アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】エミリー・ローズ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
A-

(演技5/演出4/脚本4/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ3/合計38)

『評論』
個人的に、宗教色の強い映画って大好きですし、且つ、法廷映画にも目がないんですよ。
だから、この映画はとても面白く感じました。
欲を言えば、法廷のシーンがもう少し劇的であったり、優劣勢の対比だったり推移だったりを強調して描いて欲しかったなと。
ただ、そういうあからさまな演出がない方が、かえってリアリティが増すのも事実なのですが(^^;)
さてさて、この映画、一応ホラーなのですが、法廷をメインに話が展開していきますし、悪霊にとりつかれていたのか、精神的な疾患があったのかというものが、はっきりと解らないので、どちらにも取れるように作っているので、全然怖くありません。
ホラーが苦手な私でも、安心して観れました。
実は、内容を映画公開前のメイキング特集みたいなもので観ていた為、あらかた筋書きを知っていて、ホラー色があまり強くないのを知っていたんですよね(^^;)
もし知らなかったら、観るのにかなりためらいがあったのですが・・・
さてさて、この映画の中で軸になっているのが、悪魔の存在で、その存在を立証する事ができるのかというのが、大きなポイントになっています。
個人的には、悪魔という存在がいて、悪霊つきという現象があるという点においては、ある程度信じています。
昔から聖書をはじめいろいろな書物にも、そういう記述がありますし、このエミリーも悪魔祓いの最中、確かアラム語で会話している訳で、実際に取り付かれていたのではないかと思ったりします。
ただ、人が死後、幽霊になったり、前世や来世などというスピリチュアル的な事は一切信じていないのですが・・・(^^;)
この映画を観る上で、そういう悪霊の存在を信じているか、信じていないかという点は非常に大きなポイントになると思います、またそれによってこの映画の観方も変わってくると思います。
私の場合、ある程度信じているので、非常に面白く感じたのですが、或いは、全然信じていない人にとっては、逆につまらなく感じるかもしれません。
まぁ、いずれにしてもホラー映画目当てで観る作品ではなく、サスペンスや法廷ものとして観れば意外に楽しめるのではないでしょうか?
ちなみに、この映画で悪魔祓いの最中の録音テープがでてきますが、実際にそのテープはあるそうですね。
そして、監督がそのテープを実際に聴いた上で、この映画を作ったとか・・・
それにしても、エミリー・ローズを演じた、ジェニファー・カーペンターの迫真の演技には脱帽でした。

『内容』
悪魔祓いの最中、命を落とした少女に対しての過失致死をめぐる実話。
女子大生であるエミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)は、ある晩、恐ろしい体験をする。医師の診断を受け、入院したエミリーだったが、病院でも再び同様の体験をし、その際に悪霊が自分に取り付いたと確信し、ムーア神父(トム・ウィルキンソン)を頼る。ムーア神父もエミリーには悪霊がついていると確信し、悪魔祓いの儀式を行う。しかし、儀式は失敗。
エミリーは命を落としてしまう。
エミリーの死に対して過失致死罪を問われムーア神父だったが、ムーア神父の弁護を担当する事になったエリン(ローラ・リニー)により、徐々に真相が・・・

『配役』
エリン・ブルナー/ローラ・リニー
ムーア神父/トム・ウィルキンソン
イーサン・トマス/キャンベル・スコット
エミリー・ローズ/ジェニファー・カーペンター
カール・ガンダーソン/コルム・フィオール
ブリュースター判事/メアリー・ベス・ハート
ミュラー博士/ケネス・ウェルシュ
ブリッグズ博士/ヘンリー・ツェーニー
アダニ博士/ショーレー・アグダシュルー

『監督』  スコット・デリクソン

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2006.08.18 | 洋画 | COMMENT(16)
こんにちわ♪
いつもTBありがとうございます。
この作品、あまり予備知識もなく観たので意外な展開で面白かったです。

>ジェニファー・カーペンターの迫真の演技には脱帽でした。

いや本当に…。とりつかれ演技は凄かったです。
最初、その役のキャラから、何故か「ジョン・カーペンター」監督の身内かと思った(笑)

