アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】オーシャン・オブ・ファイヤー
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+

(演技3/演出3/脚本3/撮影2/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ3/合計32)

『評論』
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアラゴルン役でブレイクしたヴィゴ・モーテンセンを主役にしておけば、そこそこ売れるだろうという感じの映画だと思って、今まで敬遠していました(^^;)
ただ、家にDVDはあって、ちょっと前にようやく鑑賞したのですが、個人的には、けっこう面白かったです。
内容としては、白人とアメリカ原住民の混血であるヴィゴ・モーテンセン演じるフランクは、己の出生を恥じる気持ちをどこかに持っていて混血であるという事を隠しています。
また、それを他人に悟られない為に他人との関わりを避け、自分と似た立場にある雑種のムスタング(馬)であるヒダルゴと共にレースに明け暮れる毎日を過ごしつつ、オフの時間は手紙の配達人として過ごしています。そんなある日、自分の出した手紙がきっかけとなりアメリカ原住民のある民族が白人達の手にかけられてしまい、その事にショックを受けたフランクは酒びたりになり、見世物小屋で働く日々を過ごすようになります。
そして、馬レースで最強という見世物に対して腹をたてたアラブ民族から死のレースと呼び名の高い「オーシャン・オブ・ファイヤー」に招待されます。
レースを完走し、自らの誇りを勝ち得ることができるのか?というような内容です。
レース自体、ちょっと強引な展開、お粗末な妨害など、突っ込みどころは幾らかあるのですが、人馬一体というか、馬と人間の友情を軸に、差別や偏見を打ち負かす様、自ら誇りを持つ事の尊さ等、数々のテーマを軸に物語が進行していくのであまり気になりませんし、特にテーマをもたない同様の映画とは違い、一本筋が通っているというか、ストーリーの方向性がきちんとしている為に、観易い作品だったと思います。
途中、物語を盛り上げようと、無意味な誘拐事件等が発生しますし、ヒロインにあたるジャジーラの使い方が弱かった点もありますが、ラストを含め総合的に観ると、そこそこ面白いのではないかと思います。
また、この話が事実を元に作られているというのもポイントが高いのではないかと(^^;)
ちなみに、レース最後の直線は白熱したものがあったのですが、レース中盤は、テンポが淡々としていたというか、対して見所もなかったので、もう少し、その辺りに盛り上げるような演出が欲しかったと個人的には感じました。
主演のヴィゴ・モーテンセンについては、彼の出世作となった「ロード・オブ・ザ・リング」とは異なり影や苦悩の伴った本作の方が人間らしさという点においては、なかなか味がでていて良かったと思います。
ちなみに彼の最新作である「ヒストリー・オブ・バイオレンス」・・・観たいと思うのですが、なかなか機会がなくてまだ観ていません(^^;)
ボチボチ、観てみようかと(;^_^A アセアセ・・・

『内容』
白人とアメリカ原住民の混血であるフランク(ヴィゴ・モーテンセン)とその愛馬ヒダルゴは、アラブの死のレース「オーシャン・オブ・ファイヤ」に参加する事になった。
暑さと渇きに加えて罠や陰謀の渦巻くこのレースを無事に終えることができるのか・・・

『配役』
フランク・ホプキンス/ヴィゴ・モーテンセン
シーク・リヤド/オマー・シャリフ
ジャジーラ/ズレイカ・ロビンソン
ビン・アル・リーン王子/サイード・タグマウイ
バッファロー・ビル・コーディ/J・K・シモンズ
プレストン・ウェブ/C・トーマス・ハウエル
ファースト・ソルジャー/クリス・オーウェン
ダヴェンポート少佐/マルコム・マクドウェル

『監督』  ジョー・ジョンストン

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト
2006.11.22 | 洋画 | COMMENT(2)
【洋画】アップタウン・ガールズ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B

(演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ4/合計31)

