アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】シン・シティ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
A
 (演技4/演出4/脚本4/撮影5/音響4/音楽3/配役5/魅力4/テンポ4/合計37)

『評論』
かなりの話題作で、アメリカでも評判がかなり良かったので期待していたのですが、期待に反することなくかなり面白かったです。
見所満載だったので、どうまとめていこうか考えているのですが、いつも以上に、支離滅裂な文章になったらごめんなさい(^^;)
それでは、まず、この映画は3つのエピソードに分かれています。
最初の話は、ミッキー・ローク、「ロード・オブ・ザ・リング」でお馴染みのイライジャ・ウッド、ベテランのルトガー・ハウアーが出演している「ハード・グッドバイ」
この話は、一夜を共にして惚れてしまった女の仇討ちの為に、巨大な組織に立ち向かい、本懐を遂げた後、処刑されるという話でした。
ミッキー・ロークが原作のアメコミ仕様に特殊メイクされていて、本人かどうか解りにくいのですが、目や表情でマーヴの怒りや悲しみ等を好演しています。また、イライジャ・ウッドもそれまでの作品とは打って違い、精神異常の殺人鬼を好演しています。
ルトガー・ハウアーは出番が少なすぎ(^^;)
2つ目の話は、「キング・アーサー」のクライヴ・オーウェン、「8mile」「サウンド・オブ・サイレンス」のブリタニー・マーフィ、「トラフィック」「誘拐犯」のベニチオ・デル・トロ、「ニュースの天才」のロザリオ・ドーソン、「グリーンマイル」のマイケル・クラーク・ダンカン、そして「ワイルドスピードX2」のデヴォン青木が出演している「ビッグ・ファット・キル」
この話は、恋人に付きまとう男ジャッキーの後をつけていたドワイトが、オールドタウンという娼婦達に自治権が与えられた場所で昔の恋人で現娼婦達のリーダであるゲイルに再会し、その場所で女に絡むジャッキーをゲイルの部下であるミホがオールドタウンのルールに従って殺害するのですが、そのジャッキーという男は刑事だった為に、自治権をめぐって抗争が起こるという話です。
この話の中で、今でも愛しているかつての恋人ゲイルが囚われの身になるのですが、ドワイトは自らの命をはり、見事に彼女を救い出します。
この話、主人公の心の葛藤やら不安やら焦りを文章にし、それをクライヴ・オーウェンが好演したお陰で、なかなか緊迫感のある仕上がりになっています。
なんか個人的に「ジョジョの奇妙な冒険」と被るんですよね(^^;)
緊迫感というか、クライヴ・オーウェンのスタイルというか・・・
3つ目の話は、ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ、「スピーシーズ」「キルビル」のマイケル・マドセン、「ターミネータ3」のニック・スタールによる「イエロー・バスタード」
この話は、ブルース・ウィリス演じるハーティガンがニック・スタール演じるロアーク上院議員の息子であるジュニアによって誘拐殺害された少女達の事件を追っている際に、ナンシーという少女を救出し、ジュニアを瀕死の状態にさせた為に、投獄され、刑期を終えた後、ナンシーのことが気になってナンシーに会いに行くと、ジュニアがハーティガンに対する復讐心からナンシーを誘拐。
そしてまた、ナンシーを命を賭けて救い出すという話です。
好きな女を守る為、命を賭けて救い出し、好きな女を守る為、命を捨てる・・・まさに男の美学ではないでしょうか?
これら3つの話は、全て姿形、思いは違えど女を愛する純粋な男が、命をかけて女を守るという話です。
まさに、男の為の映画と言っても過言ではないと思います。
そんなこの映画ですが、上記の通り配役も凄まじく、有名、ベテラン俳優を捨て駒の如く使うのも観ていて面白いんですよね。
ルトガー・ハウアー出番少なっとか、ジョシュ・ハートネット、最初と最後だけかよっとかw
また、映像的にも、モノクロをベースにして、一部をカラーリングしたり、血の色を、場面場面に応じて赤だったり白だったり黄色だったりと色をつけて・・・
R-15指定ということもあり、グロテスクな表現を含むシーンも満載なのですが、そういうカラーの演出で、綺麗に見えたり、またより一層残酷に見えたりと、個人的にかなり魅了されました。
ちなみに、皆さんご存知のように、この作品はフランク・ミラーのアメコミが元の為、それぞれに似せてキャラを作ったりしている訳ですが、個人的には、ある意味、文学小説のようであるとも感じました。
それぞれのエピソードにおいて、主人公やそれに準ずるキャラ達が自分の心境や状況をナレーションすることで、目を閉じても情景が目に浮かぶんですよね。
ある意味、ラジオドラマとしてもいけそうな位のナレーションだったので、映像がなくてもいけたような・・・
普通、主人公の感情や心情というものはナレーションではなく表情だったり台詞だったり声のトーンだったりで表現する訳ですが、ここまで事細かく文章化して説明されるというのは、逆に斬新に感じました。
さて、そんな「シン・シティ」ですが続編も作られるようで、ジョニー・デップやアンジェリーナ・ジョリーが出るみたいですよ。

