アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】恋はデジャ・ブ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
A

(演技4/演出5/脚本5/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装4/配役4/魅力5/テンポ4/合計45)

『評論』
この映画を最初に観たのは、今から15,6年前でレンタルビデオ化されてすぐでした。
今でこそラブコメ映画は大好きなのですが、当時、ラブコメに興味がなく、そんなに自分から進んで観ようとはしませんでした。
しかし、偶然出会ったこの映画のお陰で、ラブコメというジャンルが好きになったんですよ。
それゆえに、私にとって、この映画はラブコメの原点ともいえる作品で、今でも「一番好きなラブコメは?」と聞かれたら迷わず本作を口にします。
さて、この映画ですが、何が面白いかというと、同じ日を永遠に繰り返すという事はもちろんなのですが、その繰り返す日が人生の岐路になる特別な日だったり、世界において重要な日ではなく平凡な一日だということです。
その平凡な一日をどのように過ごすかというところが、大きなポイントになるのですが、当初ビル・マーレー演じるフィルは自己中心的な性格で自分の欲望の為に費やしていきます。
さらには、想いを寄せるアンディ・マクドゥウェルと恋仲になろうと彼女について必死に勉強するのですが、最後のところでどうしても上手く行きません。
その事で苛立ったり、諦めたり、自暴自棄になったりとするのですが、徐々にフィルの心の中にも変化がおき、当初は、自分の欲望の為に費やしていた時間を、徐々に自分を磨く事だったり、他人を思いやる事だったりへと変化させていきます。
そしてその人間としての成長がこのどうしようもない事態を変えていくんですよね。
さてさて、この映画を観て個人的に注目したのは、カット割りというか、同じシーンをまるでNG集のように繰り返すという演出です。
この演出により、時間の推移と共に面白さも倍増して作品に惹きよせられるんですよね。
さらに、同じ日を繰り返す事に対しての面白さや苛立ちの他にも、悲しみや切なさも大切に描いていて、非常に魅力的です。
特に、アンディ・マクドゥウェルとの絡みで、ビル・マーレーが、きみの事なら何でも知っているという内容の台詞を口にするあたりが、非常に切ないです。
どんなに彼女を知っても、彼女を愛しても、次の日には全てを忘れてしまう彼女に対する切ない気持ちが、絶妙に描かれていたと思います。
ところで、この映画って、恐らく、デジャ・ブ現象に注目して掘り下げていく事で生まれたんだと思いますが、ここまで平凡なテーマを、簡潔で自然にテンポ良く描く事ができるのは、監督であるハロルド・ライミスによるところが非常に大きいと思います。
また、主演のビル・マーレーとアンディ・マクドゥウェルも見事でした。
ビル・マーレーは、さすがこういう役をやらせたら上手いですよね。
自己中で憎たらしいフィルが、徐々に成長して町中の人々から好かれる人間に変化していく様を自然に好演しています。
また、アンディ・マクドゥウェルも明るく知的で優等生タイプの、これぞラブコメのヒロインという役を見事に演じています。
それに、当時アンディ・マクドゥウェル全盛期という事もあり、輝きが違いますよね。
映画好きならば、ほとんどの方が知っているくらい秀逸な本作ですが、まだ観たことがないという方がいましたら、お奨めの一本ですので、鑑賞されてみてはどうでしょうか?

『内容』
天気予報士のフィル(ビル・マーレー)は、グランドホッグ・デー中継の為、ペンシルバニアを訪れていた。
取材後、町から引き上げようとするのだが、吹雪のために立ち往生。取材班は町に一泊する事になるのだが、翌朝目を覚ますと、昨日と同じ日付だった。そしてその翌日も・・・

『配役』
フィル/ビル・マーレー
リタ/アンディ・マクドゥウェル
ラリー/クリス・エリオット
ネッド/スティーブン・トボロウスキー
神経学者/ハロルド・ライミス

『監督』  ハロルド・ライミス

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2006.10.12 | 洋画 | COMMENT(4)
恋はデジャヴですね(=^ー^=)んじゃ借りてこようっと!
いろいろ読ませていただいた中でたくさん映画をみたハサウェイさんがAとランク付けたのなら、安心してみられるんじゃないかな~ヾ(゜∀゜ゞ)たしかこれはレンタル屋にあった気がします。
そっかそっか~んじゃ借りてこようかな~明日はマンガのビデオを返しに行く日なのでちょいと、チャラノリさん(ご存知でしょ)やハサウィさんお勧めビデオさがしてきちゃいますね(*^∇^*)
【10.16】 URL // 花畑Q太郎 #- [編集] []
花畑Q太郎さん、こんにちは。
是非、借りてみてください♪
めちゃくちゃお奨めの一本です。
ちなみに、当ブログでA以上の評価点の作品って私の中で殿堂入りの映画だったりします(^^;)
それにしても、チャラノリさんのお奨めの映画って・・・B級ホラー、或いはサメ、ヘビ系のパニック映画でしょうか?w
彼女は、そっち系にはめっぽう強いとw
【10.16】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
TB、感謝です!!

>今でも「一番好きなラブコメは?」と聞かれたら迷わず本作を口にします。

カゴメもこれか、「恋人たちの予感」か「潮風のいたずら」ですね。
本当によく出来た作品だと思います。
ピル・マーレー主演の作品は色々と観てますが、今でもこれが一番好きですね。
嫌味でゴウツクな男をやらせたら一級品。でもって、改心させても一級品(苦笑)。
ラストは幸福感で一杯で、幸せな気分になるですねぇぇ。
【10.23】 URL // カゴメ #- [編集] []
カゴメさん、こんにちは。
いつもお世話になってます♪

「恋人たちの予感」、メグの映画のなかではかなり出来が良かったですよね~
「潮風のいたずら」は未見なので、見つけ次第観てみようと思います(^▽^)/

ビル・マーレーについてですが、全く同感です。
彼を説明する時に何て書いたらしっくりくるのだろう?と考えていましたが、カゴメさんのコメントを読んで、「なるほど、そういう風に書けばよかったのか。」と妙に納得してしまいましたww
【10.24】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
04 | 2017.05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。