アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B

(演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計30)

『評論』
やっぱり、こういう系の映画って個人的にどうも苦手なようです(^^;)
現実ではありえないような悪戯、逃げ出す子守り達、挙句の果てには、ロバも人間も見分けのつかない親戚の大おばさん。
なんかふざけ過ぎというか、笑わせよう楽しませようとしているのにすべっている感を受けるというか・・・どうもこういうノリの映画って苦手なんですよね。
ファンタジーものではあるものの、もう少し現実味を臭わせてくれると受け入れる事もできるのですが・・・
ちなみに、この映画はクリスチアナ・ブランドの童話「ふしぎなマチルダばあや」(内容はこちらを参照)を原作に、本作でナニー・マクフィー役を演じたエマ・トンプソンが脚本を担当して作られています。
原作が童話なだけに、礼儀だったり、自分で考え行動する的な教訓がちりばめられている訳です。
まぁ、その教訓もどこか中途半端というか、ナニー・マクフィーと子供達とのやり取りがあまり描かれていなかっただけに、肝心なメッセージも弱まったような気がします。また、子供との信頼関係の構築においても、もう少しナニー・マクフィーと子供達との絡みを増やした方が良かった気もします。
さらに、本作を観て一番不思議というか、納得できないのは、子供達が一つずつ問題をクリアするごとにナニーの容姿が改善されていく理由と、最後ナニーが子供達のお母さんの椅子に頭を下げた場面です。
恐らく、何かしら理由があるのでしょうが、その理由が説明されていないまま終わってしまうだけに、どうも納得いかないというか、気持ち悪いというか・・・
当初、ナニー・マクフィーは死んだお母さんの仮の姿で、子供達が良くなっていくにつれ容姿もお母さんに戻り、最後は再会を果たし終わるのか?と思っていたのですが・・・一体、何だったんでしょうかね?
内容はともかく、本作で一番目を引くのは、やはりナニー・マクフィーを演じたエマ・トンプソンですねw
いぼにでかっ鼻に一本歯・・・あのメイクはかなり頑張ってましたねw
ちなみに、このエマ・トンプソンをはじめ、父親役を演じたコリン・ファース、長男役を演じたトーマス・サングスターはいずれも「ラブ・アクチュアリー」に出演していましたよね。
また、コリン・ファースとくっついたエヴァンジェリン役のケリー・マクドナルドは、ジョニー・デップ主演の「ネバーランド」でピーター・パン役を演じていましたね。

『内容』
母親を失ったブラウン家の7人の子供達は、父親であるセドリック(コリン・ファース)が雇った子守り達を悪戯によって辞めさせていく。
そんなある日、ナニー・マクフィーという婆やがブラウン家にやって来て・・・

『配役』
ナニー・マクフィー/エマ・トンプソン
セドリック・ブラウン/コリン・ファース
エヴァンジェリン/ケリー・マクドナルド
アデレード/アンジェラ・ランズベリー
クイックリー夫人/セリア・イムリー
ホィーン氏/デレク・ジャコビ
ブラザウィック夫人/イメルダ・スタウントン
サイモン/トーマス・サングスター

『監督』  カーク・ジョーンズ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2006.11.07 | 洋画 | COMMENT(6)
こんにちは。
いつも弊ブログへのトラックバック、ありがとうございます。
こちらからもコメントとトラックバックを失礼致します。

この作品は、物語展開の甘さと必要以上の毒気が気になり、必ずしも好きな作品ではありませんが、ナニー・マクフィーを演じたエマ・トンプソンさんの容姿や子供達が変わって行く様子に見応えがある映画であったと思います。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
【11.07】 URL // たろ #/Qo2uXNc [編集] []
こんばんは!
もじばけしてしまって
こめんとを書くじがみえないので
こめんとできずにごめんなさい。。。
りんくもはっていただいて、
昧度TBもありがとうざい
konngomoyorosikuonegaisimasu
【11.08】 URL // mig #Dd174Wxo [編集] []
こんばんは~♪TB有難う御座いました♪
ワタクシ、ファンタジー大好きなので結構楽しめました^^
ただ、もう少しナニーと子供達の絆が深まるのが分かる描写は必要でしたね。

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
【11.08】 URL // Aki. #msZFOyjE [編集] []
たろさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

>ナニー・マクフィーを演じたエマ・トンプソンさんの容姿や子供達が変わって行く様子に見応えがある映画であったと思います。
そうですね。
ただ、もう少しナニー・マクフィーと子供との関わりを描いてやれば良かったような・・・
この手の映画、個人的には、やはり苦手なようです(^^;)
【11.09】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
migさん、こんにちは。
いつもお世話になってます。

文字化けの件では、ご迷惑をお掛けしています。
文字コードが原因でしょうかね?(^^;)
一方的にリンクさせて頂きましたが、問題があるようでしたらいって下さい。
今後ともよろしくお願いします<(_ _)>
【11.09】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
Aki.さん、こんにちは。
いつもお世話になってます。

Aki.さんは、ファンタジー系が好きなんですね~。
ちょっと意外(^^;)

>ただ、もう少しナニーと子供達の絆が深まるのが分かる描写は必要でしたね。
そうなんですよ。
私も、全く同意見です(^・^)
【11.09】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
03 | 2017.04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。