アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】Vフォー・ヴェンデッタ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
A-

(演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力4/テンポ3/合計41)

『評論』
ガイ・フォークス(グイード・フォークス)
1605年にイングランドで発覚した火薬陰謀事件の実行責任者として知られる人物。
国王ジェームズ1世の国教会優遇政策により、弾圧を受けていたカトリック教徒を解放すべく、ジェームズ1世の開院式出席時の爆殺を図り、宮殿地価に籠るが、11月5日未明、逮捕され処刑された。


ガイ・フォークス、我々にとってあまり馴染みの無い人物ですよね。
上述にもあるように、火薬陰謀事件の実行責任者で、処刑された人物で、イギリスでは現在、この11月5日に「ガイ・フォークス・ナイト」として、篝火と打ち上げ花火を楽しむ行事が行われているとか。
なお、「男、奴」を意味する英語「ガイ(guy)」は、彼の名に由来するらしいです。
そんなガイ・フォークスをモデルとしているのが、本作の仮面の男であるヒューゴ・ウィービング演じる「V」。
ガイ同様、独裁化して、自由のなくなった社会を爆発により解放する陰謀を企てています。
さてさて、この映画ですが、独裁化した近未来に、それを解放すべきヒーロー。そしてそのヒーローは、ウィルス実験により超人的な能力を身に着けているといった具合に、冷静に考えるとかなりチープな設定なんですよね。
というのも、原作はアメコミならぬ、英コミだとか・・・
ただ、過去のファシズムしかり、各処でアウシュビッツや、ナチスを連想させるものが多いだけに、現実味を帯びていて、あながち空想ともいう事が出来ないのも確かでした。
また、アドルフ・ヒトラーをもじったようなアダム・サトラーという名前にも、過去のファシズムを連想させられてしまいました。
そういう現実味のあるスパイスを加えることで、チープな設定をうまくカバーしていて、独特の世界観を保っていたように感じました。
ただ、残念だったのは、「V」自身が、何かしら信念や理念に基づいて行動しているというよりも、自らの復讐の為に行動していたという事です。
料理をしたり、一人で甲冑と戦ったりとお茶目な一面を持つ好感の持てるキャラだけに、できれば、復讐は二の次にしてでも、確固たる信念や理念を提示して欲しかったです。
さて、主演であるナタリー・ポートマンですが、「V」により、牢獄の中で命より大切な、尊厳や信念を自分の中に見出します。
そして、自分の過去に目をそむけ、命惜しさに国家に屈していた自身から解放され、本来の自分へと回帰します。
この姿が、この近未来における人々の姿を上手く投影させていて、最後の立ち上がった群衆に上手く直結していたのは、興味深かったです。
また、ある種、「V」と反したイーヴィーの姿により、復讐にとりつかれた「V」もまた、間違っていたというのを、上手に現していたのではないでしょうか。
それにしても、ラストの「V」の仮面をつけた群集・・・
「V」を演じたのが、「マトリックス」のエージェント・スミスを演じたヒューゴ・ウィービングだっただけに、今回も増殖したのでは・・・と思ったのは私だけでしょうか(;^_^A アセアセ・・・

『内容』
テロ、疫病、その他の現代社会が抱える諸問題から逃れるべく、アダム・サトラー議長(ジョン・ハート)の独裁国家と化してしまった近未来のイギリス。
国営放送で働くイーヴィー(ナタリー・ポートマン)は、外出禁止時間帯の夜に外出し、秘密警察に見つかってしまう。そんな時、「V」と名乗る仮面の男に命を救われる。
そして、V(ヒューゴ・ウィービング)は、かつての火薬陰謀事件のガイ・フォークスにならって、国家転覆を図るのだが・・・

『配役』
イーヴィー・ハモンド/ナタリー・ポートマン
V/ヒューゴ・ウィービング
フィンチ/スティーブン・レイ
アダム・サトラー議長/ジョン・ハート
デリア・サリッジ医師/シニード・キューザック
ゴードン・デイトリッヒ/スティーヴン・フライ

『監督』  ジェームズ・マクティーグ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2006.09.19 | 洋画 | COMMENT(30)
こんにちは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、テロと革命の違いを観る人に考えさせる 等、現代社会に問い掛ける内容をベースとした歴史の再構築に多少無理があり、分かり辛い内容ではありますが、ヒューゴ・ウィーヴィングさんが演じた‘ V ’のキャラクターの面白さやイヴィー役を演じたナタリー・ポートマンさんの魅力など、見所の多い映画に仕上っていたと思います。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
【09.19】 URL // たろ #/Qo2uXNc [編集] []
結構好みのわかれる映画かな、と思いました。

