アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ランド・オブ・プレンティ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+

(演技4/演出4/脚本4/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計37)

『評論』
「ブロークバック・マウンテン」を観てミシェル・ウィリアムズに興味がわき、本作をずっと観たいと思って探していたのですが、なかなか見つかりませんでした。
諦めかけていた時、WOWOWでの放送。迷わず鑑賞しました(;^_^A アセアセ・・・
そういう訳で、ストーリー云々よりもミシェル・ウィリアムズ重視でミーハー的な感覚で本作を観始めたのですが、本作に秘められているメッセージ性に圧倒される結果になりました。
本作を観て個人的に一番感じたのが、アメリカそのものです。ミシェル・ウィリアムズ演じるラナ。そしてラナの伯父であるジョン・ディール演じるポール。
この二人が軸になって物語が進行していく訳ですが、ポールこそが今のアメリカの象徴であり、ラナこそがアメリカの善良な市民の姿であり、これから有るべきアメリカの象徴であり、世界平和の象徴を示唆していたのではないでしょうか?
そしてこの二人を対比させながら進行させていく様は非常に興味深く、アメリカという国が抱える問題だったり、矛盾だったり、弱さだったりを巧みに表現していたのではないかと思います。
さてポールは、ベトナム戦争の際、枯葉剤により病気になり、9.11テロをきっかけに、アラブ人=テロリストとして街で見かけるアラブ人を尾行し調査します。
そしてハッサンというアラブ人に目をつけ、彼が爆弾や化学兵器を作っていると疑うのですが、ハッサンが何者かに殺害されてしまいます。
その後、その事件とも絡め、証拠をつかもうと調査しアジトらしきものを発見し潜入するのですが、結局は全て自分の妄想、偏見、見当違いであることを知り愕然となります。
この姿って、まさしく今のアメリカなのではないでしょうか?
ベトナム戦争で病んでしまったアメリカという国家。そして、9.11テロ後、大量破壊兵器保有という大義のもとにイラク戦争を始めたものの兵器は見つからなかった。
この現実を解りやすくする為に人物に置き換えて風刺していたのではないかと思います。
ちなみに、アジトと思って潜入した家には寝たきりの老婆がいて、TVのリモコンが効かないと訴えるのですが、その時にTVに映っているのはブッシュであり、イラク戦争における演説をしています。そして、そのTVをポールが叩いた拍子にコメディ番組に切り替わる。
なかなか上手い演出ではないかと思ってしまいました(^^;)
さて、ラナの方ですが、彼女はポールの妹の娘でアメリカで生まれアフリカと中東で育ち、宣教師の両親に育てられた為か、絵に描いたような純粋な人物です。自分がこの世に生まれたこと、アメリカに帰国した事など全てを神に感謝し、他人の為に祈るようなそんな性格なんですよ。
そして、死んだ母から伯父への手紙を託されているのですが、その手紙の中で「ラナは私やお兄さんの良い部分の表れ」というくだりがあるのですが、ポールを現在のアメリカの象徴であるとみなすならば、ラナはアメリカの良い部分であり、9.11テロの復讐での死者を望んでいない点、異なる人種に対して偏見を持っていない点、世界の平和を願う点から、更に今のアメリカが向かうべき姿を象徴しているのではないかと感じました。
メッセージ性の強い本作だけに、観る人によって解釈や受け取り方は違うとは思いますが、人が人である意味、愛、未来の有り方等、いろいろと考えさせられる映画だと思いました。
主演のミシェル・ウィリアムズも彼女をイメージして作られた役だけに、まさにはまり役といった感じでしたし、ジョン・ディールも苦悩し模索する姿を好演していたと思います。

『内容』
アメリカ生まれでアフリカ、中東で成長したラナ(ミシェル・ウィリアムズ)は、10年ぶりにアメリカに帰国する事になった。
そして、死んだ母からの手紙を伯父であるポール(ジョン・ディール)に渡すという使命もあり・・・

『配役』
ラナ/ミシェル・ウィリアムズ
ポール/ジョン・ディール
ジミー/リチャード・エドソン
ヘンリー/ウェンデル・ピアース
シャーマン/バート・ヤング

『監督』  ヴィム・ヴェンダース

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





     
スポンサーサイト
2006.11.16 | 洋画 | COMMENT(10)
【洋画】ディープ・ブルー
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B

