アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ロード・オブ・ウォー
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
A-

(演技4/演出4/脚本4/撮影4/音響4/音楽3/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ4/合計40)

『評論』
実話に基づいた映画という前知識があったので、ある武器商人のアメリカンドリーム的な成功までの道筋と、そこからの転落を描いた単純な作品かと思っていました。
しかし、この映画を観終わって、単純にそういうエンターテイメント的な実話という話ではなく、銃について、平和について、アフリカ紛争について、国連について等、いろいろな事を考えさせられ、なおかつ、観ている我々に対しても、感じ方はそれぞれだと思いますが、訴えかけるメッセージ性のようなものを強く感じる作品だと思いました。
私が思うに、この映画で一番伝えたかった事は、オープニングとエンディングに集約されているのではないかと?
まず、オープニングで武器商人に扮するニコラス・ケイジが「今、世界には5億5千丁の銃がある。ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は・・・1人1丁の世界」という武器商人らしい印象的な言葉で映画は始まり、その直後のオープニングロールで、1つの銃弾が作られ、あらゆる人の手を介して、最終的に銃から発射、人を殺すところまでが描かれていました。
これが、秀逸でした。オープニングロールの限られた短い時間でこれだけの事を伝えられるのは流石ですね。しかも、シリアスな音楽ではなく、むしろコミカルな音楽がBGMとして使用されている為、余計に衝撃的で・・・
このオープニングロールだけでも観る価値はあるかと思います
また、エンディングにおいても、ニコラス・ケイジが黒幕であるアメリカを指し、自分は「悪」ではなく、「必要悪」であると訴えるシーン、真の武器ディーラーはアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国であり、それらは安全保障理事会を構成する常任理事国であるとの結論付けは、衝撃的でした。
結果、アメリカでの資金調達が困難となり、ハリウッド資金の入らない映画となった訳ですが、圧力や権力に屈せず、伝えたい主張を崩さなかった本作品に賛辞を贈りたいと思います。
現在の世界は、数カ国が世界の主導権を握り、国連という平和機構を作り、表向きは平和を唱えながら平和活動に従事している訳ですが、裏では、平和を唱えている国こそ、自らが暴利を貪る為に平和を崩す武器を売りさばく。この矛盾はアメリカだけにとどまらず、常任理事国、しいては、国連という存在にも派生する訳で、それらの善や正義とされる全てのものに疑問を投げかけていた気がします。非常に為になる映画でした。
ちなみに、主演は前述にもあるようにニコラス・ケイジ。彼のひょうひょうとした演技は、シニカルな本作品に非常にマッチしていた気がします。また、年代を追うごとに不自然なフサフサヘアから後退した短髪ヘアに変わっていく様も見ものですw
彼の妻役には、「アイ,ロボット」「リクルート」でもお馴染みのブリジット・モイナハン。役柄的に仕方がないとは思いますが、いまいち彼女の持つ味が出せていなくて、これなら別の俳優でも良かったのではないかと・・・ちょっと残念でした。
その他、共演のジャレッド・レトは好演していたと思いますが、イーサン・ホークはいま一歩といった感じでしょうか・・・

『内容』
実在の武器商人の証言を基に作られた衝撃作。
ウクライナ出身のユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、少年時代に家族と共にアメリカにわたりNYでレストランを営んでいた。今の環境と先のしれている生活に嫌気がさしていたユーリーだったが、偶然、偵察に行ったレストランで銃撃戦を目にし衝撃を受ける。そして自分の仕事は武器を捌くことだと確信する。

『配役』
ユーリー・オーロフ/ニコラス・ケイジ
エヴァ・フォンテーン/ブリジット・モイナハン
ウィタリー・オーロフ/ジャレッド・レト
シメオン・ワイス/イアン・ホルム
ジャック・バレンタイン/イーサン・ホーク

