アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ゲス・フー/招かれざる恋人
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+

(演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ3/合計35)

『評論』
結婚の許しを得るべく、彼女の両親に会いに行く。そして、一波乱ありながら、最後は打ち解けハッピーエンド。この手の映画って本当に多いですよね(^^;)
しかも、この映画はシドニー・ポアチエ、キャサリン・ヘップバーン等が出演した1967年の「招かれざる客」のリメイク作品みたいですね。
私は、この映画については未見なのですが、内容としては、黒人医師と白人女性が結婚を誓い、白人女性の実家を訪れるという内容のようです。
当時は、現在に比べ人種問題の壁が厚かっただけにある意味、衝撃的な作品だったようです。
それに比べて、本作は、人種問題としての衝撃がほとんどない為、人種問題をメインのテーマとしているのではなく、普通の婿と義父とのやり取りをメインに持ってきていて、この手の映画と、そんなに変わらない内容です。
また、オリジナルの黒人男性と白人女性という設定に対し、本作は、白人男性であるアシュトン・カッチャー演じるサイモンが、黒人女性であるゾーイ・サルダナ演じるテレサと結婚する為に、彼女の実家を訪れる内容で、設定が逆転しています。
ただ、人種間の問題についてそんなに深く掘り下げていないですし、全体的にコミカルで軽い感じに仕上がっているので非常に観やすい作品ではないでしょうか?
アシュトンのちょっと馬鹿でコミカルな演技に、バーニー・マックの大げさな演技。
それらが重なって、テンポもよく笑えてしまうのも本作の魅力のひとつだと思います。
実は、本作を観たのはアシュトン・カッチャー目当てでして、恋人の父親にバーニー・マックって大丈夫なのか?という感じで観始めたのですが、これが意外にあっていて、途中からは二人のやり取りに楽しませてもらいました。
さてさて、アシュトンの演技ですが、「バタフライ・エフェクト」等のような知的&シリアスな演技ではなく、どちらかというと「ゾルタン★星人」のような、ちょっとお馬鹿なコミカルな感じの演技でした。
彼のシリアスな演技もなかなか良いと思いますが、個人的には、ちょっとお馬鹿なキャラを演じる方が好きなので、評価もちょっと甘めになっちゃいましたw
ちなみに、本作ですが、「ミート・ザ・ペアレンツ」に近い感じがします。
ただ、「ミート・ザ・ペアレンツ」に比べて、毒気が少なく、ラストも本当にハッピーな感じで、後味も良かったです。

『内容』
愛する恋人テレサ(ゾーイ・サルダナ)と同棲中のやり手証券マンのサイモン(アシュトン・カッチャー)は、彼女との結婚を考え、彼女の両親に会いに行くことに。
丁度、テレサの父パーシー(バーニー・マック)は銀婚式のパーティの準備に大忙しだった。

『配役』
パーシー/バーニー・マック
サイモン/アシュトン・カッチャー
テレサ/ゾーイ・サルダナ
マリリン/ジュディス・スコット

『監督』  ケビン・ロドニー・サリバン

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2006.10.18 | 洋画 | COMMENT(2)
こんばんは!
いつもTBありがとうございます~♪
アシュトン・カッチャーは「バタフライ・エフェクト」しか観たことなくて、お馬鹿な役をこなせることは知らなかったです。
どこの国でも、妻になる人の親に認めてもらうためには
いろいろ大変みたいで・・アットホームな雰囲気でよかったです!
【10.19】 URL // アイマック #mQop/nM. [編集] []
アイマックさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました(^・^)
アシュトンのお馬鹿役、本当に馬鹿っぽくてコミカルで大好きです♪
機会があれば是非♪
それにしても、仰るように結婚相手の親に認めてもらうのは大変ですね~
私も、ちょっとあったもので(^^;;
【10.24】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
06 | 2017.07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。