『内容』
「ハード・グッドバイ」:一夜を共にした女性ゴールディ(ジェイミー・キング)に心酔したマーヴ(ミッキー・ローク)は、彼女を殺して自分を殺人犯に仕立て上げた犯人へ復讐する為に立ち上がる。

「ビッグ・ファット・キル」:新しい彼女につきまとう男を始末しようと決意したドワイト(クライヴ・オーウェン)は、オールドタウンをめぐる抗争に巻き込まれる。そしてそこで、昔の彼女と出会い、その彼女を助け出す為に命を賭ける。

「イエロー・バスタード」:上院議員の息子ロアーク・ジュニア(ニック・スタール)から少女ナンシー(マッケンジー・ヴェガ)を救ったハーティガン(ブルース・ウィリス)だったが、上院議員ロアーク(パワーズ・ブース)により無実の罪で監獄送りにされてしまう。投獄中のハーティガンを救ったのは8年間、毎週木曜日にやってくるナンシーからの手紙だった。
次第に、ナンシーに想いをよせるようになったハーティガンだったが、ある日を境にナンシーからの手紙が途絶えた。
心配になったハーティガンは、刑期を終えた後、ナンシーの家に向かうのだが・・・

『配役』
ハーティガン/ブルース・ウィリス
ナンシー/ジェシカ・アルバ
マーヴ/ミッキー・ローク
ドワイト/クライヴ・オーウェン
ロアーク・ジュニア|イエロー・バスタード/ニック・スタール
ロアーク上院議員/パワーズ・ブース
ロアーク枢機卿/ルトガー・ハウアー
ケビン/イライジャ・ウッド
ゲイル/ロザリオ・ドーソン
ジャッキー・ボーイ/ベニチオ・デル・トロ
ゴールディ|ウェンディ/ジェイミー・キング
ミホ/デヴォン青木
シェリー/ブリタニー・マーフィ
マヌート/マイケル・クラーク・ダンカン
ルシール/カーラ・グギノ
ベッキー/アレクシス・ブレーデル
ザ・マン/ジョシュ・ハートネット
ザ・カスタマー/マーリー・シェルトン
ボブ/マイケル・マドセン
リボウィッツ理事/ジュード・チコレッラ
ブライアン/トミー・フラナガン
クランプ/リック・ゴメス
ジューサー/デヴィッド・H・ヒッキー
スツーカ/ニッキー・カット
野郎No. 2/ケン・トーマス
野郎No. 3/クリス・ワーナー
ロニー/ジェイソン・マクドナルド
シュッツ/クラーク・ミドルトン
神父/フランク・ミラー
シュルッブ/ニック・オファーマン
スキニー・デュード/マルコ・ペレラ
殺し屋/ジェイソン・ダグラス
レニー|ベニー/スコット・ティーターズ
11歳のナンシー・キャラハン/マッケンジー・ヴェガ
マーフィ/アリ・ヴァーヴィーン
モリー/シェレル・マーフィ=ラモス
看護婦/キャサリン・ウィリス

