アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【邦画】キャッチ・ア・ウェーブ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B

(演技2/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ2/合計30)

『評論』
この映画の公開前、深夜番組でメイキングを観たのですが、その際、竹中直人の貞子ばりのインパクトのある登場シーンを観て、レンタルが開始されたら是非、観てみようと思っていた作品です(^^;)
ようやく、観る事が出来たのですが、やはり竹中直人の登場シーンはインパクト大でしたw
自身も自分の登場シーンで驚いたというように、かなり突飛な登場の仕方なんですよw
さてさて、この映画の内容ですが、ひょんな拍子でサーフィンを始めた若者が、恋する女の子とサーファーの誇りをかけ、とってつけたようなハーフの不良と台風の日、サーフィン対決するという、よくあるような話です。
映画の前半部は、主役の三浦春馬くんのたどたどしい演技と、その演技からうまれる微妙な間のせいでテンポは最悪で、正直、辛かったのですが、後半部では、そのたどたどしい演技が、青春時代の初々しさというか、恥ずかしさや戸惑いなどを感じさせ、逆に好感を持ててしまいました。加藤ローサとの絡み等は特に、青臭さというかフレッシュさを感じさせ、爽やかな感じだったのではないかと思います。
また、前半部の間の悪いテンポと相反して、後半部の小気味良いテンポ、そしてサーフィン対決へと繋がる事で、実際よりも余計に盛り上がったような感があって、なかなか興味深かったと思います。
さてさて、個人的に注目していた竹中直人氏ですが、「ウォーターボーイズ」、「スウィングガールズ」と、最近良く演じているキャラそのものでした。
ただ、今回は、笑いを狙いすぎていたというか、前半部の悪いテンポのせいで、ちょっとすべっている感があって、残念でした。
でも、最後の少年達を見守る大人の姿を見せたことで、映画全体も竹中直人演じたデューク川原自身も引き締まったというか・・・やはり、流石ですね。
映画のストーリー自体は、ありきたりで大した見所もないとは思うのですが、青春時代の初々しさだったり青臭さだったり、そういう若い時代を思い出せる映画ではないかと思います。
また、音楽を担当しているのは、Def TechとDEPAPEPEで、舞台は湘南、季節は夏、そしてサーフィンということで、さらに爽やかな感じに仕上がっています。
世知辛い世の中に、慌しい毎日・・・忘れてしまった青い時代を、この映画を通して思い出してみるのも良いのではないでしょうか。

『内容』
大洋(三浦春馬)は、親友の誠人(木村了)、浩輔(濱田岳)等と夏休みを満喫する為に、湘南にある浩輔の別荘へとやってきた。
ところが、浩輔が別荘の鍵を無くし、海岸中を朝まで探しても見つからず・・・
そんな中、全裸のおじさんを海岸で発見し、このおじさんとの出会いがきっかけでサーフィンを始める事に・・・

『配役』
佐々木大洋/三浦春馬
ジュリア/加藤ローサ
小林誠人/木村了
田口浩輔/濱田岳
ニック/三船力也
ジェフ/ユーリ・コバロフ
ディック/アンドレス
貴子/高樹沙耶
ジュリアの母/とよた真帆
マーク/坂口憲二
デューク川原/竹中直人

『監督』  橋伸之

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


          
スポンサーサイト

2006.09.19 | 邦画 | COMMENT(2)
こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
テレビで竹中がずいぶんと自信を持って薦めていたけれど、それほどには思えない映画でした。
加藤ローサの魅力が今一生かされていなかったように思います。
残念ですね。
【09.29】 URL // jamsession123go #- [編集] []
jamsession123goさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

内容的にはイマイチでしたね。
ただ、主演の三浦春馬と加藤ローサの演技のぎこちなさが、青春時代の初々しさをかもし出していて、個人的には、あの当時の気持ちを想い出しました。
そういった意味では、なかなか良かったと。
【10.02】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
03 | 2017.04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。