アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】パーフェクト・マン ウソからはじまる運命の恋
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B

(演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ3/合計31)

『評論』
この手のラブコメ映画は、必ずチェックしているのですが、ヒラリー・ダフ主演という事もあり、アイドル映画としての色が強いかも(^^;)
ラブコメの内容というよりも、どう撮影したらヒラリー・ダフが綺麗に映るか?
キュートに感じられるか?
彼女の魅力を最大限に引き出せるか?という点を追求した作品だと感じるのは、私だけでしょうか?w
内容としては、ヒラリー・ダフ演じるホリーは、男に振られる度に「新しい冒険」と称して引越しを繰り返すヘザー・ロックリア演じる母親ジーンに振り回され、転校を繰り返しています。
いい加減にして定住したいという気持ちと、恋に焦り過ぎていつも失敗する母親を心配する気持ちから架空の「パーフェクト・マン」を作り上げ、蘭をプレゼントしたり、メールやチャットでやり取りをしたりと、母親に恋をさせようと計画します。この「パーフェクト・マン」を作り上げる上でモデルとなったのは、新しい地で友達になった同級生のおじさん。
そして、このおじさんを演じているのが、「SEX AND THE CITY」のMr.ビッグ役のクリス・ノース。
紳士で男の色気ムンムンのクリス・ノース演じるベンから色々な知識を仕入れて「パーフェクト・マン」を作り上げていくうちに、ベンこそが母親の求める「パーフェクト・マン」であることに気付くという内容です。
ヒラリー・ダフが主演ながら、メインのロマンスは母親に委ねつつ、自分の恋物語はおまけ程度というのも、アイドル映画故でしょうか?w
それにしても、母親が男性依存症にも関わらず、子供達の前では自立した姿をみせつつケーキ職人としての腕も一級品ってちょっと設定に無理があると思いますし、例の如く、クリス・ノースとくっつきそうなラストもご都合主義というか・・・
まぁ、こういうラブコメ映画において、この手の突っ込みはタブーなのですが(^^;)
でも本作を観て感じたのは、やはりストーリーは二の次でヒラリー・ダフの魅力を活かす為の映画だったと思います。
事実、ヒラリー・ダフはとてもキュートに思えました。
ベッドに寝転ぶシーンからPCに向かうシーンまで、全てがキュートに見えるアングルだったり色合いだったり、全てを計算していたのではないか?と思えるくらいでした。
ラブコメ好きというよりも、ヒラリー・ダフ好きには必見の映画ではないでしょうか?
ちなみに、個人的に「SEX AND THE CITY」の「Mr.ビッグ」が好きだったので、割とあの役に近かった本作のベンを演じたクリス・ノースを観れて嬉しかったですw

『内容』
男に振られる度に引越しを繰り返すシングルマザーの母に育てられたホリー(ヒラリー・ダフ)は、引っ越したくないという気持ちと母親を心配する気持ちから、架空のパーフェクト・マンを作り上げ、母親に恋をさせる作戦を思いつく・・・

『配役』
ホリー/ヒラリー・ダフ
ジーン/ヘザー・ロックリア
ベン/クリス・ノース
ゾーイ/アリア・ウォーレス
マイク・オマリー
ベン・フェルドマン
キャロライン・レイ

『監督』  マーク・ロスマン

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。






スポンサーサイト
2006.11.06 | 洋画 | COMMENT(2)
【洋画】クラッシュ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
A

(演技5/演出4/脚本5/撮影4/音響4/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ4/合計44)

