アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【邦画】ホテルビーナス
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+
 (演技4演出2/脚本3/撮影3/音響4/音楽4/配役3/魅力2/テンポ3/合計28)

『評論』
「チョナン・カン」のスピンオフ企画の為、全編韓国語、日本語字幕という一風変わった邦画になっています。
はっきり言って、日本の俳優をつかって韓国語をしゃべらせる意味が個人的には理解できず、全編韓国語でやりたいのならば、草剛以外は、韓国の俳優を使っても良かったのでは?と思ったりもします。
まぁ、「チョナン・カン」がベースなので、日本人に韓国語を話させると言うことに意味があるのでしょうが・・・
いずれにしても、日本人俳優達が韓国語を使う様は、変な感じがしました(^^;)
またこの映画、「チョナン・カン」や「smaSTATION」などを手掛けるタカハタ秀太が初めてメガホンを握った作品である為、それらのテイストを十分に受け継いだ作品になっていると思います。
ストーリとしては、「ホテルビーナス」に滞在する人々の苦悩と過去、そして未来を描いている作品です。
人生に絶望し、生きていても死んでいてもどちらでもいいと思う草剛演じるチョナン。
患者を自分のミスで不自由にしてしまったと自分を責め続け逃げるドクター。そのドクターを愛しながらも責め続けるワイフ。
花屋を夢見るソーダ。強さの意味を履き違え殺し屋になりたがっているボウイ。
言葉を失い心を閉ざす娘サイ。無愛想なガイ。
そして、彼らの苦しみや悲しみ全てを理解するオーナーのビーナス。
彼らが、自らの苦しみや苦悩、過去を背負いながら足掻き続け、活路を見出していく様をそれぞれリンクさせながら絶妙にストーリは展開されます。
ただ、ちょっと感動させようと狙いすぎている部分があったり、観客それぞれの苦悩に語りかけるような部分があったりと観客に媚を売る感が多かったような気がします。
感動的な台詞にしても「人は自分の痛みには敏感だが、他人の痛みにはてんで鈍感だ」とか、「人生いろんな事があるさと言うが、いろんな事があるから、人は生きてるんだ」とか「背中が重い人ほど、高く飛べる」とか・・・確かに、良いことを言っているのですが、他の誰かが語った台詞等を引用し、継ぎはぎしているような感を強く受けるんですよね。
そこら辺が、ちょっと残念でした。
もう少し、気負わずに自然に作った方がより一層、名言に対する真実味だったり現実味が出たような気がします。
さて、この映画ですが、ほとんどのシーンで音楽があるのではないかというくらいに、音楽を多用しています。
ちょっと多用しすぎな気がしますが、使っている音楽はなかなか良くて、特に「DESPERADO」はそれ自体を聴くだけでも感動するのに、ああいうシーンと併せて使われるとグッとくるものがありました。

『内容』
深夜番組「チョナン・カン」のスピンオフ企画。
訳あってビーナスに流れ着いた滞在人達の物語。
3年前に人生に絶望したチョナンは、ビーナスカフェで働きながらホテルビーナスに滞在していた。
そんなある日、無愛想な父親と言葉を話さず心を閉ざす娘がホテルビーナスにやって来た。

『配役』
チョナン|クサナギツヨシ/草剛
ワイフ/中谷美紀
ドクター/香川照之
ビーナス/市村正親
ガイ/パク・ジョンウ
サイ/コ・ドヒ
ソーダ/チョ・ウンジ
ボウイ/イ・ジュンギ
恋人の父親/伊武雅刀
花屋の店長/松尾貴史
闇医者/勝村政信
刑事/田中要次
カフェの客/つんく♂
謎の旅人/香取慎吾

『監督』  タカハタ秀太

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


          
スポンサーサイト

2006.07.11 | 邦画 | COMMENT(0)












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
09 | 2017.10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。