありきたりですが、設定が面白かったですし、途中の二人でコンドームを探して町を車で暴走するなどのシーンもユニークで良かったとは思います。
ただ、全体的にテンポがパッとしない感じで、かつ恋愛映画に必要不可欠である起伏も微妙だった為、トータル的にイマイチな感じだったのが残念でした。
もう少し、劇的にしてみても良かったのではないかと個人的には思います。

『内容』
幼稚園の先生であるサラ(ダイアン・レイン)とボート作りをしているジェイク(ジョン・キューザック)は、お互いに離婚したばかり。そんな二人が自分の意志とは関係なく出会い系サイトを通じて知り合うことに。運命の出会いだと直感したジェイクに対して、サラは恋愛に積極的になれずに怖じ気づいていた・・・

『配役』
サラ・ノーラン/ダイアン・レイン
ジェイク・アンダーソン/ジョン・キューザック
キャロル/エリザベス・パーキンス
ビル/クリストファー・プラマー
ボブ・コナー/ダーモット・マローニー
ドリー/ストッカード・チャニング
クリスティン/アリ・ヒリス
レオ/ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
ジューン/ジュリー・ゴンザロ
マイケル/グレン・ハワートン
チャーリー/ベン・シェンクマン
ウィル・ロスハー
ヴィクター・ウェブスター
ブラッド・ホール

『監督』  ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          


スポンサーサイト

2007.06.26 | 洋画 | COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
06 | 2017.07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。