『監督』  ロバート・ロドリゲス|フランク・ミラー|クエンティン・タランティーノ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


          
スポンサーサイト

2006.07.05 | 洋画 | COMMENT(12)
TB有難う御座いました♪
実はワタクシはちょっと苦手な作品でした(^^ゞ
映像とデヴォン青木はすっごく良かったんですけどね!

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
【07.06】 URL // Aki. #msZFOyjE [編集] []
>続編も作られるようで、ジョニー・デップやアンジェリーナ・ジョリーが出るみたいですよ。

本当ですか~!!!
デップファンとしてはすっごい嬉しい(^o^)
けど、今作にもましてグロくなってたらヤダなぁ…。
【07.06】 URL // 奈緒子と次郎 #- [編集] []
TBありがとうございました!
この前『インサイド・マン』を観てクライブ・オーウェンさんイイ役者ささんだなあ、としみじみ思いました。
『シン・シティ』を観たときはそれほど印象に残らなかったんだけどなあ・・・。
【07.06】 URL // Ken #- [編集] []
Aki.さん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。
Aki.さんは、苦手な作品でしたか。
ていうか、この作品、クセが強いと言うか個性的というか、好き嫌い解れそうですね~
ちなみに、うちのカミさんもあまり好きではないようでした(^^;)

デヴォン青木・・・確かにインパクトありましたね~
台詞はないのにw

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致しますm(_ _m)
【07.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
奈緒子と次郎さん、こんにちは。
なんか、出るらしいですよ。
聞くところによると、本作に出る予定だったのですが、他の映画と重なってしまった為、続編に出ることになったとか・・・
楽しみですね♪
【07.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
Kenさん、こんにちは。
クライブ・オーウェン・・・私は、「キング・アーサー」のイメージが強すぎて・・・(^^;)
ちなみに、「シン・シティ」吹き替えで観たのですが、クライブ・オーウェンの声をベテランの堀内賢雄氏が担当していた為か、私は印象に残りました。
この作品の中で、一番声があっていたと・・・(^^;)
【07.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
TBありがとうございました。
大声で好き!といえない映画のような気もしますが、
それでもやっぱりcoolで面白かったです。
続編も楽しみ!
アンジーというと「スカイ・キャプテン」みたいになるんでしょうか(笑)
【07.08】 URL // kino #01r4NFe2 [編集] []
こんばんは。TBさせていただきました。
すごい詳しい記事&TBの数ですね。
私的にはすごく面白いと思いました。
【07.09】 URL // 520 #- [編集] []
kinoさん、こんにちは。
確かに、coolで面白かったですね。
ただ、劇画チックというか暑苦しい部分も多々あったのですが、映像的になかなか洒落ていて、それがクールに感じたんでしょうかね?
続編のアンジー、どういう形ででるのか楽しみですよね~
恐らく、「スカイ・キャプテン」よりもインパクト大なのは間違い無いでしょうが・・・とにかく楽しみです♪
【07.11】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
520さん、こんにちは。
コメント&TBありがとうございます<(_ _)>

支離滅裂な文章で、書いている自分も途中からなにを書いているか解らなくなったのですが、こんな駄文にお付き合い頂きまして感謝感激雨霰です(^▽^;)
今後とも、よろしくお願いいたします♪
【07.11】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
TBさせていただきました。

あれだけのスターがこぞって出演するということは、監督の才能が認められているということなんでしょうね。
 
【08.06】 URL // タウム #- [編集] []
タウム さん、こんにちは。
TBありがとうございます。
そうですね。
続作も楽しみですよね♪
【08.07】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
05 | 2017.06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。