【08.21】 URL // 耕作 #- [編集] []
こんにちは♪
TBありがとうございました。
悪魔祓いのテープが残っているんですって?
うわぁ、聞いてみたいような、怖いような・・・。
私自身は霊感が全くありませんが、たとえ見えなくても霊の存在ってあるんだろうなとは思っています。
ホラーというよりもサスペンス法廷劇のようでしたね。
【08.21】 URL // ミチ #0eCMEFRs [編集] []
こんばんは!いつもありがとうございます!
この映画、見た直後より、だんだん良さがわかってきた感じです。
ジェニファーのすごいお顔、もいっこTBさせて頂きました!
【08.21】 URL // 猫姫小差現品限り #- [編集] []
こんにちは。TBありがとうございます。
法廷劇として十分見応えがありましたね。
ジェニファー・カーペンターの形相はもの凄かった。
それじゃお嫁に行けなくなっちゃうよといらぬ心配をしてしまうほどに。
【08.21】 URL // もじゃ #- [編集] []
ハサウィイさん、TBありがとうございます。ホラー映画だと思って観たのに、最後は感動しました。
キリスト教徒でない私には、殉教者になることに喜びを感じるコトは絶対ありませんが、エミリーの望みを周囲が理解したことはよかったんだなーと思いました。
TBさせて頂きました
【08.22】 URL // Lance #- [編集] []
TB有難う御座いました♪
思っていたのと大きく違いましたが、ワタクシも法的劇好きなので楽しむことが出来ました^^
しかも怖がりなのでホラーとしても十分に怖かったです(^^ゞ
ジェニファーの演技怖すぎですよぉ。:゚(。ノω\。)゚・。
実際のテープ、昔そっち系の番組で流してました。
中の人(?)が喋ってるときは本当に声が違ってて凄く怖かったですよぉ。:゚(。ノω\。)゚・。

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
【08.22】 URL // Aki. #msZFOyjE [編集] []
おはようござます♪
TB有難うございました。
イマイチだよ・・と 友人に聞いていたのですが 私は面白かったです。 法廷劇にしたのも 効果的でした。
徐々に明かされていく 真相・・・というのが。
悪魔の存在を信じていない私ですが 怖くなりました。
もしかしたら 存在するのかもしれません・・・。
【08.23】 URL // とんちゃん #mQop/nM. [編集] []
耕作さん、こんにちは。
いつもお世話になってます<(_ _)>

確かに、同じカーペンターさんですねw
ちなみに、このジェニファーは、主演のローラ・リニーとブロードウェイで競演したのがきっかけで、エミリー・ローズ役に推薦されたらしいですね(^・^)
それにしても、ローラもまさかジェニファーがここまで迫真の演技を披露するとは思ってなかったのではないでしょうかw
【08.23】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
ミチさん、こんにちは。
実際の悪魔祓いのテープ、残っているみたいですよ。
確か、メイキングか何かで監督自らが言ってました。
私も、聴いてみたいのですが、やはり怖いのは苦手ですし・・・(^^;)
>ホラーというよりもサスペンス法廷劇のようでしたね。
ですね~(^_^)
【08.23】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
猫姫小差現品限りさん、こんにちは。
いつもお世話になってます(^▽^)/

確かに、直後よりも時間をかけたり、再度見直すと、その映画の良さがより鮮明に解ったりする場合って多いですよね。
それにしても、あのジェニファーの顔、CGなしって凄過ぎですよねw
【08.23】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
もじゃさん、こんにちは。
いつもお世話になってます(^・^)

>それじゃお嫁に行けなくなっちゃうよといらぬ心配をしてしまうほどに。
確かにw
喧嘩の最中なんかに、あの顔で詰め寄られたら、迷わず逃げ出してしまいますよねw

【08.23】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
Lanceさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

実は、私、幼い頃キリスト教徒だったので、そういう喜びというのは理解できるんですよ。
ただ、この場合の殉教というか、悪魔付きについて、必ずしも殉教ではないのではないかと・・・
そもそも、聖母マリアを崇拝している事に疑問を感じてしまうんですよね(^^;)
話が脱線してしまいましたが、彼女に起こった事実を伝えようとし、それを陪審員含めてある程度理解したというところが、興味深かったですね。
【08.23】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
>ジェニファーの演技怖すぎですよぉ。:゚(。ノω\。)゚・。
まるで、本当に憑依されているみたいでしたよね(^^;)
あの演技、もっと評価されても良いのではないんでしょうか?
ただ、ホラーは演技力がなくてもできるとよく言われますし、意外に、他の人でもいけたのかも(^^;)

>実際のテープ、昔そっち系の番組で流してました。
あのテープ流れてたんですね~
知りませんでした。
それは是非、聴いてみたかったなぁ~
【08.23】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
とんちゃんさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

>悪魔の存在を信じていない私ですが 怖くなりました。
>もしかしたら 存在するのかもしれません・・・。
解ります。
そういう風に促すような巧みな作りでしたよね。
しかも、展開自体も、情報を小出しにしていくという王道な手法が、見事にマッチしていましたし。
【08.23】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
こんなものを目の前で見せられたら
多分信じてしまう派な私です

もともとこういう現象はあってもおかしくはない程度な感じにかまえてるので^^;

ただ、まったく予備知識なしでみて
あら、ただのホラーではなかったのねという感じ

確かに単なるホラーを求めた人
信じてない人には受付けがたい映画かも
【08.30】 URL // じゅりあん&まのん #GCA3nAmE [編集] []
じゅりあん&まのんさん、こんにちは。
個人的には、猜疑心が強いせいか、あまり信用しないのですが、個人的に大好きなキリスト教色の強い映画。
自分も、聖書を読んでいただけに、すごく面白く感じました。
おまけに、大好きな法廷映画だし。
かなり、評価も甘めになっちゃいましたw
【09.14】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
01 | 2017.03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。