アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ステイ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+

(演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計36)

『評論』
ユアン・マクレガーにナオミ・ワッツ、それにライアン・ゴズリング出演の映画なのに、そんなに話題にもならずB級扱いの本作。
駄作だったらどうしよう、つまらなかったらどうしようという不安いっぱいの気持ちの中、ナオミ・ワッツとライアン・ゴズリングに惹かれて鑑賞することに・・・(^^;)
鑑賞してみて、なるほど、これは評価の分かれる作品だなと思いました。個人的には、なかなか面白かったと思うのですが、オチが禁じ手とも言えるだけに、苦手な人も多いのではないかと(^^;)
ただ、禁じ手を使っているものの、映画の端々に置いた数々の複線がラストに繋がっているので、個人的には許されるのではないかとも思います。
さて、本作の内容ですが、本作の予告だけを観て個人的に、ユアン・マクレガー演じるサムとライアン・ゴズリング演じるヘンリーは同一人物、或いは、逆転しているのではないかと予想していました。
また、本作の最初の方で、ユアンとライアンが会話しながら歩く他愛のないシーンがあるのですが、一瞬にして彼等の配置が逆転しているのを発見して、それが確信に変わったのですが、どうやらそれは早とちりだったようです(^^;)
ある意味、その考え方は間違ってなかったとも言えるのですが・・・
それを説明する為には、ネタバレする必要があります。という訳で、ここからネタバレありですw
実は、本作の内容は全て、事故にあったヘンリーが死ぬ直前に観た幻です。
事故現場に居合わせた人々が、ヘンリーの幻の中の登場人物であり、配役はすべてヘンリーの妄想です。
さらに、死ぬ直前のヘンリーに一番関わった人物で、偶然その場に居合わせたユアン・マクレガーとナオミ・ワッツに対して同調し、執着して彼等に自分を投影させているんですよね。
ユアン・マクレガーに対しては、自らの信頼する人間であったり、またヘンリー自身の客観的な部分を投影させていたのではないかと思います。ナオミ・ワッツに対しては、自らの職業だったり、精神的に不安定的なとこだったり、ヘンリー自身の主観的な部分を投影させていたのではないでしょうか?
そういった意味でも、幻の中のユアンやナオミは、ヘンリー自身だといっても過言ではないと思います。
また、本作中で、数々の意味の解らない言葉だったり、人物だったりが登場して、それらがある意味複線となっているのですが、全ては最後の現実世界、つまりヘンリーの事故現場にリンクしています。
幻オチにしては、なかなかよく考えられていたのではないかと思います。テンポも淡々としていて、展開も解りづらい為、鑑賞しにくい映画かもしれませんが、個人的には面白かったです。
ユアン・マクレガーの演技も良かったのですが、やはり本作においてはライアン・ゴズリングの演技が光っていました。
どこかしら影があり、憂いを帯びていて、かつ根暗っぽい演技が、彼の演じたヘンリーというキャラと、本作の雰囲気にマッチしていたと思います。

『内容』
精神科医であるサム(ユアン・マクレガー)は、同僚のベスよりヘンリー(ライアン・ゴズリング)という患者を任される。
聞こえるはずのない声が聞こえるというヘンリー、彼は3日後の真夜中に自殺すると予告した・・・

『配役』
サム/ユアン・マクレガー
ライラ/ナオミ・ワッツ
ヘンリー/ライアン・ゴズリング
レオン/ボブ・ホスキンス
ベス/ジャニーン・ガロファロー
レン/B・D・ウォン

『監督』  マーク・フォースター

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





     
スポンサーサイト

2006.10.17 | 洋画 | COMMENT(8)
こんばんは~♪TB有難う御座いました♪
やっぱりオチが・・・^^;
「一体何が?」と思わせておいてアレだと・・・^^;
結局何でもアリになってしまうので、ワタクシ的にはかなり”否”でした(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
【10.18】 URL // Aki. #msZFOyjE [編集] []
Aki.さん、こんにちは。
いつもお世話になってます<(_ _)>

オチは、やっぱり好みが分かれますよね。
個人的に、あのオチは許せない派なのですが、「サイレン」などに比べ、最後にある程度謎が解決したので、個人的には許容できました(^^;)
にしても、ライアン・ゴズリング・・・存在感がありますよね~
今後のブレイクが楽しみです(*^-^)
【10.19】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
こんばんは!
これ、賛否両論みたいで、理解不能の方が多かったようですが、
私的には好みの作品でした。
自分もてっきりサムとヘンリーは逆転してるか本人だと思ってました^^;
ラストのオチが全てでしたけど、ライアン・ゴズリングの演技に
うるっとさせられました・・
【10.19】 URL // アイマック #mQop/nM. [編集] []
こんにちは。TBありがとうございます。
道中かなり惑わされました。
オチを知ってふまえた上でもう1度鑑賞するといろいろ発見とかあるかなぁと。
【10.21】 URL // もじゃ #- [編集] []
アイマックさん、こんにちは。
私としても、なかなか好みの作品でした。
やっぱり、サムとヘンリーって同一か逆転しているような感じですよね。
結局、結論からしてある意味同一人物ですし、あながち間違いではなかったですね。
それに、あのオチも若干反則気味ですが、複線をちゃんと活用していたし、ぎりぎりアリかなと(;^_^A アセアセ・・・
ライアン・ゴズリング・・・ちょっと影のある役が適任な気がします。
【10.24】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
もじゃさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

>オチを知ってふまえた上でもう1度鑑賞するといろいろ発見とかあるかなぁと。
確かに。
違った見方や発見があるかもしれないですね。
【10.24】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
こちらもトラありがとうございます
確かに好みのはっきりわかれる作品でしたね
>幻オチにしては、なかなかよく考えられていたのではないかと思います。

うんうん。
ただ、私はストーリーより映像の取り方など映像がたのしめました^^
【11.08】 URL // じゅりあん&まのん #GCA3nAmE [編集] []
じゅりあん&まのんさん、こんにちは。
いつもお世話になってます。

映像の撮り方、確かに良かったですよね。
上手かったと思います。
【11.09】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
04 | 2017.05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。