アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ニュー・ワールド
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
C+

(演技3/演出1/脚本1/撮影2/音響2/音楽2/美術2/衣装2/配役2/魅力1/テンポ1/合計19)

『評論』
カミさんが、コリン・ファレルの事が好きなので、その関係で鑑賞した映画です(^^;)
ちなみに、本作でのコリン・ファレルはロン毛かつ髭面なので、「汚すぎる」と嘆いていたのは言うまでもありませんがw
さて本作ですが、ウォルト・ディズニーが1995年アニメ映画として「ポカホンタス」を、またビデオ版で続編「ポカホンタス2」を出した事で内容を知っている方も多いと思います。
ちなみに、個人的には「ポカホンタス」「ポカホンタス2」も未見でしたので、内容を全然知りませんでした(^^;)
ところで、ポカホンタスとは一体何者なのでしょうか?
ちょっと調べてみたところ、ポカホンタスは、アメリカ先住民の女性で、イギリス人と結婚し、イギリスに渡り子供を一人残して若くして亡くなった実在の女性です。
彼女は、読み書きできなかったので伝記的なもの等残っていませんが、彼女の物語は今もなお伝承として語り継がれているようです。
また、彼女の子孫は「赤いボーリング一族(Red Bollings)」と呼ばれアメリカ屈指の名家となっており、アメリカの政治家一族であるブッシュ家も彼女の子孫だと主張しているようです。
ちょっと脱線してしまいましたが、本作は、彼女がコリン・ファレル演じるジョン・スミスと出会い愛し合うようになり、後に人質となりクリスチャン・ベール演じるジョン・ロルフと結婚、出産後、若くして亡くなるまでを描いた伝記的要素の高い映画です。
物語前半部は、ジョン・スミス視点でアメリカ先住民に出会い、彼等の社会や人間関係などに衝撃を受ける様子を重点的に描いていて、後半部はポカホンタスがイギリス人達と共に暮らすことで、文明や文化などに衝撃を受ける様子を描いています。
そして、全体的にポカホンタスとジョン・スミスの愛を描きつつ、ジョン・ロルフとの関係を織り交ぜながら様々な愛の形を描いた作品です。
上記のように内容や設定自体は、非常に興味深いですし、面白そうなんですが、実際に観てみると全然違うんですよ。
間を多用しすぎるせいか、テンポがかなり悪く、135分という長さにもかかわらず、説明をほとんど省いてしまった為、内容を知らない人には非常に解り難い作品です。せめて、ポカホンタスとジョン・スミスの愛の誕生だったり、成長だったりをもっと丁寧に描いて欲しかったなと・・・
その部分が本作の軸となるだけに、全てを観客に委ねてしまうのは、どうかと思いました。
何と言うか、本作を観て感じるところだったり受け取るメッセージだったりが、個人的にはほとんど無かったので、別に観なくても良かった作品だななんて・・・(;^_^A アセアセ・・・

『内容』
アメリカ先住民の女性ポカホンタスの有名な伝説が原作。
1607年、ヴァージニア植民地に入植しジェームズタウンを建設したジョン・スミス(コリン・ファレル)一行は、先住民と交渉することになった。しかし、その際、ジョン・スミスは捕らえられてしまい処刑されそうになる。そしてその処刑をとめ彼を救ったのが、部族の王の娘ポカホンタス(クオリアンカ・キルヒャー)だった。
やがて二人は愛し合うようになるのだが・・・

『配役』
ジョン・スミス/コリン・ファレル
ポカホンタス/クオリアンカ・キルヒャー
クリストファー・ニューポート/クリストファー・プラマー
ジョン・ロルフ/クリスチャン・ベール
エドワード・ウィングフィールド/デヴィッド・シューリス
オペチャンカノフ/ウェス・ステューディ
サヴェージ/ジョン・サヴェージ

『監督』  テレンス・マリック

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





     
スポンサーサイト

2006.12.19 | 洋画 | COMMENT(4)
こんばんは。
TBありがとうございました。
久しぶりにニューワールドの画像を堪能させていただきました。
ハサウェイさんはいまいちだったのですか?
私はクリスチャン・ベールと新星クオリアンカ・キルヒャー 、二人の美しさだけで、もう胸いっぱいでした。観たのは半年以上前になりますね。懐かしい・・・。
【12.20】 URL // hyoutan2005 #RGbu2J4Q [編集] []
こんばんは~♪TB有難う御座いました♪
テンポ悪かったですよね^^;
ものっ・・・凄く長く感じました。:゚(。ノω\。)゚・。
映像美も分からなくはないですけど、もう少し(かなり)ストーリーで惹き込んで欲しかったです。
ワタクシ、どーもテレンス・マリック監督とは合わないみたいです^^;

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
【12.20】 URL // Aki. #msZFOyjE [編集] []
hyoutan2005さん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

個人的に、イメージビデオならば良いかもしれないですが、テンポも悪く間延びしすぎた本作・・・あまり面白いとは思えませんでした。
もう少し、肉そぎしつつ、足りない部分を補足しながら、かつ、コリン・ファレルからみた原住民の生活とクオリアンカ・キルヒャーから観た文明生活の対比を強調した方が面白かったのではないかと・・・
【12.20】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
Aki.さん、ども。
いつもお世話になってます(o^∇^o)ノ

仰るように、私も、長く感じました(;^_^A アセアセ・・・
途中までは、もう少ししたらテンポがよくなると信じながら観ていたのですが、途中からは早く終わらないかなと・・・(-_-;)
【12.20】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
08 | 2017.09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。