アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】悪女
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+

(演技4/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽3/美術4/衣装4/配役3/魅力3/テンポ4/合計37)

『評論』
邦題が「悪女」ということで、どこまで悪い女なのか?それをリース・ウィザースプーンがどういう感じで演じているのか?というのが気になって観た作品です。
実際に、観てみて「悪女」というのとはちょっと違うのではないかと。
上流階級への憧れが強く、野心家ではあるのですが、きちんと人の心をもっている女性でしたし、ただ、自分の才能を利用して、自分を売り出したり、自らの美貌で男性を虜にしたりと、そういう様が噂となり、妬みや僻みという他者の不の感情が混じり悪名が知れ渡った為、「悪女」と言われるようになっていった訳で。
「悪女」というよりも、むしろ「悪女と呼ばれた女」という方が妥当な気がします。
ところで、このベッキーという女性がなぜ、こんなにも他人の目を引き、社交界で上り詰めることができたのでしょうか?
それは、当時の社交界において上流階級の人間というのは、世襲制が主な為、産まれた時より上流階級であり、努力だったり、自分を磨いたり、考えたりする必要がなかったんですよね。
その中で、自分の才能を知り、ずっと努力して磨き続けてきたベッキーというのは、新鮮な存在で、目を引くのは必至、しかも自分の才能を有意義に使うことで、短期間で上り詰めることができたという訳です。
ただ、最終的にはそれも長く続かず、没落してしまうのですが・・・
没落した後、富や名誉の無意味さなどを悟ったり、自分の愚かさに気づいたりするのであれば、良かったのですが、半ば自暴自棄となり、そのまま終わったのでは後味が悪いので、強引なハッピーエンドへの持っていく。これってアリなんでしょうか?
個人的には、なんか釈然としない終わり方でした。
結局、このベッキーという女性の本質は何も変わっていないのではないかと・・・ちょっと残念でした。
配役ですが、主演のリース・ウィザースプーンは良かったと思います。
美人というのは無理があるのですが、したたかに自分を売り込む様や巧みな表情など、このベッキーという女性に完璧になりきることが出来ていたと思います。
また、脇を固める各俳優陣達も良かったと思います。
ただ、登場人物やら設定が分かりづらい所は多々あったのですが・・・(^^;)
ちなみに、ベッキーの親友であるアミーリアに長年片想いする男性を演じたリス・アイファンズですが、個人的に「ノッティングヒルの恋人」のスパイク役の印象が強い為、違和感を感じてしまいました(^^;)
一番、人間味のある役だったのですが・・・汗

『内容』
時は19世紀初頭のイギリス、画家の父とオペラ歌手であるフランス人母との間に生まれたベッキー(リース・ウィザースプーン)は、自らの才能を駆使してロンドン社交界でのし上がっていく。

『配役』
ベッキー・シャープ/リース・ウィザースプーン
スタイン侯爵/ガブリエル・バーン
アミーリア・セドリー/ロモーラ・ガライ
ウィリアム・ドビン/リス・アイファンズ
ジョージ・オズボーン/ジョナサン・リス=マイヤーズ
ピット・クロウリー/ボブ・ホスキンス
マチルダ・クロウリー/アイリーン・アトキンス
ロードン・クロウリー/ジェームズ・ピュアフォイ
オズボーン/ジム・ブロードベント

『監督』  ミーラー・ナーイル

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


     
スポンサーサイト

2006.08.03 | 洋画 | COMMENT(6)
こんばんは。確かに「悪女」とはちょっと違う女性でしたね。
生きる時代がもっと後だったならば、違う形で名前が残せたように思います。リース・ウィザースプーンぼダンスは格好良かったです。
【08.03】 URL // yuki@レンタルだけど映画好き #- [編集] []
TB有難う御座いました♪
「悪女」ってのは違いましたよね^^;
ほんと、釈然としないまま終わってしまいワタクシ的にはあまり好きになれないタイプの作品でした(^^ゞ

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
【08.04】 URL // Aki. #msZFOyjE [編集] []
yukiさん、こんにちは。
>生きる時代がもっと後だったならば、違う形で名前が残せたように思います。
確かに。
機知に富んでいて野心家で、魅力的な女性だっただけに、残念ですね。
それにしても、リース・ウィザースプーン、気合いはいりまくりでしたねw
なのに、日本未公開&コケた作品・・・でも、「ウォーク・ザ・ライン」で成功したので良かったですがw
【08.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
Aki. さん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂き、ありがとうございました。
仰るように、ラストが・・・
あの強引な終わり方・・・なんででしょうかね?w

【08.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
どういう映画か判らぬまま見始め、最後までのめりこんで見ました。丁寧なつくりの作品であったと思います。ラストシーンも、彼女のいき方からして納得のいくものでありました。私の評価はAです。
【08.11】 URL // z.k #- [編集] []
z.kさん、こんにちは。
リースやスタッフの意気込みは感じられたのですが、個人的にはイマイチかなと・・・
展開にしてもオチにしても物足りなく感じちゃいました(;^_^A アセアセ・・・
【08.18】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
06 | 2017.07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。