『評論』
この手のコメディ&心温まる系の映画としては、及第点をあげられる映画だと思います。
良く言えば、安心してみられる映画で、悪く言えば、ありきたりな何の変哲もない映画といったところでしょうか?
内容としては、親の遺産で働きもせずに毎日遊びまわっていたお馬鹿な女モリー(ブリタニー・マーフィ)が、財産を管理していた代理人に財産を持ち逃げされ無一文になってしまい、止む無く働く事に。
何をやってもうまく行かず、友人のコネでレイ(ダコタ・ファニング)の子守という仕事に着くのですが、心を完全に閉ざし大人ぶるレイに手を焼いてしまうというものです。
体は大人でも精神年齢が子供で馬鹿なことばかりを繰り返すブリタニー・マーフィと、体は子供でも、寝たきりの父親、仕事第一の母親のせいで心を大人に近づけるしかなかったダコタ・ファニング。正反対の二人を対比させながら徐々に、お互いが打ち解け本来のあるべき姿へと回帰させていく展開は、なかなか目を見張るものがあります。
また、レイの立場に昔の自分の姿を投影させ共感していくモリーの心境だったり、ある意味、父親の死後、成長の止まってしまっているモリーがレイを励まし、思いやる事で自分の成長を促す様というのが、自然に描かれていたと思います。
93分という短い時間だけに、些か説明不足な点や二人が仲良くなるエピソードを丁寧に描けなかったという点はありますが、そこはお互いの演技力でカバーしているせいか、さほど気にならず、逆にテンポ良く観ることができるのは良かったと思います。
こういう系統の映画が好きな方なら、十分に納得できる作品だと思います。
さて、本作を語る上で欠かす事ができないのは、主演のブリタニーとダコタちゃんの演技ではないでしょうか?
彼女達の演技とコンビネーションがなかったら、及第点をあげられる出来にはならなかったのではないかと思います。
ダコタちゃんは、流石天才子役と呼ばれるだけの事はあり、大人びているのに、子供っぽさを要所要所に漂わせる本役を見事に好演していました。
またそれに加えて、両親に対する諦めや期待、また寂しさなど微妙な感情も上手く表現していたと思います。
ブリタニーもこういう馬鹿っぽくて天真爛漫な役をやらせると上手いですよね。
ただ、以前本作を観た際は感じなかったのですが、改めて観直すとブリタニーがいじわるっぽいというか、目が冷たいというか、どうしても役になりきれていなかったような気がするのも事実です。
単純に老けたからなのか、それとも個人的に色眼鏡で彼女を観てしまっているのか定かではありませんが、ちょっと残念でした(^^;)

『内容』
父親がロック歌手で、父の遺産で自由奔放に生活していたモリー(ブリタニー・マーフィ)だったが、財産を管理していた会計士に騙され無一文に。
止む無く働く事になったモリーは、友人のコネでひねくれた子供レイ(ダコタ・ファニング)の子守をすることに・・・

『配役』
モリー/ブリタニー・マーフィ
レイ/ダコタ・ファニング
イングリッド/マーリー・シェルトン
ヒューイ/ドナルド・アデオサン・フェイソン
ニール/ジェシー・スペンサー
ローマ/ヘザー・ロックリア
セレブ/カーメン・エレクトラ

『監督』  ボアズ・イェーキン

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
2006.11.22 | 洋画 | COMMENT(6)
国内興行収入トップ10(2006年11月21日付)
11月21日発表国内興行収入トップ10eiga.com

1(1) デスノート/the Last name

配給:ワーナー
上映週:3
監督:金子修介
出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史
内容:「デスノート」後編。最後にデスノートに書かれる人物は。


2(初) プラダを着た悪魔

配給:フォックス
上映週:1
監督:デヴィッド・フランケル
出演:アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアー、トレイシー・トムズ、サイモン・ベイカー
内容:大学を卒業したアンディ(アン・ハサウェイ)は、一流ファッション誌「RUNWAY」の編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントに。しかし、彼女はその業界では誰もが恐れるカリスマだった。


3(初) トゥモロー・ワールド

配給:東宝東和
上映週:1
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、パム・フェリス
内容:人類に子供が誕生しなくなって18年。将来への希望を失った世界は秩序を失っていた。そんなある日、官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は、元妻ジュリアン(ジュリアン・ムーア)らに拉致されてしまう。


4(4) 父親たちの星条旗

配給:ワーナー
上映週:3
監督:クリント・イーストウッド
出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドブオード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル
内容:第二次世界大戦、硫黄島戦をアメリカ側の視点から描いた作品。


5(初) ソウ3

配給:アスミック
上映週:1
監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファデン、ダイナ・メイヤー
内容:女刑事ケリー(ダイナ・メイヤー)が何者かに拉致され気が付くと、地下室に監禁されていた。


6(2) 木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ

配給:アスミック
上映週:3
監督:金子文紀
出演:岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、阿部サダヲ、山口智充
内容:「木更津キャッツアイ」完結編。ぶっさん(岡田准一)の死から3年後の話。


7(3) 手紙

配給:ギャガ
上映週:2
監督:生野滋朗
出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ
内容:兄(玉山鉄二)が弟(山田孝之)の学費欲しさに盗みに入った家で誤って人を殺してしまう。


8(初) 椿山課長の七日間

配給:松竹
上映週:1
監督:河野圭太
出演:西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見、市毛良枝、桂小金治
内容:浅田次郎原作、「子ぎつねヘレン」の河野圭太監督作品。脳溢血のために死んだ椿山課長(西田敏行)は、現世への未練から3日間だけ現世に戻ることを許される。しかし、姿を美女に変えられて・・・


9(5) ただ、君を愛してる

配給:東映
上映週:3
監督:新城毅彦
出演:玉木宏、宮崎あおい、黒木メイサ、小出恵介、上原美佐、青木崇高、大西麻恵
内容:恋をしてはいけない運命なのに恋をしてしまった一途な恋の物語。


10(7) The Departed「7月24日通りのクリスマス」

配給:東宝
上映週:2
監督:村上正典
出演:中谷美紀、大沢たかお、佐藤隆太、上野樹里、阿部力、劇団ひとり、川原亜矢子
内容:長崎を舞台に、妄想がちで冴えない普通の女の子が憧れの先輩と再会。クリスマスへ向けて恋は加速するのか?

