アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】インサイド・マン
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+

(演技4/演出4/脚本3/撮影4/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計37)

『評論』
個人的に、デンゼル・ワシントンが大の苦手なんですよ。
なんか、ロビン・ウィリアムズやトム・ハンクスとは、別の感じで観客に媚びるというか、「俺って演技派だろ?」と言っているかのような演技がちょっと・・・(;^_^A アセアセ・・・
そういう訳で、彼の作品ってあまり観ないんですよね。ただ、「クリムゾン・タイド」は大好きなんですが(^^;)
故に、本作もスルーしようかと思っていたのですが、当ブログのコメントにて本作のクライヴ・オーウェンの演技が良かったというコメントを頂き、さらに、行きつけのレンタルビデオショップがセールで新作も格安だったということもあり、借りて観ました。
結果、まぁまぁ面白かったです。
ただ、ラストが弱かった点と、クライヴ・オーウェン演じるダルトン・ラッセルが銀行強盗をした理由、さらに、会長の秘密を何故知っていたのかという理由付けが、解らなかったのは残念でした。
もう少し、ダルトン・ラッセルという犯人の背景や心境を掘り下げて欲しかった気がします。
あと、ジョディ・フォスターのキャラもちょっと弱かった気がします。結局、ジョディが演じたマデリーンは何の意味があったんだろうかと(^^;)
ウィレム・デフォーも、もう少し活躍させて欲しかった気もしますね。
しかしながら、ストーリーの流れや構成などはしっかり作りこまれた感もあり、129分という長さと動きの少ない展開の割に、そこそこ楽しめたのは良かったと思います。
配役としては、もっとジョディ・フォスターやウィレム・デフォーに活躍の場を与えて欲しかったなと。
特に、ジョディ演じたマデリーンは使いようによっては、事件をややこしくさせる事も、簡潔にさせる事も出来るキャラだっただけに、ちょっと残念でした。
主演であるクライヴ・オーウェンは、インテリジェンスを感じさせながら銀行強盗という行動に至らしめた影というか、優しさの裏に見える顔というかを好演していたと思います。
さらに、デンゼル・ワシントンですが、私が今まで抱いていた彼へのイメージを払拭させるような演技でした。
頭のキレる刑事なのですが、終始、クライヴ・オーウェンに翻弄されていて空回りしている様を、空回り気味の演技で好演していたと思います(^^;)
雰囲気も顔もいつもの彼と違って見えたのも良かったのかも?w

『内容』
ニューヨークのマンハッタンの銀行で、従業員と客を人質にとったダルトン・ラッセル(クライヴ・オーウェン)率いる強盗団。
その事件を担当する事になったニューヨーク市警のキース・フレイジャー(デンゼル・ワシントン)。
そして、その銀行の会長と会長に雇われた敏腕弁護士マデリーン(ジョディ・フォスター)。
事件は無事に解決するのか?また、銀行に隠された秘密とは・・・

『配役』
ダルトン・ラッセル/クライヴ・オーウェン
キース・フレイジャー/デンゼル・ワシントン
マデリーン・ホワイト/ジョディ・フォスター
ジョン・ダリウス/ウィレム・デフォー
ビル・ミッチェル/キウェテル・イジョフォー
コフリン/ピーター・ゲレッティ
ウィング/ケン・レオン
アーサー・ケイス/クリストファー・プラマー

『監督』  スパイク・リー

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
スポンサーサイト
2006.11.01 | 洋画 | COMMENT(4)
【洋画】迷い婚 すべての迷える女性たちへ
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
A-

(演技4/演出4/脚本5/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ4/合計40)