(演技3/演出3/脚本2/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計30)

『評論』
サメ映画と聞かれたらほとんどの人が「ジョーズ」と答えると思いますが、「ジョーズ」の次に答える率が高いのが本作ではないでしょうか?
それくらい有名ですし、出来もなかなか良かったと思います。ただ、やはり「ジョーズ」と肩を並べるには程遠いですよね(^^;)
同じサメをメインにした映画でも、「ジョーズ」の方はじわりじわりと忍び寄る恐怖があり、どちらかというとジャパニーズホラーのような精神的な恐怖が主で、本作の方は、突然ビックリさせる瞬発的な恐怖が主。
故に、比較すべきではないとは思いますが、やはりサメ映画だけにどうしても比較してしちゃうんですよね(^^;)
そして、やはり深みのある「ジョーズ」の方が面白いと思ってしまう(;^_^A アセアセ・・・
さて本作ですが、内容はB級映画らしく、痴呆症の特効薬を開発する為にサメを使い、サメの脳を巨大化させることで知能を与えてしまい、サメが人間に牙を剥くというチープなものです(^^;)
でも、見せ方が上手かったのか演出が優れていたのか、途中からそのチープさを忘れて本作の展開を純粋に楽しむ事ができました。
特に、一番良かったのは、サミュエル・L・ジャクソン演じるラッセルがサメに食べられるシーン。
サメに追われ諍いを始めたメンバー達を、自分の体験記を元に奮い立たせているシーンで突然、サミュエルがサメに食われてしまうのですが、その突然さにはビックリしました。
当時、本作で一番ビッグネームだったサミュエルは、ラストまで生き残り、最後の最後でトリ的にサメに食べられちゃうのではないかと、多くの人が思ったのではないでしょうか?もちろん、私もそういう風に思っていました。
しかも、分裂したメンバー達を奮い立たせ士気を上げておいて、そこからの急降下・・・これは、本当にナイス演出ですよねw
このシーンが、本作において一番輝いていたシーンではないのかと思います。
その後は、予想通りのメンバー達が相次いでサメの餌食となり、ラストは、トーマス・ジェーン演じるカーター、サフロン・バローズ演じる科学者スーザン、LL・クール・J演じるコックが生き残ります。
ここで、多くの人がカーターとスーザンが生き残るだろうと予想したと思いますが、最後の抵抗というか、演出というか、そうはならないんですよね。
そこはちょっと意外な気もしましたが、その後を考えると本作でのラストが一番ベストですし、これはこれで当たり前だったのかもと後から思ったりしてw
個人的には、物語前半でトーマス・ジェーンが犠牲になった方が面白かったかも?なんて思ったりしましたがどうでしょうか?w
若干、B級ホラーの傑作である「トレマーズ」にも通じるところがありますし、特にアニマルパニック映画、サメ好きには楽しめる作品だと思いますので、まだ未見の方がいましたら暇つぶしがてら観てみるのはどうでしょうか?

『内容』
太平洋上に建設された海洋研究施設アクアティカ。
その施設ではスーザン(サフロン・バローズ)をはじめとした研究員たちが、痴呆症の特効薬開発の為、サメを使って実験を繰り返していた。
なかなか成果の上がらない研究に対してスポンサーのラッセル(サミュエル・L・ジャクソン)が週末視察にやってくるのだが、多くのスタッフが一時帰宅したその週末を狙い、サメ達が反旗を翻した・・・

『配役』
カーター・ブレイク/トーマス・ジェーン
スーザン・マクアレスター/サフロン・バローズ
プリーチャー/LL・クール・J
トム・スコギンス/マイケル・ラパポート
ジム・ホワイトロック/ステラン・スカルスガルド
ラッセル・フランクリン/サミュエル・L・ジャクソン
ロニー・コックス
レニー・ハーリン

『監督』  レニー・ハーリン

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
2006.11.16 | 洋画 | COMMENT(2)
| BLOG TOP |
CALENDER
10 | 2006.11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。