アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ドミノ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B
 (演技3/演出2/脚本3/撮影3/音響3/音楽3/配役3/魅力2/テンポ3/合計25)

『評論』
単純に、キーラ・ナイトレイ主演のアクション映画ということで観ました(^^;)
キーラが演じたのは、実在の女賞金稼ぎドミノ・ハーヴェイ。
彼女は、この映画公開直前に自宅で謎の死を遂げたらしいのですが、この作品では、このドミノの半生を綴っています。
ただ、脚色しすぎた部分が多すぎた点、その脚色が酷かった点から、実在の人物をモデルにしたものであるにも関わらず、逆にリアリティが欠落してしまったのは非常に残念でした。
単純な娯楽映画ではなく、多少のドキュメンタリ性を入れた方が、面白かったような気が個人的にはします。
また、映像的にもちょっと格好つけているというか、狙っている気がするような感じのものなのですが、個人的にはあの手の映像演出ってあまり好きじゃないんですよね(^^;)
まぁ、トータル的に観たとき、そこまで酷い作品だとは思いませんでしたし、適度に面白かったと思います。
ミッキー・ロークなど渋い脇役のお陰で、キーラも好演できていましたし。
ちなみに、この作品中では、「ビバリーヒルズ高校白書」ネタが多く、挙句の果てには、スティーブ役のアイアン・ジーリングとデビット役のブライアン・オースチン・グリーンまで本人役で登場していますw
一層のこと、ジェイソン・プリーストリーとかも出して欲しかったのですが(こういうの好きそうだしw)・・・
ビバヒル好きには、たまらないかもw
さてさて、この作品の吹替えについてですが、主人公のキーラの声を担当しているのは、眞鍋かをり嬢らしいです。
この作品を観ている際、何か聞いた声だなぁとは思い、恐らく坂上香織あたりが声を担当しているのかと思っていたのですが、びっくりでした。
その後、声を聞いて確認していないので何とも言えないのですが、なかなか上手かったのではないかと思います。
少なくとも「最後の恋のはじめ方」の瀬戸朝香とは月とスッポンですねw
ちなみに、ビバヒルコンビの2人ですが、アイアン・ジーリングはお馴染みの堀内賢雄が、ブライアンはちょっと聞き取り難かったのですが、多分佐々木望が担当していたと思います。
最後に、この映画でキーラ・ナイトレイ、脱いじゃっています

『内容』
実在の女賞金稼ぎドミノ・ハーヴェイをモデルにした作品。
有名俳優の娘として生まれ、何不自由の無い生活を送ってきたドミノ(キーラ・ナイトレイ)。
彼女は、ビバリーヒルズに住み、モデルになるのだが、自分の居場所を見つけることが出来ず、賞金稼ぎになることを選ぶ。
信頼できる仲間に巡り合い、スリルと興奮を味わいながら、自分の居場所を見つけたドミノだが、ある事件に巻き込まれ・・・

『配役』
キーラ・ナイトレイ
ミッキー・ローク
エドガー・ラミレス
デルロイ・リンドー
アイアン・ジーリング
ブライアン・オースチン・グリーン
ダブニー・コールマン
ルーシー・リュー
ジャクリーン・ビセット
クリストファー・ウォーケン
ミーナ・スヴァーリ

『監督』  トニー・スコット

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


          
スポンサーサイト

2006.06.07 | 洋画 | COMMENT(4)
トラさせていただきます!

>この作品中では、「ビバリーヒルズ高校白書」ネタが多く、ビバヒル好きには、たまらないかもw


すいませ~ん
もうほとんどこの部分しか印象に残ってない?というか釘杖k状態でした(笑)

>実在の人物をモデルにしたものであるにも関わらず、逆にリアリティが欠落してしまったのは非常に残念でした。

確かに悪くはない作品だけど
完全にフィクションとしてみてました
もう少しドキュメンタリーちっくにしてあってもよかったかもです
【06.08】 URL // じゅりあん&まのん #GCA3nAmE [編集] []
例えば『魔界転生』とか『荒野の決闘』のように実在の人物を主人公にしたフィクション、として今作を楽しみました。
冒頭で「これは事実である」と字幕出してすぐに「おおむね」って付け足してるんですから、こりゃ実話じゃねーな、って思ってあげなくちゃ(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
【06.09】 URL // にら #lcbXb0/Q [編集] []
じゅりあん&まのんさん、こんにちは。
そうなんですよね。
もちろん、私もフィクションものとして鑑賞はしているのですが、やはり、もう少し、ドキュメンタリ性を入れてほしかったと・・・そうすれば、リアルな作品になったのではないでしょうか?
でも、ビバヒルネタ三昧・・・個人的には、かなり嬉しかったです♪
【06.12】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
にらさん、こんにちは。
いえいえ、もちろん、フィクションとして観てますよ~w
ただ、ドキュメンタリ性をいれることで、リアリティのある作品になったのではないか?と言っているだけで。
せっかく、公開直前まで生きていた人間&現在の設定なんだし、勿体無いなと感じただけですよ。
【06.12】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
04 | 2017.05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。