アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ワールド・トレード・センター
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』
B+
(演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽3/美術4/衣装3/配役3/魅力3/テンポ3/合計36)

『評論』
つい先日、レビューを書いた「ユナイテッド93」に続き、本作も911同時多発テロを中心に描いた作品です。
というか、911同時多発テロ関係の映画の中で、一番有名な作品ではないでしょうか?
鑑賞にあたって、そんなに乗り気ではなかったのですが、批評家達の評判が良かった点や話題作であった点などから、とりあえず鑑賞してみることに・・・
個人の趣味とはいえ、こういう風にブログにレビューを書いている以上、いろいろと映画の情報を目にする訳で、本作についても、ニコラス・ケイジとマイケル・ぺーニャ、そして彼らのモデルとなった人物が一緒に写っている写真を目にしてしまっていました(^^;)
そういう訳で、彼ら二人は生還するということが解ってしまっていたんですよね。これが解っていなかったら、もっと恐怖というか緊迫感を感じることができたのかもしれません。その点はちょっと残念でした。
ただ、内容自体は、極力知らないようにしていたので、てっきり、ニコラス・ケイジ演じたマクローリンとマイケル・ペーニャ演じたヒメノが、自らの命を省みずに救出劇を繰り返す感動作だとばかり思っていました。
ところが、実際に鑑賞してみると、救出劇どころか両名が救出される側な訳で、その点はちょっと拍子抜けというかびっくりしちゃいました。
ただ、現実離れした感動的な救出劇よりも、こちらの方が逆にリアリティがあるというか(実話なんですが・・w)、救出される側の視点からテロを描いていたので、911同時多発テロの知らない一面を観れた気がして良かったかもしれません。
また、本作開始から飛行機がビルに突っ込むまでの間が短かったものの、何気ない日常の中で突然起こった感じが非常にリアルで、素晴らしかったと思います。
映像的にも、ニュースでも見ているかのようなリアルさに加え、迫力もあり、見応えがありました。ただ、本作をみて一つ気になったのは、テロを完全悪として描いている点です。
確かに、罪のない人を巻き込むテロというものは完全悪に他ならないとは思いますが、このテロ自体も、イラク戦争やイスラエル建国などの中東問題に帰依している訳で、アメリカが一方的な被害者面をしているのはどうかと・・・しかも、ラストで海兵隊を引退していたカーンズが「報復の為に兵士が必要になる」というような発言をしているのですが、結局、双方が報復を繰り返していたのでは、この連鎖を断ち切ることは出来ないわけで・・・
逆に、監督がオリバー・ストーンだけに、この映画はある意味、そのことについても示唆していたのかな?という気もしました。
さてさて、配役ですが、主演のニコラス・ケイジもまぁ良かったとは思いますが、逆に彼を起用したメリットというか、理由があまり伝わってこなかったので、別にニコラス・ケイジ以外でも良かったのではないかと思いました。共演のマイケル・ペーニャですが、個人的に「クラッシュ」で彼に惚れ込んじゃいまして、今回のヒメノという役もピタリとはまっていて良かったと思います。また、マイケル・ペーニャの妻を演じたジェイク・ギレンホールの姉であるマギー・ギレンホールの演技も素晴らしかったです。怒り、悲しみ、喜び、絶望など複雑な感情を見事に演じ分けていたと思います。
最後に、マギーは妊娠5ヶ月の役を演じたのですが、妊娠5ヶ月とは思えない不自然なお腹の大きさ・・・あれはどうにかならなかったのでしょうかね?(;´д`)

『内容』
911同時多発テロの際、被災者救助の為ワールド・トレード・センターへ急行した港湾局警察官のマクローリン(ニコラス・ケイジ)とその部下達。現場に到着後、マクローリンは、志願者数名と共にビル内に突入するのだが・・・
直後、ビルは倒壊、マクローリンと部下であるヒメノ(マイケル・ペーニャ)は、一命はとりとめたものの、瓦礫に埋もれて脱出できなくなってしまう・・・

『配役』
ジョン・マクローリン/ニコラス・ケイジ
ウィル・ヒメノ/マイケル・ペーニャ
アリソン・ヒメノ/マギー・ギレンホール
ドナ・マクローリン/マリア・ベロ
スコット・ストラウス/スティーヴン・ドーフ
デイヴ・トーマス/ウィリアム・メイポーザー
ジラルディ巡査/ダニー・ヌッチ
ドミニク/ジェイ・ヘルナンデス
チック/フランク・ホエーリー

『監督』  オリバー・ストーン

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2007.04.26 | 洋画 | COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
10 | 2017.11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。