アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ゴースト・ライト
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』
C+
(演技2/演出2/脚本2/撮影2/音響2/音楽2/美術2/衣装2/配役1/魅力1/テンポ1/合計19)

『評論』
デミ・ムーアといえば、「ゴースト/ニューヨークの幻」で大ブレイクした後、数々の話題作に出演しかつては、世界一ギャラの高い女優として有名でしたよね。ちなみに、現在の世界一ギャラの高い女優は、しゃくれタソことリース・ウィザースプーンです。
さてデミですが、セクハラ上司、ストリッパー、女兵士等、常に話題作に出演していたというイメージがあります。ただ、前夫であるブルース・ウィリスと離婚してから、落ちぶれたというかどうもパッとしないんですよね。
一方のブルース・ウィリスは、彼女と結婚してから「ダイハード」で大ブレイクしたものの、「ダイハード」のイメージが強くつきすぎて、パッとしませんでしたし評価もされていませんでした。
ところが彼女と別れてから「シックス・センス」や「アルマゲドン」で評価され今や名実共にハリウッドのトップスターな訳で、なんか、ちょっと複雑ですよね(^^;)
ちなみに、デミの現夫は、「バタフライ・エフェクト」でお馴染みのアシュトン・カッチャー。ケビン・コスナーと共演した「守護神」でも注目され、今のりにのっている俳優だけに、今後どうなるのか非常に気になりますね。
或いは、デミと別れてブルース・ウィリスのようにさらにブレイクするのか・・・
さてさて前置きが長くなってしまいましたが、本作はそんなデミの新作です。どうもトップ女優として君臨していたイメージが強いので、デミの新作といえば、もっと注目されそうな気がするのですが、本作は人知れずひっそりといった感じ。それ故に、正直あまり期待はしていなかったのですが、予告編の出来が良くて面白そうだったので即レンタルして鑑賞しました。結果は、面白くなかったです。
冒頭、息子の死のシーンからストーリーが展開していくのですが、そのシーンでのデミの演技がイマイチで、冒頭からつまづいてしまった感が否めません。もちろん、以降のストーリーも散々でしたが・・・
というか、自信も子供を持つ母親なのに、あんな安っぽい演技で納得しているのでしょうかね?
しかも演技に加えて、かつての斬新さも話題性も大女優としてのオーラもなく・・・色眼鏡をかけて彼女を観てしまっているせいかもしれませんが、それでもそれを跳ね除ける力が彼女にはなくなってしまったという感じです。
内容は、ホラー作品ではなくサスペンス・スリラー作品だったのですが、大したひねりもなく、誰もが簡単に予想できる展開だったのも残念でした。
というか、逆に近年、入り組んだホラー作品なども多い為、「シックス・センス」や「アザーズ」のような展開も考えてしまうのですが、結局は、よくあるサスペンスストーリーといった感じに落ち着いてしまっているんですよね。下地というか設定自体は、いかようにも発展できそうなものだっただけに、もう少し練って作り込んで欲しかったなと思います。
そうすれば、或いは、返り咲きも出来たのではないかと・・・(^^;)

『内容』
息子の溺死から夫とも不仲になり離婚してしまった、有名小説家のレイチェル(デミ・ムーア)は、気分を変えるべくスコットランドの孤島に向かう。そしてその孤島で灯台守の男と出会い、互いに惹かれるようになるのだが、身の回りでは死んだ息子による心霊現象が起こり、惹かれていた灯台守の男も死んでいるという話を聞き、次第に正気を失い始める・・・

『配役』
デミ・ムーア
ケイト・イシット
ヘンリー・イアン・キュージック
ハンス・マシソン
クレイグ・ローゼンバーグ

『監督』  クレイグ・ローゼンバーグ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





     
スポンサーサイト

2007.05.17 | 洋画 | COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
08 | 2017.09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。