アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】スカイ・ハイ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』
B
(演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響3/音楽2/美術2/衣装2/配役3/魅力3/テンポ3/合計27)

『評論』
ヒーローって品行方正というか、聖人君子というか、特異な力だけではなく精神面においてもどこか完璧というか、模範的な思考を持つ存在だと考えてしまうところがあると思います。ところが近年のアメコミブームなどにより、ヒーロー描写が変わってきて、苦悩や迷いコンプレックスなど内面的なところを掘り下げ、観客がより一層共感できるように作られていますよね。
故にリアリティもあり作品自体に深さが生まれ面白く感じると思います。
本作についても同様に単純なヒーロー描写ではなく、内面的な描写だったり主人公達ティーンズの心情を重点的に描いています。
ただ、軽いというか浅い感じで作っているので、作品自体が暗くなりすぎずテンポも良く観やすいのではないかと思います。反面、どこか軽くふざけた感じにもなっている感も受けるのですが、伝えようとしていること等は十分理解できるので、これはこれで良いのではないでしょうか?
さてさて本作で一番興味深いのは、主人公達が通うヒーロー養成学校において、それぞれの能力に応じてヒーロー組とサポート組に分かれているところです。
そしてヒーロー組は、自分達の能力とヒーローという肩書きに誇りを持ちサポート組を見下し、逆にサポート組達はそれに反発したり卑屈になったりしています。こういう上下関係というか、能力の優劣による差別というかは、我々の普段の生活の中でもよく目にしますし体験するものですよね。特殊な能力をもっていることを除けば、普通の学校生活だったり、社会生活と何ら変わりは無い訳で・・・
この中でマイケル・アンガラノ演じる主人公のウィルは、サポート組からはじまり能力の開花によりヒーロー組へ転入と、両者の事が良く理解できる立場にいます。
そして今までのサポート組の友達と憧れていた新しいヒーロー組の友達と、どちらを選ぶか悩み、いつの間にか自分自身が差別するようになるというか・・・
こういう事って日常的に起こる些細な問題だけに、共感できる部分も多く、なかなか面白いのではないでしょうか?
単純におふざけのヒーローものとして終わらず、現実社会の学園生活とリンクさせた点は評価できると思います。ちなみに、「Mr.インクレディブル」「ハリーポッター」シリーズとなんとなく似ている気がします。
さて、本作で主人公であるウィルの両親を演じたのは、カート・ラッセルとケリー・プレストン。
彼らが画に描いたような、赤面したくなるヒーロー衣装を真面目に着て演技しているのは、なかなか面白いですし、ある意味尊敬しちゃいますwまた、グウェン役を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。
彼女は、「ファイナル・デッドコースター」で主役を演じ、キュートさと存在感で目立っていましたが、今月末公開の「ダイハード」シリーズ最新作「ダイハード4.0」にも出演しているみたいですので、要チェックです。
今後、ブレイクする気も・・・
ちなみに、「ダイハード4.0」、ブルース・ウィリスファンとしては絶対に劇場で鑑賞したいところです。

『内容』
スーパーヒーローの両親を持つウィル(マイケル・アンガラノ)は、人々の期待を背負い、ヒーロー養成学園に入学した。ところが、特殊能力を持たないウィルはヒーローのサポートであるサイドキック組に振り分けられる。しかし、ある時能力が開花して・・・

『配役』
ウィル・ストロングホールド/マイケル・アンガラノ
スティーヴ・ストロングホールド(ザ・コマンダー)/カート・ラッセル
ジョジー・ストロングホールド(ジェットストリーム)/ケリー・プレストン
レイラ/ダニエル・パナベイカー
グウェン/メアリー・エリザベス・ウィンステッド
スペックス/クロリス・リーチマン
ブーマーコーチ/ブルース・キャンベル
メドゥーラ/ケヴィン・マクドナルド

『監督』  マイク・ミッチェル

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2007.06.14 | 洋画 | COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
03 | 2017.04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。