台詞が長い上に難しく、字幕を読むので精一杯でした。
【09.19】 URL // KGR #- [編集] []
こんにちは♪
TBありがとうございました。
Vという人物が理想に燃えて・・・というよりも、自分の復讐を果たす事に重きを置いているのがとても残念でした。
といっても、漫画原作なのでそのあたりは仕方ないのかなと思ったり。
【09.19】 URL // ミチ #0eCMEFRs [編集] []
いつもTBありがとうございます。
いろんな感想があるこの作品ですが、
みなさんが内容について言及されているので、わたしは、出演者のことなどを・・・
主演はもちろんですが、芸達者で味がある英国系の俳優さんたちが脇を固め、
そういう意味では見ごたえのある作品でした。
【09.19】 URL // 悠雅 #- [編集] []
TBありがとさんです。
移転先からお返ししときます。

まぁ、あれですね、
信念を貫けるヤツはそうはいない。
半ばイカレた復讐心だけが、結果を残せる。
っつー事ですかね。
【09.19】 URL // fujita #- [編集] []
TBありがとうございました。

確かに設定自体はコミックという感じでチープなんですよね。
ラストの仮面の群集も下手したらチープですが、
チープに感じなかったのは背景を上手く描いていたことと、
セットを含めた画のデザインも大きかったかなと思います。
【09.19】 URL // maru♪ #- [編集] []
TBありがとうございました。私はハマりました、この映画。
Vがカッコイイ。そして、ずっと仮面なのに、表情豊かにみえて。
原作も読んでみたいと思いました・・・。
【09.20】 URL // kino #01r4NFe2 [編集] []
TB有難う御座いました♪
アメコミ(英コミ?)映画が苦手なのですが、明らかに子供向けではないこの作品は楽しめました^^
個人的にはテロや暗殺で世の中が変わると思いたくないので、思想や理念を持ち出さなかったのも良かったなぁ~なんて思ったり(^^ゞ
ま、復讐もどーかとは思いますけど^^;
中々深いところもあってほんと面白かったですね!

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
【09.20】 URL // Aki. #msZFOyjE [編集] []
TBありがとうございました。
こういうタッチの映画は初めてでしたけどわたしは結構楽しみました。とくにナタリー・ポートマンが意外にも(?)よかったです。いい女優さんだったのですねえ。スティーブン・レイの刑事も興味深かったです。大迫力の国会議事堂の爆破シーンがとても印象に残っています。
【09.20】 URL // fulufulu #- [編集] []
TBありがとうございます!

前半を見るだけではいったいどういう展開になるのか、全く予想も付かなかったですね~。もっとマトリックスっぽいかと思ってました。
【09.21】 URL // ももも #- [編集] []
こんばんは、TBありがとうございました!
この作品、話の進行が随分強引でしたが、楽しめました。
Vの人物造形とか現在とほとんど趣の変わらないロンドンの様子とか、何だかイイ雰囲気で。
ラストの仮面軍団も異様だったけど、無闇に盛り上がったなあ。
【09.24】 URL // Ken #- [編集] []
たろさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

確かに、「V」のキャラクターといい、ナタリーの演技といい、見所は多かったですね。
個人的には、もう少し「V」に対して、復讐を超えた使命だったり理念だったりを期待したのですが・・・
でも、面白い作品だと思いました。
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
KGRさん、こんにちは。
確かに、台詞は長かったですね(^^;)
でも、個人的には、こういう感じの薀蓄を語る映画って好きなので、私は好きな方です(^^;;
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
ミチさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

>Vという人物が理想に燃えて・・・というよりも、自分の復讐を果たす事に重きを置いているのがとても残念でした。
まったく、同感です。
私も、「V」は復讐を超えた使命だったり理念だったりと、もっと崇高な意思を期待したのですが・・・(^^;)
それでも、なかなか面白かったので、良かったかと(^^;)
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
悠雅さん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

確かに、ジョン・ハートやシニード・キューザック、スティーヴン・フライ等、渋めの英国系の俳優達が脇を固めていましたね。
原作が英コミなので、当たり前なのでしょうが、そういった配役も面白かったですね。
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
fujitaさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

>信念を貫けるヤツはそうはいない。
>半ばイカレた復讐心だけが、結果を残せる。
確かに・・・
ある意味、的を得ていますね。
とすると、この映画はこの映画でアリかもしれないですね。
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
maru♪さん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

確かに、セットや衣装など、美術面を含めて力を入れていたのも幸いしたような気がします。
後は、ナタリーをはじめとする力のある俳優陣の力も大きかったと思います。
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
kinoさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

確かに仮面にも関わらず表情が豊かに見えましたね。
日本の能面のように、同じ面でも喜怒哀楽を表現できていて、なかなか良かったですね。
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
Aki.さん、こんにちは。
いつもお世話になってます♪

