アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム・クルーズ女児誕生。名前は「スリ」。
<トム・クルーズ>婚約者、女児を出産
米俳優トム・クルーズさん(43)の婚約者ケイティ・ホームズさん(27)が18日、ロサンゼルスで体重3400グラムの女児を出産。女児はスリと名づけられた。スリとはヘブライ語で「王女」、ペルシャ語で「赤いバラ」を意味する。前妻ニコール・キッドマンさんとの間に2人の養子がいるトム・クルーズさんにとって、実子は初めてとなる。

★超速報★トム・クルーズの婚約者ケイティ・ホームズが出産 性別は女!名前は…スリ!
トム・クルーズの婚約者であるケイティ・ホームズが第一子を出産したと関係者が明かしたと米雑誌ピープルのウェブサイトが伝えた。
離婚歴が2度あるトム・クルーズ(43)は、前妻ニコール・キッドマンとの間に2人の養子がいるが実子は初めて。27歳でママになったケイティ・ホームズは、人気ドラマ「ドーソンズ・クリーク」で注目を浴びた他、映画界にも進出し、昨年は特にバットマン・ビギンズのヒロインに抜擢されて脚光を浴びた。
トムとケイティは交際をスタートさせてすぐの昨年4月に交際宣言をし、6月に婚約した。また、ケイティの妊娠を発表したのは10月だった。
追記)性別は女の子で、SURI(スリ)ちゃんと名づけたことが明らかになった。CNNによれば、意味はヘブライ語で「プリンセス」、ペルシャ語で「赤いバラ」の意味だとか…。
クルーズの広報であるロビンソン氏によれば、スリちゃんの体重は7ポンド7オンス(約3300グラム)で、身長は20インチ(50.8センチ)で、母子ともに良好だとのこと。産まれたのは、ロサンゼルスだが詳細な場所は明かされていない。
ビバリーヒルズにあるケイティが一緒に暮らすトム・クルーズの自宅には現在、報道陣がおしかけているという。追記情報があれば、このページでアップデイトしていきます!
ついに、産まれちゃいましたか・・・
いや、喜ばしいことなんですが、この子の誕生で、またまたトムが奇行に走るのではないかと・・・些か心配です。
赤ちゃんの名前は「スリ」ちゃんらしいですが、元気に育って欲しいですね。
そして、トムも実子ができたんだし、奇行に走らず、よいパパになって欲しいです(^^;)

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


スポンサーサイト
【洋画】ゴースト・ワールド
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B
 (演技3/演出2/脚本3/撮影2/音響2/音楽3/配役3/魅力2/テンポ2/合計22)

『評論』
将来の事も解らず、目標も無く、周りを否定しているばかりで、自分というものが無い。
そういう葛藤に苦しむ、ティーンズの心境を上手に描写できている作品だと思います。
価値観が同じだと思って信頼していた友達が、仕事を始め前進している様をみて、言いようの無い不安と寂しさにかられたり、自分だけが理解できると思っていた人間が、他人との関係を築き自分から離れていく焦りを感じたり・・・
そういう微妙な心理描写が絶妙です。
結局、この映画中で主人公は自分を見つけることができず、自分探しの旅にでる訳ですが、思い返せば、こういう感情をもった時期や大人の階段を登る時期は誰にでもある訳で、共感できる部分も多い作品ではないかと思います。
ただ、こういう感情ってだれもが経験するものですし、通る道ですので、逆に当たり前すぎて、なんで映画にする必要があるのだろうと・・・
テンポも淡々としていますし、ある意味、心理描写メインの映画なので、起伏がなく、単調な感じになっているのではないかと・・・
配役としては、ゾーラ・バーチも好演していましたし、スティーブ・ブシェーミが良い味を出していました。
今をときめく、スカーレット・ヨハンソンですが、やっぱり、可愛いです(^^;)
あと、ブラッド・レンフロ・・・なんでこんな髪型なんでしょうか?がっかり・・・(^^;)

『内容』
高校を卒業したものの、将来の選択もできず、目的も無く周りを否定してばかりのイーニド(ゾーラ・バーチ)。
ある日、親友のレベッカ(スカーレット・ヨハンソン)と新聞の出会い広告欄を見て、からかう目的で中年男シーモア(スティーブ・ブシェーミ)を呼び出し尾行する。
しかし、シーモアに共感するものを感じ始めたイーニドは・・・

『配役』
イーニド/ゾーラ・バーチ
レベッカ/スカーレット・ヨハンソン
シーモア/スティーブ・ブシェーミ
ジョシュ/ブラッド・レンフロ
ロベルタ/イレーナ・ダグラス
イーニドのパパ/ボブ・バラバン
ダナ/ステイシー・トラヴィス
マキシン/テリー・ガー

『監督』 テリー・ツワイゴフ

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


          
2006.04.19 | 洋画 | COMMENT(0)
| BLOG TOP |
CALENDER
03 | 2006.04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。