アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ニュースの天才
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B-
 (演技3/演出2/脚本2/撮影2/音響2/音楽2/配役2/魅力3/テンポ2/合計20)

『評論』
実際の捏造事件を元に製作された映画であることと、実際に記者の捏造事件って後を絶たない件なだけに、テーマとしてはすごく興味深いと思いました。
ただ、主人公であるヘイデン・クリステンセン演じるスティーブンが捏造記事を書くようになった過程や、彼の立場的なものや評価というものが曖昧に描かれている為、分かりにくいですし、テーマも曇っているように感じました。
また、主人公をとりまく出演者達についても、主人公との関係や主人公への思い、また主人公は彼らをどういう風に感じているかというのが観ている側にあまり伝わってこないんですよね。
そのせいで、映画自体に違和感がありまくりだったのも残念でした。
基本的に、この映画は、捏造記事を指摘されてから嘘を重ねていく展開がメインに扱われています。
ただ個人的に思うのは、それよりもむしろ、捏造記事を書くに至った経緯や心理描写、また嘘を重ねていく心理背景などを重点的に描いてくれた方が、もっと面白くなったのではないかということです。
展開次第では、もっと面白い作品になったかもしれないと思うんですよね・・・
そういう点においては非常に、勿体無いなと・・・
また共演者、特にケイトリンやアンディとの関係をもう少し詳細に描いて欲しかったです。
少なくともケイトリンはスティーブンにとって恋人なのか、友達以上恋人未満なのか、お姉さん的存在なのか、いまいち分かりませんでした(^^;)
さて、主演ですが、「スターウォーズEP2/EP3」のアナキン役としてもお馴染みのヘイデン・クリステンセンが主人公であるスティーブン・グラスを演じています。
最初、メガネをかけていて小柄でお宅っぽく見えたので分からなかったのですが、目が印象的で、見覚えのある目だったので、ずーっつ考えていたら、映画の途中でやっと気付きました。
それにしても、役者っていうのは、映画によって印象がガラッと変わりますよね~w

『内容』
実在の人物&捏造事件の事実を元に作成された映画。
頭脳明晰で周囲への気配りも抜群なエース記者であるスティーブン(ヘイデン・クリステンセン)が、自らへの期待とプレッシャーから捏造スクープ記事を書いてしまう。そして、その記事をネットマガジンの編集者が調査したところ、数々の矛盾点に気付いて・・・

『配役』
スティーブン・グラス/ヘイデン・クリステンセン
チャールズ・チャック・レーン/ピーター・サースガード
ケイトリン・アヴィー/クロエ・セヴィニー
アンディ・フォックス/ロザリオ・ドーソン
エミー・ブランド/メラニー・リンスキー
マイケル・ケリー/ハンク・アザリア
アダム・ペネンバーグ/スティーヴ・ザーン
マーティー・ペレツ/テッド・コッチェフ

『監督』  ビリー・レイ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


スポンサーサイト

2006.06.28 | 洋画 | COMMENT(6)
TBどうもです。

現代劇やってもダークサイドに落ちとるなと(!)
幾分くすくすもんで見てたんですが。
・・頭のよさも子供っぽさもなんだか今風で
事件としては大きなものだったのでしょうが
日本にもこんなタイプのひと、どこにでもいそうな気がしました。
そっちのほうがこわかったかな。

スティーブン・グラス本人のインタビューがレンタルのDVDにも
ついてて、
あのインタビューきいてるほうがなんかハラたってきましたよ。
美形な分だけヘイデンクリステンセンのほうが見れる(!!)というだけで
・・十分、彼本人はグラスを忠実に演じてる気がしました。
【06.28】 URL // Ageha #- [編集] []
トラありがとうございます^^

>ただ、主人公であるヘイデン・クリステンセン演じるスティーブンが捏造記事を書くようになった過程

私の憶測ですが
単に一人になりたくなかった目立ちたかったみたいな
気持ちの部分が大きすぎたように感じます
だから表現できなかったのかな?
せめて葛藤を描いてくれたらもっとおもしろかったかもしれませんね^^
【06.28】 URL // じゅりあん&まのん #GCA3nAmE [編集] []
こんにちは♪
TBありがとうございました!
捏造がばれそうになってもシラをきりとおす態度がむかつきましたね~。
ピーター・サースガードはこの映画を見て以来「何かをやってくれる人」という期待感をもたせてくれるようになりました。
昨年は彼の主演作が目白押しでした。
【06.28】 URL // ミチ #0eCMEFRs [編集] []
Agehaさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

>現代劇やってもダークサイドに落ちとるなと(!)
思わず、笑っちゃいましたw

スティーブン・グラス本人のインタビュー、私は見てないんですよ~
DVDについているというのは知っていたのですが、なんせスタチャンで観た映画なので(^^;)
ちょっと見てみたい気もしますが、Agehaさんのコメントを読んで、なんとなく分かったような(^^;)
【06.29】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
じゅりあん&まのんさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

>単に一人になりたくなかった目立ちたかったみたいな
>気持ちの部分が大きすぎたように感じます
確かに、そうだと思いますが、その心理描写だったり、背景というのをもっとしっかり描くことで、そういう気持ちというものは明確化されるのではないかと・・・
そういう面に物足りなさを感じました。
捏造記事を正当化する為に嘘を重ねていく展開のみの映画だったなと・・・(^^;)
【06.29】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
ミチさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございました。

>捏造がばれそうになってもシラをきりとおす態度がむかつきましたね~。
確かにw
しかも、クリステンセンのオドオドした演技がさらに拍車をかけww

>ピーター・サースガードはこの映画を見て以来「何かをやってくれる人」という期待感をもたせてくれるようになりました。
>昨年は彼の主演作が目白押しでした。
うっ!私、フライトプランもジャーヘッドもまだ観てなかったりするんですよね(;^_^A アセアセ・・・
【06.29】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
03 | 2017.04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。