アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】ポリー my love
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B
 (演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽2/配役3/魅力3/テンポ3/合計24)

『評論』
ご存知、「アリーMyLove」をパロッたタイトルですが、内容は、普通のラブコメです。
こういう風に、タイトルなり内容をパロッた作品って、どうも肩透かし食らう作品が多いのですが、本作は、そういうこともなく、ベン・スティラーらしいラブコメだったと思います。
内容は、新妻に浮気され、新しい女性と出会い恋をして・・というありきたりな内容ですが、そこは、ベン・スティラー。
下品なシモネタあり、笑いあり、と彼らしい作品にしあがっています。
ジェニファー・アニストンも自由奔放な役を演じていて、合っているような合っていないような・・・(^^;)
まぁ、肩に力をいれる必要も無く、気楽に流して観れる映画なので、なかなかこれはこれで良いのではないかと思います。
時間も短いですし、テンポも悪くないです。
また、アレック・ボールドウィンやフィリップ・シーモア・ホフマン等、脇を固める俳優陣の役どころもなかなか笑えます。
そんな、この作品ですが、私、また吹替えで鑑賞しました。
ベン・スティラーは問題なかったですが、ジェニファー・アニストンの声は安達忍が担当していました。
「フレンズ」のレイチェル役つながりで安達忍が担当したのでしょうが、個人的に、この映画で安達忍は合わないんですよね・・・
故に、ポリーに異性として魅力を感じることができず、残念でした(^^;)

『内容』
保険会社のリスク査定員ルーベン・フェファー(ベン・スティラー)は、新婚旅行で、妻であるリサ(デボラ・メッシング)に浮気をされ、その現場を目撃してしまう。
傷ついたルーベンであったが、ルーベンの母により、その情報は社内中の知るところとなり、さらに落ち込む。
そんな折、親友の一発屋の役者であるサンディー(フィリップ・セイモア・ホフマン)に誘われパーティに出かける。そのパーティー会場で中学校時代の同級生であるポリー(ジェニファー・アニストン)に再会。
性格は正反対だが、徐々にポリーに惹かれ始めるルーベン。しかし、ある日、リサが舞い戻ってきて・・・

『配役』
ルーベン・フェファー/ベン・スティラー
ポリー・プライス/ジェニファー・アニストン
サンディ/フィリップ・シーモア・ホフマン
スタン/アレック・ボールドウィン
クロード/ハンク・アザリア
リラーンド/ブライアン・ブラウン
アーヴィング・フェファー/ボブ・ディッシー

『監督』 ジョン・ハンバーグ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


          
スポンサーサイト
2006.04.24 | 洋画 | COMMENT(0)
チャーリー・シーンの私生活。
チャーリー・シーンに妻と娘への接近禁止命令
米俳優チャーリー・シーンさんは21日、離婚協議中の妻で女優のデニス・リチャーズさんと娘2人に対し、300フィート(90メートル)以内に近づかないよう裁判所から命じられた。2歳と10カ月になる娘2人には週に1日だけ会うことが許可された。
 リチャーズさんは、シーンさんから虐待や脅しを受けたと訴えていた。
 リチャーズさんは、裁判所から接近禁止命令を出してもらうことについては過去にも何度か考えたものの、シーンさんのイメージ悪化や周りへの迷惑につながるとして訴えを控えるよう説得されたという。
 訴状では、今回法的手段に訴えたのは「彼の虐待や脅しにこれ以上我慢することが出来ないから」だとしている。
 一方、シーンさん側はこの訴えを否定。広報担当者は声明で「この1年間、チャーリー・シーンはこの手のばかげた訴えを何度も起こされているが、品位ある紳士として何もコメントしないことを選んでいる」と述べた。