>個人的にはテロや暗殺で世の中が変わると思いたくないので、思想や理念を持ち出さなかったのも良かったなぁ~なんて思ったり(^^ゞ
確かに。
そういう考え方も解ります。
個人的には、「V」というキャラクタが活きていただけに、復讐よりも一歩進んだ、もっと進んだ崇高なものを期待してしまったような気がします。
でも、なかなか、面白かったと思います。
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
fulufuluさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

ナタリー・ポートマン、個人的には、すごく評価している女優さんなのですが、本作でも、人並みはずれた演技力と表現力を見せてくれたと大満足でした。
スティーブン・レイ、渋かったですね~
しかも、吹き替えは確か、屋良有作・・・これには、やられちゃいました(^^;)
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
もももさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

確かに、世界観もキャラクタも独特の為、先が予想つきづらい作品でしたね。
また、そこが魅力の一つですし、面白かったと思います。
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
Kenさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

確かに、ストーリ展開は強引でしたねw
でも、独特の空気をもっていて、良かったと。
ラストの仮面軍団・・・私は、笑ってしまいましたw
また、増殖したよってww
【09.25】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
TBありがとうございました^^
最初CMで観たときはあまり興味が沸かなかったのですが、あまり難しい話もなく、Vも面白いので、楽しめました。
【09.26】 URL // にんじん #195Lvy4Y [編集] []
TBありがとうございました^^

そうか、Vはそうした因果で増殖したのかw
さすが、エージェント・スミス。
【09.28】 URL // maximum #- [編集] []
にんじんさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

確かに、私もCMでは興味が沸かなかったのですが、実際に観てみてそれが良かったのか、楽しむ事ができました。
Vのキャラも良かったですよねw
【09.29】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
maximumさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

そういう意図があっての配役かは定かでは有りませんが、増殖の理由は恐らく・・・w
恐るべしっ!ヒューゴ・ウィービング(爆)
【09.29】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
今日はjamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
予習不足で映画館で観たのですが、やっぱり、この映画の良さは判りませんでしたね。
彼女の坊主頭という話題が先行しただけの映画になってしまったように思います。
【09.29】 URL // jamsession123go #- [編集] []
jamsession123goさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

確かに、ナタリーの坊主頭という話題が先行しましたよね。
ただ、個人的には、なかなか面白かったと。
過去の過ちを、うまく未来にリンクしていたせいか、チープな感じにならずに、良かったのではないかと。
【10.02】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
haswayさん、はじめまして。 長文失礼します。
コミックの映画化で期待せずに見ましたが、チープにならず味わいがありましたね。
「自由や情報操作」などテーマがいい感じでしたが、現在とリンクしているのかも?
崇高な理想や「革命」の原点は「復讐心」なのかもしれませんね。

実は、この映画の中で起きた「テロ事件」を「9.11」に置き換えるとみると
思いもよらなかった事柄や、今年公開された「真意」が感じられるかもしれません。
ディラン・エイヴリー監督・23歳が作り、カリスマ人気を得ている911検証映画の
「LOOSE CHANGE = ルース・チェインジ」が「9/11 Truthムーブメント」現象を
世界規模にしていますが、ご存知でしょうか? 改良作の「LC 2ND Recut」で、
Vと同じ様に「集おう」呼び掛けました。「仮面」の代わりが「黒のTシャツ」です。

06年の9月11日の再調査要求デモ動画と、次の日にその様子を伝えたはずニュース。
冒頭で「人々が集った」と言っていますが、参加者の人数の違いに注目…。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv
http://www.911podcasts.com/files/video/Zahn_LC.wmv

12月の? DVDの発売前から「LC2」の「無料」配信が早くも開始されたようです。
日本語版の検索語「LOOSEチェンジ」の世界的な反響などは、下記BBSの11/22を。
ご参考になればと。 尚、本文内容やLINK先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://bbs9.fc2.com/php/e.php/cinepro/
http://www.harmonicslife.net/gallery/main.php?g2_itemId=775
【11.28】 URL // W・R #YmM3ycEw [編集] []
W・Rさん、こんにちは。
>崇高な理想や「革命」の原点は「復讐心」なのかもしれませんね。
確かにそうかもしれませんね。
何だかんだ行っても、人間ありきな訳ですし、感情がはいってしまうのも当然かと(;^_^A アセアセ・・・

>ディラン・エイヴリー監督・23歳が作り、カリスマ人気を得ている911検証映画の
>「LOOSE CHANGE = ルース・チェインジ」が「9/11 Truthムーブメント」現象を
>世界規模にしていますが、ご存知でしょうか?
いえ、全然知りませんでした。
機会があれば観てみようと思います。
【12.01】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
10 | 2017.11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。