アクセスランキング ブログパーツ
プロフィール

hasway3

当ブログのバナーです。
シネマサイト、相互リンク募集中!
管理人:ハサウェイ

■姉妹サイト ハサウェイの徒然なるままに・・・
本家ブログ、過去ログはここからどうぞ

ハサウェイのやんごとなき・・・
「徒然なるままに・・・」第2章。

ハサウェイの水草水槽への道
めざせ水草水槽!!熱帯魚飼育記

RSS | 管理者ページ
相互リンク
三日月のしっぽ。
チャラノリさんの映画感想記

PU! Cinema Review
洋画を中心とした映画鑑賞記録。

☆163の映画の感想☆
163さんの映画の感想。

Subterranean サブタレイニアン
自分に正直な映画感想文。

ジョニーからの伝言
気楽な映画評のブログです。

アメリカ在住ミカの映画つれづれ日記
洋画に関することを綴る日記。
リンク
アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

無料登録するだけでポイントが貯まり、現金へ換金できちゃいます。
管理人はこれで、2万円ちょっと稼がせて頂きました(^^;)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洋画】メダリオン
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
C+
 (演技2/演出1/脚本1/撮影1/音響2/音楽2/配役2/魅力1/テンポ2/合計14)

『評論』
ジャッキー・チェンの映画は、ある程度楽しませてくれるだろうという感じで暇な時に、軽く観るのですが、この映画の出来は酷すぎました・・・
発想は悪くないと思うんですよ。メダルで不死や特殊な力。これは魅力だと思うのですが、ジャッキー映画でしかもジャッキーにその力を与えてしまっては、意味が無いような。
せめて、特殊な力を手にした敵を、生身のジャッキーが悪戦苦闘しながら倒すという方が、面白いと思います。
それにしても、多用されるワイヤーアクション・・・これもがっかり。
だって、ジャッキーの映画を観る醍醐味として、カンフーや道具を使わずにこんな事が出来るんだという驚きにある訳で、それを無視してワイヤー使ってしまっては、台無しではないかと・・・
ジャッキーじゃなくて、別の俳優を使えば事足りるわけですし・・・
内容としても、山も谷もたいしてなく、スネークヘッドとの戦いもあっけないし、結末は結末でどうしようもない・・・
後、現実離れしすぎた馬鹿で間抜けな登場人物達もどうかして欲しいですね(^^;)

『内容』
不老不死と強大な力を与えてくれるメダルと少年。
それらを手に入れようとするスネークヘッド。インターポールに協力していた香港警察の刑事エディは、少年を守り命を落としてしまう。しかし、死んだはずのエディが甦り・・・

『配役』
エディ・ヤン/ジャッキー・チェン
ニコル・ジェームス/クレア・フォーラニ
アーサー・ワトソン/リー・エバンス
スマイス/ジュリアン・サンズ
スネークヘッド/ジョン・リス=デイヴィス

『監督』 ゴードン・チャン

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


          


スポンサーサイト
2006.04.13 | 洋画 | COMMENT(4)
【洋画】ティアーズ・オブ・ザ・サン
A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

『評価』 
B+
 (演技4/演出3/脚本2/撮影3/音響3/音楽2/配役4/魅力3/テンポ3/合計27)

『評論』
個人的に、ブルース・ウィリスが大好きなので、どうしても彼の出演する映画は贔屓目になってしまいます(^^;)
この映画に関しては、ストーリはありきたりで無難って感じでしょうか?映像も配役も問題ないと思います。
ただ、内容をよく考えてみると、なんだかアメリカの汚さが浮き彫りになって、あまり良い気がしないんですよね。
自らの行為の正当化、偽善の塊の良心、歪んだ正義・・・結局、アメリカのエゴの塊のような映画ではないかと・・・
どんな理由にせよ、他国に干渉するのは侵略以外なにものでもないと思いますし、アメリカ国籍の人間のみを助けろという命令も、それを無視して難民を助けるヒーロー的扱いも、なにかしらアメリカの汚い部分を感じてしまいます。
結局、自らが現実に行っている悪行を正当化しているだけのような気がしてならないです。
ちなみに、本作で救出した難民達ですが、その後どうなってしまうんでしょうかね?結局、アメリカへの移民を断られて、野垂れ死ぬ。それが現実の結末ではないかと・・・
誰かを助けたいというのが本音なのではなく、誰かを助けた気になって自らを賞賛したい・・・それが本質なのでは?
ただ、ブルース・ウィリスの渋い演技と、セクシーなモニカ・ベルッチは、良かったです(;^_^A アセアセ・・・

『内容』
内戦下のナイジェリアで、アメリカ国籍を持つ女医リーナの救出のみを命じられたシールズのウォーターズ大尉。
しかし、彼は命令違反を犯しリーナだけではなく、彼女と一緒にいた難民達も救出することを決意する。逃げるウォーターズ率いる難民達、追う反乱軍・・・

『配役』
A.K.ウォーターズ大尉/ブルース・ウィリス
リーナ・ケンドリックス/モニカ・ベルッチ
ジェームズ”レッド”アトキンス/コール・ハウザー
ビル・ローズ隊長/トム・スケリット

『監督』 アントワン・フークア

現在の順位、他の映画関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング クリックしてね。

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


          


2006.04.13 | 洋画 | COMMENT(2)
| BLOG TOP |
CALENDER
03 | 2006.04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンタ
TOTAL

TODAY

YESTERDAY
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
Google Page Rank
ブログ内検索
Copyright © 2005 ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。