アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ナチョ・リブレ 覆面の神様
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』
B+
(演技3/演出3/脚本2/撮影3/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計34)

『評論』
ジャック・ブラックって何故か気になって、彼の出ている作品がでると鑑賞しちゃうんですよね(^^;)
しかも、今回はあの「バス男」で有名になった奇才ジャレッド・ヘスとタッグを組んだということで、賛否両論あるものの注目された作品でした。
脚本は、そのジャレッド・ヘスに加えて「スクール・オブ・ロック」でジャック・ブラックとコンビを組んだマイク・ホワイト。
「スクール・オブ・ロック」で、ジャック・ブラックとの相性も良かったマイク・ホワイトだけに、期待大ではないでしょうか?そういう訳で、本作が公開されている間もけっこう気になっていたんですよね(^^;)
ただ、「バス男」に関して、個人的には個性的なキャラや独特なテンポ故に面白いとは思ったものの、イマイチ世界観にのめり込めなかったのも事実で・・・
そういう意味での心配は正直、若干ありました(^^;)
しかしながら、レンタル開始後、実際に鑑賞してみると、心配していた世界観にもついていけ、なかなか面白く楽しむ事ができました。
そもそも、ジャック・ブラックって独特なテンポと空気を持っている俳優で、良い意味で彼が主演する作品って彼の色に染まってしまうような気がするんですよ。
そして本作についても、そのジャック・ブラックの良さが十二分に発揮されていて、完全に彼の映画になっていました。
また、それに加えて、監督であるジャレッド・ヘスの独特なテンポや世界観もきちんとでていて、それぞれ異なる個性が良い感じで調和されていたように感じました。「バス男」の際には、ついていけなかったジャレッド・ヘスの世界観も好きな俳優であるジャック・ブラックが良い緩和剤となってか、楽しむことができましたし、逆に、ジャレッド・ヘスの良さが解ってきたというか、今一度「バス男」を鑑賞したら、きっと面白く感じるのではないか?と思います。そういう意味でも、本作を鑑賞して良かったなと(^^;)
さてさて、本作の内容ですが、皆さんご存知のように神に仕える修道士であるジャック・ブラック扮するイグナシオが、覆面レスラーとして孤児の為に闘うという実話を基に制作されたコメディ映画です。
内容的には、まるでタイガーマスクのような話なのですよね。でも実際に鑑賞してみると、真面目でも真剣でもスポ根でもなく、独特なテンポのコメディといった感じなんですよね。実話をベースにするというよりか、ただ設定のみを活かして、後はジャック・ブラックとジャレッド・ヘスそれぞれの笑いに徹したという感じの仕上がりになっています。
それ故に、お涙頂戴の感動ストーリーを予想して鑑賞すると拍子抜けだと思います。
個人的に、この内容と展開は面白かったのですが、やはり最後のラムセスとの対戦の前に、ひと修行欲しかったなと・・・だって、タッグで1勝もしたことがないは、一般人にも負けるは、散々なのに、あれよあれよと勝利するというのは如何なものかと・・・
もう少し、その辺りを肉付けしてくれたら、個人的にもっと楽しめる作品になったと思います。でも、途中の無意味な修行がバス男のそれとかぶって、面白かったですがwちなみに、本作で一番ツボに入ったのは、同僚の先輩修道士が復活祭以外の日は一年中下痢だと、食事係担当のジャック・ブラック扮するイグナシオに訴えるシーンです。あれは大爆笑してしまいましたw
あと本作にちょこちょこ入る挿入歌もなかなか良かったです。歌詞も笑えるしw
最後に、本作のヒロイン役であるシスター・エンカルナシオンを演じたアナ・デ・ラ・レゲラですが、めちゃくちゃ綺麗です。彼女の美しさにずっとやられてました(;^_^A アセアセ・・・

『内容』
修道院で食事係を担当する修道士イグナシオ(ジャック・ブラック)は、ナンバー1レスラーであるラムセスに憧れて覆面レスラーになる事を決める。身軽な野生児スティーブン(エクトル・ヒメネス)をスカウトし、早速リングに上がるのだが連敗の日々。そんなある日、ラムセスと対戦できる試合がある事を知り・・・

『配役』
イグナシオ|ナチョ/ジャック・ブラック
スティーブン|ヤセ/エクトル・ヒメネス
エンカルナシオン(シスター)/アナ・デ・ラ・レゲラ
ギレルモ/リチャード・モントーヤ
ジプシー・エンペラー/ピーター・ストーメア
ラムセス/セサール・ゴンサレス
チャンチョ/ダリウス・ロセ
フラン・パブロ/モイセス・アリアス

『監督』  ジャレッド・ヘス

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2007.05.18 | 洋画 | COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
01 | 2017.03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。