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。

全米興行収入トップ10(2006年11月21日付)
11月21日発表全米興行収入トップ10eiga.com

1(初) Happy Feet「ハッピーフィート」

配給:Warner Bros.(ワーナー)
上映館数:3804
上映週:1
週末興収($):41,533,432
累計興収($):41,533,432
監督:ジョージ・ミラー
出演:イライジャ・ウッド、ブリタニー・マーフィ、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ヒューゴ・ウィーヴィング、ロビン・ウィリアムズ
内容:「ベイブ」製作/脚本、「ベイブ/都会へ行く」監督/製作/脚本を手がけたジョージ・ミラーが贈る最新ムービー。
南極で暮らす皇帝ペンギン達をメインに歌とダンスでおくるアドベンチャームービー。合言葉は「心の歌」。


2(初) Casino Royale「007/カジノ・ロワイヤル」

配給: Columbia/MGM(ソニー)
上映館数:3434
上映週:1
週末興収($):40,833,156
累計興収($):40,833,156
監督:マーティン・キャンベル
出演:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジュディ・デンチ 、ジャンカルロ・ジャンニーニ
内容:「007」通算21作目。ピアーズ・ブロスナンに代わり今作よりダニエル・クレイグが第6代目ボンドとして登場。
若きジェームズ・ボンドの過酷なミッションとプラトニックな恋を描く。


3(1) Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan

配給:20th Century Fox(フォックス)
上映館数:2611(2566)
上映週:3
週末興収($):14,602,874(28,269,900)
累計興収($):90,757,366
出演:サシャ・バロン・コーエン
内容:アメリカに旋風を巻き起こしたカザフスタン人ボラット(サシャ・バロン・コーエン)が繰り広げるインタビュー形式のコメディ映画


4(2) The Santa Clause 3: The Escape Clause

配給:Walt Disney
上映館数:3359(3458)
上映週:3
週末興収($):8,302,661(16,927,004)
累計興収($):51,704,119
監督:マイケル・レムベック
出演:ティム・アレン、マーティン・ショート、エリザベス・ミッチェル、アン=マーグレット、アラン・アーキン、ボブ・バーゲン、スペンサー・ブレスリン
内容:ディズニーがおくるサンタクローズ3作目。


5(4) Stranger Than Fiction

配給:Columbia
上映館数:2270(2264)
上映週:2
週末興収($):6,605,197(13,411,093)
累計興収($):22,905,344
監督:マーク・フォスター
出演:ウィル・フェレル、マギー・ギレンホール、ダスティン・ホフマン、クィーン・ラティファ、エマ・トンプソン、トニー・ヘイル、クリスティン・チェノウェス
内容:連載されている小説と全く同じ人生を送っている事に気付いた税務員の物語。


6(3) Flushed Away「マウス・タウン/ロディとリタの大冒険」

配給:DreamWorks/Aardman(アスミック)
上映館数:3307(3707)
上映週:3
週末興収($):6,596,962(16,606,526)
累計興収($):48,588,533 
監督:デイヴィッド・バワーズ/サム・フェル
声の出演:ヒュー・ジャックマン、ケイト・ウィンスレット、イアン・マッケラン、アンディ・サーキス、ビル・ナイ、ジャン・レノ
内容:お金持ちのペットのネズミであるロディ宅に邪魔者のネズミシドが現れ、ロディは追い出されてしまう。


7(5) Saw III「ソウ3」

配給:Lions Gate/Twisted(アスミック)
上映館数:1942(3013)
上映週:4
週末興収($):2,916,062(6,984,377)
累計興収($):74,968,353
監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファデン、ダイナ・メイヤー
内容:女刑事ケリー(ダイナ・メイヤー)が何者かに拉致され気が付くと、地下室に監禁されていた。


8(6) Babel「バベル」

配給:Paramount Vantage(ギャガ)
上映館数:1251(1251)
上映週:4
週末興収($):2,904,642(5,558,095)
累計興収($):12,016,104
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司
内容:アメリカ、メキシコ、モロッコ、日本で偶発的に起こる事件。そしてそれらは密接に関係していた。


9(7) The Departed「ディパーテッド」

配給:Warner Bros.(ワーナー)
上映館数:1611(2210)
上映週:7
週末興収($):2,585,402(5,164,480)
累計興収($):113,841,430
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、マッド・デイモン
内容:「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイク作品。警察に潜入したギャングとギャングに潜入した刑事の物語。


10(初) 8 FILMS TO DIE FOR

配給:After Dark
上映館数:488
上映週:1
週末興収($):2,310,680
累計興収($):2,310,680  
内容:全米35都市約500館で8作品が公開された3日間限りのホラー映画フェスティバル


現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。

| BLOG TOP |
CALENDER
10 | 2006.11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。