アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ステップフォード・ワイフ(2004)
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B

(演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計29)

『評論』
会社の同僚より、まぁまぁ面白いと言う事で借りて鑑賞した作品です。本作は、リメイク作品で前作は未見なのですが、サスペンス色が強かったみたいですね。
本作では、コメディ&サスペンス半々と言ったところでしょうか?
ちなみに原作は、「ローズマリーの赤ちゃん」「硝子の塔」等で有名なアイラ・レヴィン。ということは、やはり前作の方が原作に近かったんでしょうかね?
さてさて本作の内容ですが、二コール・キッドマン演じるジョアンナはバリバリのキャリアウーマンで、TV局の敏腕プロデューサーなんですが、新企画のドキュメンタリー番組がきっかけで発砲事件が起きてしまい、局から解雇され静養を兼ねて夫であるマシュー・ブロデリック演じるウォルターとステップフォードという美しい街に移り住みます。
その街では、人妻達が皆、家庭的且つ貞淑でいつも笑顔を絶やさず、まるで夫の理想を絵に描いたようで、ジョアンナは違和感を覚え、同時期に越してきたロジャー・バート演じるロジャーとベット・ミドラー演じるロバータと何気にステップフォードの秘密を探るという内容です。
割と早い段階でネタバレというかステップフォードの秘密がある程度分かってしまうものの、ロジャーやロバータを次々に失ったジョアンナが孤立しつつ謎解きをするという設定には、コメディながら緊迫感もあり、なかなか面白いと思います。
また、最後の最後で若干のどんでん返しもあったのも良かったのではないかと・・・ただ、全然予想できるレベルなのですがw
さて、全体的な設定やテンポは良かったとは思いますが、やはり内容が突飛というかあまりにも現実離れしていたのは如何なものかと・・・
おそらく、内容が内容だけにコメディ色を強くしカバーしたのでしょうが、どうも中途半端な気がしてなりませんでした。ここからは、ネタバレになりますので、未見の方はスルーしてください。
人妻達の頭の中に、ナノチップを埋め込みその電気信号により人妻の行動を制御していたというのは、ある程度現実味もありますし、許容範囲だと思います。ただ、途中で現金を口から出したりするのは説明がつかないのではないでしょうか?
また、クリストファー・ウォーケン演じたマイクそのものがロボットだったとするのも、やりすぎではないかと・・・
犬のロボットはしょぼいのに、クリストファー・ウォーケンがリアル過ぎるのはどうなんでしょうかね?(^^;)
わざわざ、ナノチップという現実味のあるアイテムを出したのに、人間のようなロボットという現実味のないアイテムを加えてしまっては、全てが台無しで中途半端と言わざるを得ないような気がします。
せっかく、DVD特典の中にもあるように、ちょっとやりすぎた人妻達の暴走シーンを削った意味もなくなるような・・・(ちなみに、この特典の中のベット・ミドラーのはっちゃけぶりは見ものでしたがw)
もう少し、コメディ色を強くしてしまうか、サスペンス色を強くしてしまった方が、面白かったような気が個人的にはしました。

『内容』
TV局の敏腕プロデューサーであるジョアンナ(二コール・キッドマン)は、自らが担当した番組が元で発砲事件が起きてしまい、解雇されてしまった。そして専業主婦になるべくステップフォードという美しい街に移り住むのだが、その街に住んでいる人妻達は、家庭的且つ貞淑で笑顔を絶やさない人々だった。違和感を感じたジョアンナだったが・・・

『配役』
ジョアンナ・エバーハート/ニコール・キッドマン
ウォルター・クレスビー/マシュー・ブロデリック
ロバータ・マーコウィッツ/ベット・ミドラー
クレア・ウェリントン/グレン・クローズ
マイク・ウェリントン/クリストファー・ウォーケン
ロジャー・バニスター/ロジャー・バート
デヴィッド・マーコウィッツ/ジョン・ロヴィッツ
サラ・サンダーソン/フェイス・ヒル
タラ/ケイディー・ストリックランド

『監督』  フランク・オズ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2006.12.18 | 洋画 | COMMENT(4)
ハサウェイさん、TB、感謝です♪♪

>本作は、リメイク作品で前作は未見なのですが、サスペンス色が強かったみたいですね。

荒唐無稽ではあるですが、結構怖かったです。特にラストが。

この作品、前作がそうだったんですが、
「妻を完全に殺してしまって、ロボットワイフと取り替えてしまうのか」
それとも、
「殺さずに、ハイテク技術によって強制的にカスタマイズするのか」
どっちの設定なのかによって全然違う作品になるですね。
ああまで機械化しちゃったら、もう元には戻せないから、
本来的にはコメディに成り難いですもん(前作は完全なサスペンス・ホラーです。苦笑)。
ま、どっちにせよ今作のテーマは、
「可愛いキッドマンを見て見てぇぇ♪」
だから、全っ然問題なしでありますね(笑)
【12.19】 URL // カゴメ #- [編集] []
TBありがとうございました。
キャリアウーマンのニコールも、可愛いキッドマンも見ものでしたね。
話の展開は滅茶苦茶~な感もありましたが、気にせず楽しみたい映画ですね(笑)。
TBさせて頂きました。
【12.19】 URL // 小米花 #ujlw5tTk [編集] []
カゴメさん、こんにちは。
いつもお世話になってます<(_ _)>

>「妻を完全に殺してしまって、ロボットワイフと取り替えてしまうのか」
>それとも、
>「殺さずに、ハイテク技術によって強制的にカスタマイズするのか」
>どっちの設定なのかによって全然違う作品になるですね。
そうなんですよね。
本作では、ナノチップを使ってカスタマイズという設定でしたが、途中の口から$札を出すシーンや、クリストファー・ウォーケンが矛盾しているので、どうもしっくり来ない気がします。
どうせなら、完全なロボットワイフとしてはっちゃけた方が良かったかもw
でも、カゴメさんの話を聞いてオリジナルが観たいなぁという気に・・・w
【12.20】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
小米花さん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

二コールの黒髪&ショート・・・セクシーでしたねww
個人的には、ブリブリな二コールよりも、そっちの方が断然いけていたと思ったりしますw
【12.20】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
07 | 2017.08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。