夫チャーリー・シーンの赤裸々な私生活が明らかに…離婚調停中の妻と娘への接近禁止命令
チャーリー・シーンは自分のふたりの娘の母親でもある女優デニース・リチャーズとの離婚調停中だが、今日ロサンゼルス裁判所にデニースから提出された書類に書かれていた驚きの内容で、妻と娘への臨時接近禁止命令までが下されてしまった。
裁判所の命令では、映画「プラトーン」などで知られる俳優チャーリー・シーンはデニースに300ヤード以内に近づいてはならず、また家と車にも近寄ってはいけない。子どもへの面会は週に一度で監視者が必要とのこと。公聴会が5月12日に行われる予定になっている。
「セレブの離婚劇でこれほどショッキングな内容のものはかつてない」といわれるほどの17ページに渡る書類には、デニース・リチャーズによって夫シーンのみだらで暴力的な私生活がことこまかに述べられている。
デニースによれば、昨年9月にシーンがアクセスしていたサイトは「とてもとても若い少女で、未成年に見える。お下げ髪で歯の矯正をしていて、アンダーヘアも生えていない。そんな少女たちがお互いの性器をなめあっているようなサイト」だったという。
他にも「ゲイのポルノサイトや、未成年の少年のゲイポルノサイトにもアクセスしていた」という。また、売春婦との遊びも止められず、シーンはデニースに対して、自分には売春婦を世話してくれるマダムもいると言ったという。また、セックスの相手探しのサイトにもいくつか登録していて、自分のペニスの写真をとって、相手の女性にメールしていた。このことを問いただすと、シーンは否定せず「ほっときやがれ」と言ったという。
そしてシーンはポルノ中毒と同様に、ギャンブルやドラッグ中毒でもある上に、デニースに対して「裁判沙汰になるならぶっ殺すからな」と脅し、突き倒すなどの暴力をふるったと記されている。
また、2人目の子どもを妊娠したとわかった後は「有毒なワクチンにとりつかれ、米国テロ事件が陰謀だといい始め、ネットでガスマスクを買ったり、誰かが押し入ってきた時のためにとコーヒーテーブルの下に銃を準備したりし、OJシンプソンの妻の死に関しても異常な興味を示していた」という。
デニースは「私には幼い子どももいて妊娠していたので、彼のもとを去るのが怖かった。でも、同時に彼と一緒にいることも怖かった」と話している。
今回の件について、コメントしているのはデニス側のみなので、なんとも判断し難いのですが、この話が真実ならば、最悪ですね・・・
やっぱり、本人が言っているように、幼い子供とお腹の子供がネックになって逃げることも訴えることもできなかったんでしょうか?でも、なぜそれならば、この時期にこういう風に動いたのか?
それも不思議な気がしないではないです。

それにしても、ハリウッド俳優の暴力沙汰や素行の悪さを象徴するニュース。
聞いてもあまり驚かないですよね・・・ミッキー・ロークにしても、ラッセル・クロウにしても、やっぱりな・・・といった感じですし(^^;)

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

「テニプリ」実写化、その出来は・・・
テニプリ完成試写会に本郷、城田ら
32巻累計で3200万部を売り上げている人気コミックを原作にした映画「テニスの王子様」(アベユーイチ監督、5月13日公開)の完成試写会が23日、都内で行われ、本郷奏多(15)城田優(20)らが舞台あいさつを行った。テニス名門中学を舞台にした作品で、「テニプリ」と呼ばれ女子中高生を中心に絶大な人気を誇るだけに、マスコミも50社以上が集まった。
 コミックからテレビアニメ、ゲーム、ミュージカル、アニメ映画化され、今回ついに実写化された。実写不可能といわれるほど、アクロバチックなテニスシーンが満載の作品だが、出演者は1年前から特訓を始め撮影に臨んだ。本郷は「毎日3~4時間しか眠れなくて大変だった。コーチに『プロに転向したらトップに行ける』とまで言われました」、城田は「じん帯を伸ばして1週間松葉づえで生活したこともあった。悔しくて涙を流したこともあった」など、本気のテニスシーンが仕上がった。舞台あいさつでは、ジャージー姿にラケットの出演者らが、客席にサインボールを投げ入れ完成を盛り上げた。ほかに映画初出演の島谷ひとみ(25)や載寧龍二(24)らが出席した。
こういう実写モノであたった映画をあまり観たことがないのですが、このテニプリはどうでしょうか?
先日、この映画に出演している載寧君と監督の対談をTVでみたのですが、主人公の本郷君は、上記事にもあるように「プロに転向したらトップに行ける」とまで言われるくらいのセンスがあるのだとか・・・
そう言われると、観たくなってしまいます(^^;)
あまり、漫画にとらわれず、リアリティをだしつつオリジナルな形で実写化していてくれるのを願いつつ、DVDになるのを待ちたいと思います(^^;)

ちなみに、テニス好きとしては、男子が弱い近年の日本テニス界において、是非、そんなにセンスのある子ならば、テニスに転向して活躍して欲しいな・・・と思ったりしたりなんかして・・・(^^;)

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

| BLOG TOP |
CALENDER
03 | 2006.04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。