アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】イン・ハー・シューズ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
A-
 (演技4/演出4/脚本5/撮影3/音響3/音楽4/配役4/魅力5/テンポ3/合計35)

『評論』
面白かったですし、良い映画だと思いました。
正直、感動させようとする面倒で、薀蓄くさい映画かと思っていたのですが、対比する姉妹に焦点をあてながら、いろんな人に当てはまるコンプレックスや悩み、自分の存在というものを自然に描けていたと思います。
物語の前半は、姉妹のキャラクター付けや設定付けの為、面白くないというか、あまりのめり込めなかったのですが、物語中盤から、ある事件を境に、姉妹が離れてそれぞれ自分を見つめなおし、変わっていく展開に、引きこまれました。
また、祖母と父との確執、母の死の謎、隠された真実・・・それらがリンクして、姉妹の物語に留まらず、家族全体の物語に発展しつつ、それが自然と描かれている様は、素晴らしかったと思います。
それにしても、この姉妹の関係は絶妙でした。
姉は、頭脳明晰で弁護士というキャリアで、完全な優等生タイプですが、ルックスに対してコンプレックスを持ち、妹は、ルックスに自信があり、周りの男からはチヤホヤされるが、学習障害というコンプレックスを持っています。
お互いがお互いに対して、優越感や劣等感を持ちながらも、姉妹と親友という深い絆で結ばれているというのが、本当に自然に感じました。
姉は、問題児の妹を疎みながらも愛し、過去から現在に至るまで、常に気にかけて守り続けています。妹は、姉に劣等感を感じながらも、姉を誰よりも信頼し、頼り続けています。
兄弟、姉妹を持っている人ならば、誰もが共感する感情ではないでしょうか?
誰しも、コンプレックスというものは持っている訳で、そのコンプレックスに対して、大抵向き合うことってできないのですが、この物語中では、ふとした事から、自分のコンプレックスに向き合い、自分を知ることで、新たなる自分を発見でき、前に進める様が垣間見れました。
特に、妹であるマギーの変化が大きく扱われているのですが、そのマギーに変化を与えた、祖母エラ、そしてマギーをとりまく老人ホームの老人達、そして、マギーに自信を与えた教授。全てが暖かくて、心地良かったです。
たまに、毒を吐いているお婆さん達にも笑えたし・・・(^^;)
配役としては、姉を演じたトニ・コレットは、、「シックスセンス」でアカデミー助演女優賞にノミネートされた演技派女優。
祖母役は、アカデミー主演女優である、言わずと知れたシャーリー・マクレーン。
なんか、この役では加藤治子と印象が被ってしまいました(;^_^A アセアセ・・・
そして、妹役であるキャメロン・ディアス。彼女のルックスだけのお馬鹿さんという役は、まさにはまり役ですね(^^;)
ただ、もう年なんだし、そんなに露出しないで欲しいのですが・・・観ていて悲しくなります(;^_^A アセアセ・・・
吹替えとしては、キャメロンの声は、朴 ?美(ぱく ろみ)。「鋼の錬金術師」のエドの声役で有名ですよね。最近では、「NANA」の大崎ナナの声を担当していますが、違和感はなかったです。
トニ・コレットの声は、坪井 木の実(つぼい このみ)。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアルウェンの声優です。

『内容』
頭脳明晰で弁護士だが、自分のルックスにコンプレックスを持つ姉ローズ(トニ・コレット)、ルックスには自信があるが、学習障害に対してコンプレックスを持つマギー(キャメロン・ディアス)、互いの長短所に対して、優越感と劣等感をもっている姉妹だが、それでもなお、愛し合い深い絆で結ばれていた。
しかし、ある事件を気に、二人は離れ離れになることに。
マギーは、音信不通になっていた祖母の下、ローズは、弁護士を休業し犬の散歩業の下で自分を見つめなおす・・・

『配役』
マギー・フェラー/キャメロン・ディアス
ローズ・フェラー/トニ・コレット
エラ・ハーシュ/シャーリー・マクレーン
サイモン・スタイン/マーク・フォイアスタイン
エイミー/ブルック・スミス
ソフィールド/ノーマン・ロイド
ジム・ダンバース/リチャード・バージ
グラント/エリック・バルフォー
トッド/アンソン・マウント

『監督』  カーティス・ハンソン

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


          
スポンサーサイト

2006.05.25 | 洋画 | COMMENT(6)
こんばんは。TBありがとうございました。
私もこの映画、想像以上によくて、泣けてしまいました。
脇役の人々(ホームのお年寄りたち、彼氏など)も
きちんと描かれているところがよかったですね。
キャミーもぴったり!
【05.31】 URL // kino #01r4NFe2 [編集] []
kinoさん、こんにちは。
コメント&TBさせて頂きありがとうございます。
>私もこの映画、想像以上によくて、泣けてしまいました。
解ります。
かく言う私も泣いちゃいましたw
良い映画でしたよね~
【06.05】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
こちらにもTBありがとうございました!
新サイトの方からお返しさせていただきました
今後ともよろしくお願い致します!
【06.22】 URL // さわっこ #- [編集] []
さわっこさん、こんにちは。
新サイトからのTB感謝です<(_ _)>
今後の発展お祈り申し上げます~ヽ(=´▽`=)ノ
【06.26】 URL // hasway #qbIq4rIg [編集] []
TBさせていただきました^^

この作品、とても良かったです~
私も2人姉妹ですし、とても共感できました。
この二人ほど対照的ではないので、この映画のようにはならないですけど^^;
エマと教授との出会いが一番大きかったと思いますね。
マギーに、自分を大切にすることを教えてくれた人たちですから。
【08.29】 URL // いまのまい #qxFpY3HE [編集] []
このコメントは管理者の承認待ちです
【10.12】 // # [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
04 | 2017.05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。