『評論』
アカデミー主要3部門(作品、脚本、編集)を獲ったという事もあり、「とりあえず、観とくか」というノリで鑑賞した作品です。
前半3,40分までは、予想通りのストーリーというか、人種差別をベースに進行していく暗い話に、些かウンザリしながら観ていたのですが、徐々に、その様を変えて行き、物語に引き込まれ少女の透明マントの話では号泣してしまいました。
終わってみれば、かなり心に残る作品で、鑑賞して良かったと思います。
恐らく、この作品って好き嫌いがはっきり別れる作品だと思うのですが、個人的に共感できる部分があったり、ラストで全ての話が繋がる様が爽快でけっこうお気に入りの一本です。
さて本作の内容ですが、複数のドラマが同時に展開していくオムニバス形式のような映画です。
しかしながら、それら複数のドラマ、登場人物が交差し、関連し絡み合っている様は見事です。
また、ある事故を起点にその事故の前日より、複数の話が平行して進んでいくのですが、登場人物も多いですし、混乱しがちなのですが、観客を混乱させないように配役や簡潔なストーリ等、配慮をみせつつも、伝えたいメッセージはしっかりと伝えていて、良く考え練られていた作品ではないかと思います。
この映画のテーマはタイトルにもあるように「クラッシュ」で、事故を起点に、人種間の衝突だったり、人と人の心の衝突だったりを描いています。人種間というと黒人と白人を連想しがちですが、アラブ系だったりアジア系だったり、アフリカ系だったりと多種多様な人種差別がある訳で、そういう人種間の差別って、我々にはあまりピンとこない問題なのですが、本作を観る限り、差別というものがアメリカ社会に根強く影響を示しているのがよく解ります。
また、本作においてのテーマは衝突なのですが、個人的に、本作を観て強く感じたのは、人間の持つ二面性という点です。
例えば、人種差別をしていたマッド・ディロン演じる白人警官ライアンが、命をかけて黒人女性を救出したり、反対に、人種差別を否定するライアン・フィリップ演じる白人警官ハンセンは、ヒッチハイクで乗せた黒人の若者を撃ち殺してしまったり・・・
アラブ人として差別されるペルシャ人のショーン・トーブ演じるファハドも、結局ヒスパニック系のマイケル・ペニャ演じるダニエルを差別して逆恨みしてしまいますし・・・
結局、人間というものは危害を加える加害者に成り得る事も、被害に遭う被害者に成り得る事もある訳で、そういう危険性についても警告しているような気がしました。
ちなみに、個人的に本作を観て一番印象に残っている話は、前述にもありますが、少女の透明マントの話です。ネタバレになりますが、マイケル・ペニャ演じるダニエルは、銃声に怯える娘の為に銃声の聞こえない治安の良い土地に移り住んできたのですが、それでも銃声のような音がする度に娘はベッドの下に隠れます。
そこでダニエルは、透明マントの話を娘にします。
透明マントの話とは、ダニエルが娘とおなじ5歳の時、妖精に出会い何も貫き通さない透明マントを貰ったという話です。
だから、自分は今まで無事に生きてきたのだという事、そして自分の娘が5歳になった時に、娘にその透明マントを譲らないといけないという事を説明して透明マントを娘につけてあげます。
それから娘は銃声を怖がる事はなくなったのですが、ある時、逆恨みしたペルシャ人にダニエルが家の前で銃を突きつけられます。
父親を迎えにでた娘は、その現場を目撃し、透明マントの無い父親を守ろうと父親の盾になるという話です。
私にもこの少女と同じくらいの娘がいるので、感情移入してしまい、胸がしめつけられるほど切なくて・・・
単純に人間同士の衝突というテーマの他に、幾重にも感じられるメッセージ性がこめられている本作について、いろいろと考えさせられる点があり、鑑賞して良かったなと思います。

『内容』
交通事故を起点に人間同士の衝突、人種間の衝突等様々な問題を扱った人間ドラマ。
・有能な黒人刑事グラハム(ドン・チードル)が巻き込まれた交通事故の近くで発見された黒人男性の死体・・・
・アラブ人と間違われるペルシャ人のファハド(ショーン・トーブ)が、自ら経営する店を強盗により滅茶苦茶にされ・・・
・若い黒人のアンソニー(クリス・”リュダクリス”・ブリッジズ)とピーター(ラレンツ・テイト)は、強奪した車で韓国人男性を轢いてしまい・・・
・白人警官のライアン(マット・ディロン)は、パトロール中、自らのやり場の無い怒りを黒人夫婦にぶつけて・・・
・その人種から差別されるダニエル(マイケル・ペニャ)だが、良いパパで銃声におびえる娘に透明マントの話を・・・
等、数々のドラマが交差して・・・

『配役』
ジーン/サンドラ・ブロック
グラハム/ドン・チードル
ライアン巡査/マット・ディロン
リア/ジェニファー・エスポジート
フラナガン/ウィリアム・フィクトナー
リック/ブレンダン・フレイザー
キャメロン/テレンス・ハワード
アンソニー/クリス・”リュダクリス”・ブリッジズ
クリスティン/サンディ・ニュートン
ハンセン巡査/ライアン・フィリップ
ピーター/ラレンズ・テイト
ダニエル/マイケル・ペーニャ
カレン/ノーナ・M・ゲイ
シャニクア/ロレッタ・ディヴァイン
ディクソン警部補/キース・デヴィッド
ドリ/バハー・スーメク

『監督』  ポール・ハギス

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





     
2006.11.06 | 洋画 | COMMENT(10)
| BLOG TOP |
CALENDER
10 | 2006.11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。