『監督』  アンドリュー・ニコル

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト

2006.07.28 | 洋画 | COMMENT(10)
GROOVE PEOPLEのYasutakaと申します。TBありがとうございました。
けっこう淡々とした雰囲気が、逆に衝撃的だったりしますよね。ニコラス・ケイジも「いかにも武器商人」というよりは「どこにでも居そうなサラリーマン」という感じだったし。自分の感覚には合ってました。個人的には「銃を減らす」よりも「銃を撃つ回数を減らす」「銃が必要になる状況を減らす」ほうに力を入れて欲しいと思ってます。
【07.28】 URL // Yasutaka #- [編集] []
TB有難うございました♪
私は 武器商人にしては あまりにも善人っぽい、ニコラスも いいけど 今回は 弟役が 上手かったように思いました^^

ブリジット・モイナハン、この方 もっと知的な役なら合うけど 美貌を売りにする役って どうなんでしょうね??^^;
イーサン・ホークも もうちょい暴れてほしかったです★


【07.28】 URL // とんちゃん #mQop/nM. [編集] []
こんばんは。TBサンクスです。戦争を武器商人という少し変わった視点から非常に興味深く見せてくれる映画でしたよね~。ガタカを見て以来アンドリュー・ニコル監督の大ファンなんですが、この作品を見て、やっぱり見せ方とか視点とかもイケテる監督だなーって思いました。

ニコラス・ケイジ、年代を追うごとに髪の毛のフサフサ具合変わってたんですね!あんまり記憶に残ってないやー。DVDでまたみようかな~。

ではまた~。
【07.29】 URL // goma #MHhrz4BY [編集] []
TBどうもです。

どうしても髪に目がいってしまうニコラス・ケイジ。
それだけでも笑っちゃうのに(失礼)
なんだかコメディ映画でナニワのアキンドのように
商人としては大成していくんだけど、
そのおもしろさのオブラートに包まれた内容は
めちゃくちゃコワイ話でとんでもないブツを扱ってて。

でもいまんところ、今年見た映画のベスト1なんですよ、
私の中では。
おもしろくてシニカルでとてもとても考えさせられた。
笑って楽しんだあとにゾーッとする映画なんて
はじめてでしたから。
【08.02】 URL // Ageha #- [編集] []
TB、感謝です♪
>これが、秀逸でした。オープニングロールの限られた短い時間でこれだけの事を伝えられるのは流石ですね。

あれは本当に良かったですね。
予告編はあれだけでも充分なくらい。(ちょっと勿体無いかな?)

>国連という存在にも派生する訳で、それらの善や正義とされる全てのものに疑問を投げかけていた気がします。

元々、「第二次大戦の戦勝国連合」ですからね。
信用の置けるもんじゃありません・・・。

>イーサン・ホークはいま一歩といった感じでしょうか・・・

見た目は彼の方が悪役ぽかったですね(苦笑)。

【08.05】 URL // カゴメ #- [編集] []
Yasutakaさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございます。
淡々としている中にも、メッセージ性があったり、おっしゃる様に、淡々としていたから更に衝撃的だったという部分はありましたよね。
ある意味、ホラー映画などよりも恐ろしくて、観終わった後に、かなりブルーになる内容には、やられました(^^;)
【08.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
とんちゃんさん、こんにちは。
仰る様にジャレッド・レトの演技、良かったですよね。
特に、憂いを帯びた表情なんて、最高だったと思います。
ブリジット・モイナハンについて、まったく同意です。あの役は、ちょっと無理があったような・・・
【08.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
gomaさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂き、ありがとうございました。
アンドリュー・ニコル、ガタカをはじめ、シモーヌ等でもそうでしたが、独特の雰囲気と観せ方をする監督ですよね。
次回作が楽しみですね。
【08.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
Agehaさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。
そうそう、ニコラス・ケイジ、まず頭に目がいってしまいますよねw
で、この映画、髪がフサフサなニコラス・ケイジから物語が始まるので、更に注目してしまいましたw
>おもしろくてシニカルでとてもとても考えさせられた。
>笑って楽しんだあとにゾーッとする映画なんて
まさに、仰るような映画でしたね。
しかも、後をひくんですよね・・・(^^;)
【08.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
カゴメさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

>元々、「第二次大戦の戦勝国連合」ですからね。
そうですよね。
ただ、それをどれだけ多くの人が理解しているものか・・・
むしろ、この映画を観る事で、たくさんの矛盾点に再び気付かされる部分も多いのではないかと・・・
【08.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
01 | 2017.03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。