『評論』
大好きなジェニファー・アニストン主演作&マーク・ラファロ、シャーリー・マクレーン、ケビン・コスナー共演ということでレンタル開始を楽しみにしていた作品です。
当初、マリッジブルーに陥る花嫁のラブコメ映画という風に思っていたのですが、実際に、本作を観てみてその考えは吹っ飛びました。
これはラブコメ映画というよりも、どちらかというとアニストン演じるサラの心のロード・ムービーといった感じではないかと思います。
アニストン演じるサラは、家族と似ていなくて打ち解けられない自分、幼い頃に母親を失った事に対する不安を抱えた自分に対してのある種のコンプレックスを抱えているんですよね。
そしてその結果として、結婚というものに対して非常にナーバスになっていて、目の前に理想の相手が現れて、さらに彼と結ばれる事で幸せになるのは頭では解っているものの心が拒否してしまう。
故に、自分の家族が実は映画「卒業」のモデルになったという噂を耳にした時、その真相を確かめる事で母を知る事ができ、自分を知る事ができると考え行動に移す訳です。そして、母親が結婚式直前にケビン・コスナー演じるボーとメキシコで過ごした事実を知り、もしかしたらボーは自分の父親ではないかと会いに行きます。
ここからは、ネタバレになりますので、未見の方はスルーしてください。
さてボーに会い、彼に真相を確かめたところ、ボーは外傷性無精子症により自分の父親ではないとのこと・・・
そこで、自分自身の探求の旅が終わったと感じたサラは、泣き崩れてしまうのですが、ボーに慰められ彼と関係を持ってしまいます。ただその行為は、恋でも愛でもなく、母親と同じ事をすることで母親を知ろうと本能的に行動した結果だった訳で・・・
その事を自覚したのは、ボーとのキスを婚約者であるジェフに目撃された後でした。
許しを請うサラに対してジェフは「今すぐ、結婚しよう」というのですが、イエスという返事ができません。なぜなら、母親と自分自身の探求はまだ終わっていなかったから。
その後、行き場を失ったサラはシャーリー・マクレーン演じる祖母の元へ行き、全てを打ち明けます。
その際に、父親からの電話で妹がハネムーンの飛行機の中でパニック症に陥り、帰宅していてサラとしか話したくないという連絡を受けます。
妹の話を聞く事、妹に今までの出来事を話す事で、家族と自分の間に感じていた壁が溶け始め、その後、父親と母について話した際に、父親は全ての出来事を知っていたという事、母親は冒険しかできないボーではなく、人生を築いていける父親を選んだんだという事、似ていないと思っていた父親が実は自分に似ていたという事を知り、彼女の探求の旅は終焉を迎えます。
ずっと、敬遠し疎外感を感じていた家族の間に全ての答えがあった訳です。
また、本作中で、シャーリー・マクレーンがケビン・コスナーに「今のあなたは、当時の私より13歳も年をとっている」と言ったり、アニストンが「今の私は、亡くなった母親より1つ年上だ」と言った事、更にケビン・コスナーが強調した「いまを生きる」という事、これも本作で伝えたかったメッセージではないかと思います。
全体的に、よく考えられ練られて上手くまとめられていた本作の出来は、個人的に良かったのではないかと思います。
さて、本作の主演はジェニファー・アニストン。
彼女の持つコミカルさだったり脆さというのは、この役についても非常に有効で、無鉄砲で自己中な性格なのに、なぜか憎めなかったり感情移入できてしまうのは流石だと思います。
また、今回出番はあまり多くなかったマーク・ラファロも、さすがにノリまくっている時期というだけあって、存在感は大でした。
そして、本作の最大の功労者と言っても過言ではないのが、シャーリー・マクレーンではないでしょうか?「イン・ハー・シューズ」「奥様は魔女」と最近、再び活動期に入った彼女ですが、彼女の緩急のある芝居が、本作の良いアクセントになっていたと思います。

『内容』
60年代の名作「卒業」のモデルという話を軸に展開していくストーリー。
新聞で死亡欄を担当するサラ(ジェニファー・アニストン)は、自分とは似てない家族に対して、また、幼い頃亡くした母に対して不安を抱えていた。そのせいか、恋人であるジェフ(マーク・ラファロ)にプロポーズされても、どこか心の中にモヤモヤを抱えている。
そして、妹の結婚式で帰省した際に自分はもしかしたら死んだ母親が父と結婚する直前に別の男性と関係を持った際に出来た子供ではないかという噂を耳にし・・・

『配役』
サラ・ハッティンガー/ジェニファー・アニストン
ボー・バローズ/ケビン・コスナー
ジェフ・デイリー/マーク・ラファロ
キャサリン・リシュリュー/シャーリー・マクレーン
アール・ハッティンガー/リチャード・ジェンキンス
アニー・ハッティンガー/ミーナ・スヴァーリ
ブレイク・バロウズ/マイク・ヴォゲル
ロジャー・マクナヌス/クリストファー・マクドナルド

『監督』  ロブ・ライナー

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。





          
2006.11.01 | 洋画 | COMMENT(4)
| BLOG TOP |
CALENDER
10 | 2006.11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。