アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】CHAOS カオス
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』
B
(演技3/演出2/脚本3/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ3/合計31)

『評論』
「カオス理論(Wikipedia参照)」
カオス理論(カオスりろん、Chaos theory)は、決定論的な動的システムの一部に見られる、予測できない複雑かつ不規則な様子を示す現象を扱う理論である。ここで言う予測できないとは、決してランダムということではない。その振る舞いは決定論的法則に従うものの、その過去および未来の振る舞いの予想には、ある時点(初期値など)において無限の精度の情報が必要とされるため、観測による予想が不可能に近いという意味である。

「トランスポーター」シリーズ以来、知名度人気共に上昇中のジェイソン・ステイサムに加えて、「ブレイド」シリーズでお馴染みのウェズリー・スナイプス。
そして、リース・ウィザースプーンと離婚以来、なぜか仕事が好調な「クラッシュ」、「父親たちの星条旗」のライアン・フィリップス。この3人が共演しているという理由だけで鑑賞した作品です(^^;)
内容としては、アクションサスペンスという感じの作品です。
過去の人質事件で人質を死なせてしまい責任を問われ休職状態にあるジェイソン・ステイサム演じる刑事コナーズが、シアトルの銀行強盗事件犯人グループのリーダーであるウェズリー・スナイプス演じるローレンツより交渉人に指名されて現場復帰。そして新たにコナーズの見張り役としてライアン・フィリップ演じる新米刑事デッカーとコンビを組み、事件の真相を追っていくという話です。
内容を知らずに観たせいで、銀行強盗事件メインのストーリーかと思っていたのですが、あっという間に銀行強盗事件は終わり、犯人達は逃亡。その後、数少ない手がかりから犯人を捜し出すという話がメインでした。
また、頑固で横暴なベテラン刑事と真っ直ぐな新米刑事が徐々に心を通わせて信頼し合うようになるという、よくある展開ですが、無難で指示されやすい展開を軸にしていたので、観やすかったと思います。
キャストも、頑固で横暴なベテラン刑事がジェイソン・ステイサムというのもぴったりでしたし、童顔で可愛いライアン・フィリップを新米刑事に起用したのも良かったと思います。
さてさて本作ですが、少しずつ伏線を貼っておいて最後にあっと言わせる展開を狙っていたようです。
ただ、簡単過ぎというか、比較的容易に犯人の目星はつきますし、もう少しひねって欲しかったなぁと・・・
特に中盤からは、犯人どころか結末まで予想できちゃうんですよね(^^;)
ちなみに、中盤から結末がけっこう明確に予想できてしまって確信があった為、隣で鑑賞しているカミさんに犯人と結末を連呼していたので、カミさん的には迷惑だったのではないかと・・・(;^_^A アセアセ・・・
でも、結構はっきり犯人や結末が予想できちゃう映画って一緒に観ている人に言いたくなっちゃいますよねwそういう訳で、意外性に欠けるところはありますが、比較的無難に伏線とそのネタばらしをやっているので、そこそこ面白い作品ではないかと思います。
ちなみに、本作のテーマであるカオス理論ですが、別に必要なかった気も・・・
正直、カオス理論を前面に押している意味がよく分からなかったです。
あと、せっかくジェイソン・ステイサムとウェズリー・スナイプスが共演しているんだから、もっと激しい肉弾戦が観たかったですね。
ライアン・フィリップにやられるウェズリー・スナイプスって・・・ありなんでしょうか?(;^_^A アセアセ・・・

『内容』
人質事件で犯人と人質を死なせてしまい休職中の刑事コナーズ(ジェイソン・ステイサム)は、シアトルの銀行強盗事件で犯人のリーダーであるローレンツ(ウェズリー・スナイプス)より、交渉人に指名された。新米刑事であるデッカー(ライアン・フィリップ)とコンビを組まされたコナーズは、強行突破を試みるが失敗、犯人を逃がしてしまった・・・

『配役』
クエンティン・コナーズ/ジェイソン・ステイサム
ローレンツ/ウェズリー・スナイプス
シェーン・デッカー/ライアン・フィリップ
テディー・ギャロウェー刑事/ジャスティン・ワデル
マーティン・ジェンキンス刑事/ヘンリー・ツェーニー
カレン・クロス/ジェシカ・スティーン
マーニー/キーガン・コナー・トレイシー

『監督』  トニー・ギグリオ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





     ジェイスン・ステイサム/カオス〈CHAOS〉DTSスペシャル・エディション     
スポンサーサイト

2007.05.29 | 洋画 | COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
01 | 2017.03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。