アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ミーン・ガールズ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B

(演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ3/合計31)

『評論』
何かとプライベートでもお騒がせな人気アイドルのリンジーちゃんですが、本日は、そんなリンジー・ローハンのアイドルらしい映画である本作を紹介したいと思います。
さてアイドル映画って、対象となるアイドルをどれだけキュートに表現し、魅力を最大限に引き出せるかという点に力を注ぐ訳ですが、そんな中でも本作は、アメリカのティーンズの学園生活、特にグループの有り様について上手に描写していると思います。
ちなみに余談ですが、本作の脚本を手がけたのは、ノーバリー先生役を演じたティナ・フェイです。
もちろん、リンジーの魅力を引き出すという点においても、映画前半の素朴な魅力から後半の垢抜けた魅力、さらには、垢抜けていく過程を徐々に描く事で、リンジーのキュートさを十分に引き出せているのではないかと思います。
さて肝心な内容ですが、リンジー演じるアフリカ育ちのケイディが始めて通う学校で、グループだったり人間関係だったりに戸惑いながら成長していくという有り勝ちな話です。
そして、本作を語る上で避けて通れないのが、「プラスティックス」。「プラスティックス」とは、学園の女子のグループの中で頂上に君臨するグループで、レイチェル・マクアダムス演じるセレブなお嬢様レジーナと彼女の取り巻き二人で構成されています。
転校生という真新しさと整った顔立ちから注目されたケイディは、この「プラスティックス」のメンバーに迎えられます。あまり乗り気じゃないケイディですが、それ以前に友達になっていたはみ出しものの友達の後押しもあり、「プラスティックス」の秘密情報を内側から調べる事になるのですが、そんなある日、ケイディはレジーナの元彼であるアーロンに恋をしてしまいます。
そしてレジーナは、そんなアーロンとの仲を取り持ってくれるという提案をしますが、ケイディの目の前でアーロンとヨリを戻し、学園の女王としての地位を見せつけるんですよね。
復讐に燃えるケイディは、友人の力も借り、レジーナを失脚させる事に成功。ただ、いつしか自分がレジーナのように女王気分になってしまっていることに気づくんですよね。有り勝ちな内容なのですが、解りやすくて共感できる部分も多いだけに、なかなか面白いと思います。
さて、本作は上述にもあるように、リンジー・ローハンの為の映画です。ただ、その中でリンジー・ローハンと肩を並べる存在感を出していたのが、「プラスティっクス」のリーダーを演じたレイチェル・マクアダムスです。
彼女は、「パニック・フライト」のレビューでも書きましたが、チンピラ女子だったり、知的なキャリアウーマンだったり、お嬢様だったり、本作のような学園女王役立ったり、いろいろなタイプの違う役をを演じているのですが、どれもそれらしく観えちゃうんですよね。本作においても、まさにハマリ役という感じで、意地の悪い学園のアイドルを好演していました。
彼女のファンや、リンジーのファンにはたまらない本作ですが、学園ラブコメが好きな方にも楽しめる作品ではないかと思います。

『内容』
動物学者の両親を持つケイディ(リンジー・ローハン)は、幼い頃よりアフリカで育った。
ある時、アメリカの大学で講師をすることになった両親に連れられ、アメリカへ帰国。
普通の子供のように公立学校に通う事になるのだが、そこには数々のグループがあり・・・

『配役』
ケイディ・ハーロン/リンジー・ローハン
レジーナ/レイチェル・マクアダムス
ノーバリー先生/ティナ・フェイ
デュバル校長/ティム・メドウス
ジョージ夫人/エイミー・ポーラー
グレッチェン/レイシー・シャベール
カレン/アマンダ・セイフリード
ダミアン/ダニエル・フランゼーゼ
アーロン/ジョナサン・ベネット

『監督』  マーク・S・ウォーターズ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2006.11.10 | 洋画 | COMMENT(2)
こんばんは!TBありがとうございます!
何度かTBいただいたのに、ご挨拶遅れて申し訳ありません。
この作品、ごらんになりましたかー♪
私、結構学園モノって、好きだったりします。
レイチェル・マクアダムスが大好きだったりします♪
ハサウェイさんはどうでしょうv-20
【11.10】 URL // とらねこ #.zrSBkLk [編集] []
とらねこさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。
TB返しもありがとうございます。

本作ですが、実は以前に観ていて、レビューを書く為にわざわざ観直したんですよ(^^;)
学園モノ、青春モノ、私も大好きですよ~
特に、B級やC級のソレなんて最高ですよね~w
レイチェル・マクアダムスについても、現在個人的に一押し女優の一人です。
大ヒット作がないだけに、タイプの違う役をたくさんやっていて、面白いですよね~。
ちなみに、「幸せのポートレート」観たいのですが、いつも貸し出し中で・・・(;^_^A アセアセ・・・
【11.13】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
06 | 2017.07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。