アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【邦画】THE 有頂天ホテル
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+

(演技3/演出4/脚本3/撮影3/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力4/テンポ3/合計36)

『評論』
これぞ、三谷幸喜というような映画だったと思います。
ご存知のように、三谷幸喜は密室劇というか、限定された空間において話を展開させていく技術に長けていますが、この映画はその集大成とも呼べる出来なのではないでしょうか?
登場人物の多さ、豪華さに加えて、三谷幸喜らしい小さい細かい笑い、意味の無い話を織り交ぜながら展開し、最後にはそれらを関連付ける。
これこそ、三谷演劇というものを見せてくれたような気がします。
個人的に、冒頭のお客さんが灰皿を取り皿と間違って使っているが、どうしようとウェイターの川平と副支配人の役所広司が、真面目に話し合っているシーンで引き込まれました。
まさに、こういう下らない笑いこそ三谷幸喜の得意とするところですし、この笑いで三谷映画を観るぞ~という気にさせられました。
しかも、出演者達は、超豪華。
それだけでも凄いのに、大勢いる出演者達にそれぞれ、細かい設定とシナリオを作り、話を同時展開させていく。しかも、それだけ多くの話を同じ舞台で同時展開させていてるにも関わらず、観ている観客が混乱することもない。
シンプルかつ解りやすく丁寧に描いている故に、それが可能なのではないかと思います。
流石、密室劇が得意な三谷幸喜だと思いました。
また、それに加えて、「新選組!」キャストや歴代の三谷映画キャスト、それに加えて、三谷劇団ともいう俳優達も満載で、三谷幸喜を良く知る出演者達だけに、テンポも間もばっちりだったと思います。
ちなみに、事あるごとに出てくる白塗りの伊東四朗には、かなり笑わせてもらいましたw
三谷ワールドが好きな方には、お奨めの一本です。


『内容』
大晦日のホテル「アバンティ」を舞台に、いろいろな人々の災難や奇跡を描いた作品。
大忙しのホテル副支配人、汚職事件の国会議員、歌手の夢を捨てて田舎にかえるベルボーイ、寂しいコールガール、自殺したい演歌歌手など、様々な話を絡めながら、最終的には小さな奇跡が・・・

『配役』
新堂平吉(副支配人)/役所広司
竹本ハナ(客室係)/松たか子
武藤田勝利(国会議員)/佐藤浩市
只野憲二(ベルボーイ)/香取慎吾
ヨーコ(コールガール)/篠原涼子
赤丸寿一(芸能プロ社長)/唐沢寿明
徳川膳武(大物演歌歌手)/西田敏行
総支配人/伊東四朗
板東健治(会社社長)/津川雅彦
矢部登紀子(アシスタントマネージャー)/戸田恵子
瀬尾高志(副支配人)/生瀬勝久
桜チェリー(シンガー)/YOU
右近(筆耕係)/オダギリジョー
堀田衛/角野卓造
堀田由美/原田美枝子
丹下(ウェイター)/川平慈英
ホセ河内(マジシャン)/寺島進
小原なおみ(憲二の幼馴染)/麻生久美子
蔵人(ホテル探偵)/石井正則
板東直正(板東の息子)/近藤芳正
神保保(武藤田の秘書)/浅野和之
尾藤(徳川の付き人)/梶原善
坂田万之丞(腹話術師)/榎木兵衛
ダブダブの声/山寺宏一
ホテルの館内放送/清水ミチコ

『監督』  三谷幸喜

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2006.10.03 | 邦画 | COMMENT(7)
こんにちは。TBありがとうございます。
舞台でやったら面白そうかなぁと。
クライマックスはもっと派手に盛り上がると思ってたんですけどねぇ。
【10.03】 URL // もじゃ #- [編集] []
TBありがとうございました。
面白かったですー。3回も観に行ったこと、ちょっと忘れてました(笑)

三谷さんの頭の中ってどうなってるんでしょうねー。
【10.05】 URL // kino #01r4NFe2 [編集] []
三谷さんのドラマってどくとくなんですよね~
これみたいなあと思っているドラマですが
わかりやすいかな?ノータリンなんで意味がわからないと
つまんないからなあ。でも上記コメントで3回も見たとの事
よし!借りてみようじゃないか(≧∇≦)/
【10.05】 URL // 花畑Q太郎(✿ฺ^-^&# #- [編集] []
もじゃさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

確かに、舞台でやったら面白そうですね。
三谷幸喜の舞台といえば、「12人の優しい日本人」くらいしか見た事がないのですが、三谷幸喜らしくて面白かったですし、やはり、限定された空間における演劇というのが、彼の得意とするところだけに、この映画の舞台版も観たいなとw
クライマックスについては、同感です。
【10.05】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
kinoさん、こんにちは。

3度も観に行ったんですか!?
三谷フリーク、間違いなしですね!!
私は、恥ずかしながらDVDでの鑑賞でした(;^_^A アセアセ・・・
【10.05】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
花畑Q太郎さん、こんにちは。
仰るように、三谷幸喜の演劇って独特ですよね。
でも、三谷ワールドにはまってしまったら、なかなか抜け出る事ができないんですよね(^^;)
個人的に、誰も気付かないような小さい所での笑いや紐付けが大好きですw
この映画ですが、多数の話があるのですが、その一つ一つがシンプルで解りやすいので、すんなりと観る事ができるのではないかと個人的には思います。
【10.05】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
こーん。
密室だからこそ面白さが倍増したのかもしれませんねw
豪華なキャストなのに混乱しない、素晴らしい構成だと思いました。
【12.09】 URL // ぽっぷ #r7U36FAc [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
05 | 2017.06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。